139件中 31 - 40件表示
  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た夢枕獏

    1.落語の大学(作:中根篤) 2.鬼背参り(作:夢枕獏柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た西尾維新

    柳家喬太郎・西尾維新・あさのあつこ・諸星大二郎ほか『妖怪変化 京極堂トリビュート』講談社、2007年。ISBN 978-4062144759柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た村上大樹

    舞台俳優としては、PARCO劇場プロデュースの「斎藤幸子」・「ぼっちゃま」に出演しているが、「斎藤幸子」(2009年)の脚本を手がけた村上大樹は喬太郎の演技を「独特すぎる存在感と、どこまで本気か分からないうさんくさい演技トーン、詐欺師の役がピッタリはまる」と評している。「ぼっちゃま」(2011年)では、稲垣吾郎扮する「ぼっちゃま」(井上幸一郎)の「恋人」榊原の役で出演し、派手に動き回る落語的な一人芝居で奮闘し、場内をおおいに沸かせた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たネコ

    イヌとネコではイヌが好き。中学時代の部活動はバレーボールを1週間でやめたのち美術部に入り、高校時代は映画研究部に所属した。趣味は落書き。好きな色は黄緑色・黄色。池袋をこよなく愛している。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た横浜市

    小学校3年生まで世田谷区の大蔵団地で育ち、のち横浜市に移った。子どものころの愛称は「マーちゃん」であった。少年時代は「ウルトラマン」シリーズや「ゴジラ」などの怪獣映画をこよなく愛し、現在も落語界きってのウルトラマンフリークとして知られる。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た週刊文春

    2013年現在、雑誌『週刊文春』の川柳投稿コーナー「川柳のらりくらり」の選者を務めている。関東学院大学の非常勤講師でもある。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たお台場

    2003年(平成15年)、春風亭昇太らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「6」。2009年(平成21年)発行の『今おもしろい落語家ベスト50』(文春MOOK)では第1位に選出された。2013年(平成25年)6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に桃月庵白酒、柳家三三とともに出演、「そば清Q」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た成人式

    落語を好きになったのは中学時代からであった。横浜市港北区の日本大学高等学校から、子ども時代に住んでいた団地近くの日本大学商学部経営学科へと進学、経商法3学部の落語研究会(日本大学経商法落語研究会)に入って「砧家駄楽」を名乗った。高校時代から大学では落研に入ろうと心に決めていたが、当時、自分から落研の門を叩く人間は少なかったため、先輩からは大いに驚かれたという。日大落研では度胸をつけるために「ストリート落語」をしたり、失恋して最も傷ついた相手の女性の名を叫ぶなどの荒修行をおこなった。落語づけの毎日で、老人ホームの慰問や成人式の催しで落語を演じ、そのため自分の成人式には出なかったということさえあった。4回生の時には関東大学対抗落語選手権で優勝した。また、大学在学中に本名でフジテレビ「欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子」に「悪い下宿人」として出演している。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たライブハウス

    2003年(平成15年)、春風亭昇太らとともに「SWA(創作話芸アソシエーション)」を旗揚げした。SWAでの背番号は「6」。2009年(平成21年)発行の『今おもしろい落語家ベスト50』(文春MOOK)では第1位に選出された。2013年(平成25年)6月5日、東京お台場のライブハウス"Zepp DiverCity"で開催された初の落語会に桃月庵白酒、柳家三三とともに出演、「そば清Q」を演じた。柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見た爆笑オンエアバトル

    爆笑オンエアバトル」(NHK総合テレビ) - 戦績0勝2敗、最高345KB柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

139件中 31 - 40件表示

「柳家喬太郎」のニューストピックワード