239件中 71 - 80件表示
  • 柔道

    柔道から見たブラジリアン柔術

    こうして柔道の国際化が進む中、外国選手を中心とした技術の変化も見られるようになった。これは、海外の柔道競技者の多くは柔道と同時に各国の格闘技や民族武術に取り組み、その技術を柔道に取り込んだり、試行錯誤の上新たな技術を考案するなど、日々技術を変化(進化)させているからである。技術が柔道に取り込まれている民族武術・格闘技としては、フリースタイルレスリング、グレコローマンレスリング、キャッチ・アズ・キャッチ・キャン、クラシュ、コウラシュ、ブフ、サンボ、ブラジリアン柔術などがある。技術の変化に対して、海外の柔道(世界的に見た柔道)は、(武道としての)「柔道」ではなく、競技としての「JUDO」である(になりつつある)と、柔道の変質を危惧する日本人は少なくない。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た関節技

    明治維新以降、柔術の練習者が減少していた中、官立東京開成学校(のちの東京大学)を出て学習院講師になったばかりだった嘉納治五郎が、当身技(真之当身)を中心として関節技や絞め技といった捕手術の体系を編む一方で乱捕技としての投げ技も持つ天神真楊流柔術や、投げ技を中心として他に中(=当身技)なども伝えていた起倒流柔術の技を基礎に、起倒流の稽古体験から「崩し」の原理をより深く研究して整理体系化したものを、これは修身法、練体法、勝負法としての修行面に加えて人間教育の手段であるとして柔道と名付け、明治15年(1882年)、東京府下谷にある永昌寺という寺の書院12畳を道場代わりとして「講道館」を創設した。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た当身技

    古武道の柔術から発達した武道で、投げ技、固め技、当身技を主体とした技法を持つ。明治時代に警察や学校に普及し、第二次大戦後には国際柔道連盟の設立やオリンピック競技に採用されるなど広く国際化に成功している。多くの国では「Judo=講道館柔道」となっているため、今日では単に「柔道」と言えばこの柔道を指す。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た唐手

    当身技もしくは当技(あてわざ)とは、急所といわれる相手の生理的な弱点などを突く、打つ、蹴るなどの技であり、試合や乱取りでは禁止されているが、形の中で用いられる。講道館では「当身の優れたテクニック同様、こういった攻撃されやすいところ(編注:急所のこと)という認識は天神真楊流から伝えられてきたものである」としている。一方、空手界側からは、柔道の当身技は唐手(現・空手)の影響を受けているという説も唱えられている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見たオリンピック柔道競技

    一般に最高段位は十段と思われがちだが、柔道の創始者である嘉納治五郎も『柔道概要』の中で「初段より昇段して十段に至り、なお進ましむるに足る実力ある者は十一段十二段と進ましむること際限あるなし」と述べている通り実際には上限は決められておらず、それ以上の昇段も可能になっている(ただし昇段の前例はない)。そもそも段位は柔道の「強さ」のみで決まるものではないため、高段者になればなるほど、名誉段位という意味合いが強くなっている。実際に、昇段の為の条件(競技成績・修業年限・審判実績など)が明文化されているのは八段までで、九段の昇段については存命の九段所有者が審議して決める事になっており、十段については講道館長の裁量に任されるなど、基準が非常に曖昧になっている。一方、現役選手では一般に四、五段までが殆どで、これは全日本柔道選手権やオリンピック柔道競技、世界柔道選手権、春・秋の講道館紅白試合の技量抜群者に与えられる「特別昇段」の段位上限や、年齢・修行年限などの制限が課されているためである。実際にオリンピック2連覇で世界選手権を7度制した谷亮子も、現役時代の段位は四段であった。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た格闘技

    今日ではスポーツ競技・格闘技にも分類されるが、講道館柔道においては「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、競技における単なる勝利至上主義ではなく、身体・精神の鍛錬と教育を目的としている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た投技

    講道館柔道の技は「投技」「固技」「当身技」の3種類に分類される。投技は起倒流の技をもとにしているが、固技のような攻撃技は天神真楊流の技に由来していて、当身技は攻撃することによって受の急所に痛みを負わせたりするのに適した護身術である、とされる。投技の過程を崩し、作り、掛け、の三段階に分けて概念化したことが特徴である。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見たスポーツ

    今日ではスポーツ競技・格闘技にも分類されるが、講道館柔道においては「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、競技における単なる勝利至上主義ではなく、身体・精神の鍛錬と教育を目的としている。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た乱取り

    講道館柔道において修行は、形と乱取りによって行われる。嘉納治五郎はこれについて「形とは、攻撃防御に関し予め守株の場合を定め、理論に基づき身体の操縦を規定し、その規定に従いて、練習するものをいう。乱取とは一定の方法によらず、各自勝手の手段を用いて練習するものをいう」と述べている。形と乱取りは別物と考えてはならない、根本の原理、その精神は変わりがないからである。また、初期の講道館における状況を嘉納は師範は、次のように述べている。「明治維新の前は柔術諸流の修行は多く形によったものである。幕府の末葉にいたって楊心流をはじめ起倒流、天神真楊流その他の諸流も盛んに乱取を教えるようになったが、当時なお形のみを教えていた流派は少なくなかった。然るに予が、講道館柔道において乱取を主とし形を従とするに至ったのは、必ずしも形を軽んじたが為ではない。まず乱取を教え、その修行の際、適当の場合に説明を加えて自然と各種の技の理論に通暁せしむるようにして、修行がやや進んだ後に形を教えるようにしたのである。その訳はあたかも語学を教える際、会話作文の間に自然と文法を説き、最後に組織を立ててこれを授くるのと同様の主旨によったのである」。柔道 フレッシュアイペディアより)

  • 柔道

    柔道から見た文部省

    日本の学校教育においては、1898年に旧制中学校の課外授業に柔術が導入された際、柔道も、必修の正課になった。太平洋戦争後、占領軍(GHQ)により学校で柔道の教授が禁止されて以降、武道は一度禁止されたが、昭和25年(1950年)に文部省の新制中学校の選択科目に柔道が採用された。次いで昭和28年(1958年)の学習指導要領で、柔道、剣道、相撲が「格技」という名称で正課の授業とされた。柔道 フレッシュアイペディアより)

239件中 71 - 80件表示

「柔道」のニューストピックワード