139件中 21 - 30件表示
  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た柳家喬之助

    柳家さん喬にとっては一番弟子にあたる。喬太郎の弟弟子は6代目柳亭左龍、柳家喬之助、柳家喬志郎はじめ10人におよぶが、喬太郎は師のさん喬から弟弟子の稽古をつけろと言われたことがないという。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た林家しん平

    落語物語(林家しん平監督、2011年) - バーのマスター 役柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た春風亭昇太

    2003年(平成15年)、春風亭昇太らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「6」。2009年(平成21年)発行の『今おもしろい落語家ベスト50』(文春MOOK)では第1位に選出された。2013年(平成25年)6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に桃月庵白酒、柳家三三とともに出演、「そば清Q」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た柳亭左龍 (6代目)

    柳家さん喬にとっては一番弟子にあたる。喬太郎の弟弟子は6代目柳亭左龍、柳家喬之助、柳家喬志郎はじめ10人におよぶが、喬太郎は師のさん喬から弟弟子の稽古をつけろと言われたことがないという。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た三遊亭白鳥

     〜「任侠流山動物園」(原作:三遊亭白鳥)を収録柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た桃月庵白酒

    2003年(平成15年)、春風亭昇太らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「6」。2009年(平成21年)発行の『今おもしろい落語家ベスト50』(文春MOOK)では第1位に選出された。2013年(平成25年)6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に桃月庵白酒、柳家三三とともに出演、「そば清Q」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た柳家三三

    2003年(平成15年)、春風亭昇太らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「6」。2009年(平成21年)発行の『今おもしろい落語家ベスト50』(文春MOOK)では第1位に選出された。2013年(平成25年)6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に桃月庵白酒、柳家三三とともに出演、「そば清Q」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た柳家喜多八

    『落語教育委員会』(柳家喜多八、三遊亭歌武蔵との鼎談)2012年8月17日、東京書籍。ISBN 978-4-487-80649-2柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た福家書店

    テレビ出演もしていたため、周囲の誰もがそのままプロになると思っていたが、日大卒業後は大手書店(福家書店)に入社した。喬太郎は自身を振り返り、「落語で食べていこうとは思わなかった。こわかったんです。好きだっただけに、畏怖の念があった。それに僕は、普通の人生が送りたかったんです」と述べている。書店員としての生活は、もともと本が好きだっただけに充実していたものの、落語への情熱は冷めやらず、ついに落語家になることを決意して約1年半で退職した。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たエフエム東京

    活動内容は、本業の落語家のほか、TOKYO FMの番組(「柳家喬太郎のピロウトーク」)のパーソナリティやテレビ東京のアニメーション「それいけ! ズッコケ三人組」のナレーション、俳優・声優、「柳家喬太郎のようこそ芸賓館」の司会など多様である。「東京ホテトル音頭」を作詞・作曲し、自ら歌っている。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

139件中 21 - 30件表示

「柳家喬太郎」のニューストピックワード