44件中 31 - 40件表示
  • 週刊文春

    週刊文春から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    柳家喬太郎『川柳のらりくらり』(川柳投稿コーナー)週刊文春 フレッシュアイペディアより)

  • 宮戸川

    宮戸川から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    上下通しで話すと時間がかかる上に、後半部分は夢オチとなるとはいえ凄惨な展開となるため、口演される機会は少ない。最近では五街道雲助と柳家喬太郎の通し口演の評価が高い。他にも3代目三遊亭圓歌、3代目柳家小満ん等が通しで語ることがある。宮戸川 フレッシュアイペディアより)

  • 初詣!爆笑ヒットパレード

    初詣!爆笑ヒットパレードから見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    コメディNo.1(坂田利夫・前田五郎)、星セント・ルイス、大木こだま・ひびき、青空球児・好児、松旭斎すみえ、北見マキ、東京ボーイズ、酒井くにお・とおる、内海桂子、梅后斎太伽坊社中、トミーズ、堺すすむ、横山たかし・ひろし、月亭八方、林家正楽、林家二楽、オール阪神・巨人、Take2(東貴博・深沢邦之)、おぼん・こぼん、×-GUN(西尾季隆・さがね正裕)、西川のりお・上方よしお、U-turn(土田晃之・対馬盛浩)、横山ホットブラザース(アキラ・マコト・セツオ)、大空遊平・かほり、宮川大助・花子、TIM(ゴルゴ松本・レッド吉田)、レツゴー三匹、マギー司郎、B&B、江戸家猫八・江戸家小猫・江戸家まねき猫、海老一染之助・染太郎、立川志の輔、立川志らく、立川談春、林家たい平、春風亭昇太、橘家圓太郎、柳家喬太郎、夢路いとし・喜味こいし、東京ビンゴビンゴダイナマイトジャパン、ナポレオンズ(ボナ植木・バルト小石)、三遊亭小円歌、海原やすよ・ともこ、海砂利水魚、昭和のいる・こいる、あした順子・ひろし、ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)、初詣!爆笑ヒットパレード フレッシュアイペディアより)

  • 東京タワー

    東京タワーから見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    東京タワー・ラヴストーリー - 2004年の落語協会が主催する第1回「新作台本大賞」で大賞に選ばれた落語作品。柳家喬太郎が演じる。東京タワー フレッシュアイペディアより)

  • 井下好井

    井下好井から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    落語を聞くのが好き。移動中に柳家喬太郎の落語をよく聞き、一度は見に行きたいと思っている。井下好井 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家さん喬

    柳家さん喬から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    人情噺の評価が高いが、滑稽噺にも力量を発揮する実力派。元来古典落語をもっぱらとしていたが、一番弟子の柳家喬太郎が新作落語に力を入れていることもあり、時には新作を演じることもある。得意とする演目は「片棒」「そば清」「百川」「井戸の茶碗」「棒鱈」「幾代餅」「天狗裁き」「柳田格之進」「芝浜」など。柳家さん喬 フレッシュアイペディアより)

  • 風間 杜夫

    風間杜夫から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    舞台で落語家役を演じたのをきっかけに落語に取り組みはじめ、1997年にはテレビで観客を前に一席演じ、その後立川文志の落語会に出演、2003年には春風亭小朝の企画で新宿末廣亭での寄席出演を果たす。2006年には明治座にて『風間杜夫と六人の会』を公演する。その後も大銀座落語会に出演したほか、定期的に横浜にぎわい座に自分の落語会で年2回程度の割合で高座に上がっている。柳家喬太郎が助演することが多い。お囃子は「蒲田行進曲」。持ちネタは「火焔太鼓」「化物使い」「元犬」「居残り佐平次」「夢の酒」など。風間杜夫 フレッシュアイペディアより)

  • 浅草お茶の間寄席

    浅草お茶の間寄席から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    2代目古今亭寿輔「杉良」 柳家喬太郎「巣鴨の中心で愛を叫ぶ」 3代目柳家権太楼「掛け取り」(レギュラー放送では未放送分) 三遊亭若圓歌「桃太郎」 3代目昔昔亭桃太郎「結婚相談所」 2代目笑福亭鶴光「荒茶」 春風亭鯉昇((収録、放送当時)現 瀧川鯉昇)「鰻屋」浅草お茶の間寄席 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭 円丈

    三遊亭圓丈から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    1979年に師匠・6代目三遊亭圓生が死去するまでは圓生が新作を嫌っていたこともあり、古典を演じることが多かったが、1980年代以降はもっぱら新作派として知られる。その演目のほとんどは自作である。従来の新作落語は落語芸術協会の柳家金語楼の流れを汲むものであったが、圓丈はこうした新作がすでに古臭くなっていると考え、独自の「実験落語」を創作。弟子の三遊亭白鳥や柳家喬太郎、春風亭昇太(元々は圓丈への弟子入りを考えていたという)など新作を手がける後進の若手落語家や上方の6代目桂文枝などに大きな影響を与えた。柳家喬太郎が圓丈作の『ぺたりこん』をレパートリーとするなど、圓丈自身よりも他の落語家のほうが口演する機会が多くなった圓丈作品もある。三遊亭圓丈 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    5月25日 - 柳家喬太郎のキンキラ金曜日(TOKYO FM)100回2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

44件中 31 - 40件表示

「柳家喬太郎」のニューストピックワード