前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示
  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た江戸川乱歩

    また、自作の歌をCD化したり、江戸川乱歩の作品を演じるなど、落語を様々なかたちで見せるオールラウンドプレイヤーであることも喬太郎の持ち味のひとつとなっている。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たWOWOW

    ノンフィクションW 「落語家柳家喬太郎〜やっぱり噺が好き」(WOWOW、2012年1月6日)柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た日本コロムビア

    『柳家喬太郎落語集 アナザーサイドvol.1』(日本コロムビア COCJ34620:2007年)柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た柳家小三治

    「マクラ」(落語で本題に入る前の部分)のおもしろい落語家としても有名であり、柳家小三治や立川志の輔などと同様、マクラ自体がひとつの芸の域に達していると評される。ことに「時そば」は、そのマクラの内容から「コロッケそば」の異名をとるほど有名である。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た立川志の輔

    「マクラ」(落語で本題に入る前の部分)のおもしろい落語家としても有名であり、柳家小三治や立川志の輔などと同様、マクラ自体がひとつの芸の域に達していると評される。ことに「時そば」は、そのマクラの内容から「コロッケそば」の異名をとるほど有名である。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た三遊亭円丈

    1989年(平成元年)10月、人情噺で知られる柳家さん喬に入門する。新作落語の旗手である三遊亭円丈から強い影響を受けながらも、正統派の落語を学ぶためにさん喬を師匠に選んだといわれている。初高座は1989年12月29日、新宿末広亭にて「道灌」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た稲垣吾郎

    舞台俳優としては、PARCO劇場プロデュースの「斎藤幸子」・「ぼっちゃま」に出演しているが、「斎藤幸子」(2009年)の脚本を手がけた村上大樹は喬太郎の演技を「独特すぎる存在感と、どこまで本気か分からないうさんくさい演技トーン、詐欺師の役がピッタリはまる」と評している。「ぼっちゃま」(2011年)では、稲垣吾郎扮する「ぼっちゃま」(井上幸一郎)の「恋人」榊原の役で出演し、派手に動き回る落語的な一人芝居で奮闘し、場内をおおいに沸かせた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た林家たい平

    1998年(平成10年)、NHK新人演芸大賞の落語部門で新作落語「午後の保健室」を演じ大賞を受賞し、一躍名を知られることとなった。2000年(平成12年)3月に林家たい平とともに12人抜きで真打に昇進した。同年5月には日本テレビ系「笑点」に出演している。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たあさのあつこ

    柳家喬太郎・西尾維新・あさのあつこ・諸星大二郎ほか『妖怪変化 京極堂トリビュート』講談社、2007年。ISBN 978-4062144759柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た京極夏彦

    京極夏彦の人気シリーズ「百鬼夜行」の世界に西尾・あさの・諸星・原田真人らが挑むという趣向の小説集。喬太郎は『粗忽の死神』を発表している。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
139件中 1 - 10件表示

「柳家喬太郎」のニューストピックワード