73件中 31 - 40件表示
  • 歌武蔵の週刊らじちゃんこ

    歌武蔵の週刊らじちゃんこから見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    2015年2月7日は柳家喬太郎、2016年10月29日はホンキートンク、2017年3月4日は三遊亭鬼丸がピンチヒッター役を務めた。歌武蔵の週刊らじちゃんこ フレッシュアイペディアより)

  • 魚住りえ

    魚住りえから見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    大人の自由時間・柳家喬太郎の気楽に粋ましょう!(BS11、2008年4月 - 2009年6月) - 司会魚住りえ フレッシュアイペディアより)

  • 落語協会分裂騒動

    落語協会分裂騒動から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    以後、落語協会では、柳家花緑、林家たい平、柳家喬太郎、春風亭一之輔などいくつかの例外を除いて、香盤順に機械的な年功序列に基づいて真打昇進が行われている。現在の制度は今のところ不満なく動いている。ただし、いまなお真打昇進について圓生の考え方を支持する者も少なくない。著書で分裂騒動に際しての談志の暗躍と裏切りを強く非難している金原亭伯楽もそのひとりで、著書では小さんも手厳しい批判の対象となっている。落語協会分裂騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷らくご

    渋谷らくごから見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    お楽しみ枠では、立川志らくや柳家喬太郎など、通常渋谷らくごには出演しない特別ゲストが高座にあがった。渋谷らくご フレッシュアイペディアより)

  • 三題噺

    三題噺から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    三題噺落語の創作には、かなりの発想力やセンス、またそれを演じるための技術が求められるため、誰もができるわけではない。近年では、三遊亭白鳥や柳家喬太郎などのほか、二ツ目の柳家わさびなども定期的に三題噺を演じる会を開いている。三題噺 フレッシュアイペディアより)

  • 死神 (落語)

    死神 (落語)から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    『超入門!落語 THE MOVIE 夏スペシャル 第一夜』(2017年8月14日、NHK)にて、柳家喬太郎の口演に、城島茂(貧乏男)と嶋田久作(死神)の演技をリップシンクさせた実写化。死神 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 原田眞人

    原田眞人から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    『妖怪変化 京極堂トリビュート』あさのあつこ,西尾維新,牧野修,柳家喬太郎,フジワラヨウコウ,松苗あけみ,諸星大二郎共著(講談社、2007年) - 原田をふくむ数名の作家の作品を収録。原田眞人 フレッシュアイペディアより)

  • 真打

    真打から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    近年の江戸落語団体では、入門順により真打昇進が運用されているが、特に優れたものに関しては「抜擢真打」として入門順を配慮せず、真打昇進が図られる場合がある。適用例として落語協会では柳家小三治(1969年、17人抜き)、春風亭小朝(1980年、36人抜き)、柳家花緑(1994年、31人抜き)、柳家喬太郎(2000年、12人抜き)、林家たい平(2000年、7人抜き)、春風亭一之輔(2012年、21人抜き)などの例があり、また、落語芸術協会でも春風亭昇太(1992年、7人抜き)の例がある(いずれも、本人記事参照)。真打 フレッシュアイペディアより)

  • 夜の慣用句

    夜の慣用句から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎による新作落語の演目。彼の新作落語の中でも有名な作品の一つである。夜の慣用句 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤夏希

    加藤夏希から見た柳家喬太郎柳家喬太郎

    着物姿で寄席に通うほどの落語好きで、柳家喬太郎のファン。2011年から三味線の稽古を始めている。柳家喜多八には1度落語を指導してもらったこともあり、喜多八のことは恩義に思っている。加藤夏希 フレッシュアイペディアより)

73件中 31 - 40件表示

「柳家喬太郎」のニューストピックワード