柳家小三治 ニュース&Wiki etc.

柳家 小三治(やなぎや こさんじ)は落語家の名跡である。当代は10代目。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「柳家小三治」のつながり調べ

  • 橘家圓蔵 (7代目)

    橘家圓蔵 (7代目)から見た柳家小三治

    1923年7月に8代目桂文楽に入門し桂文雀を名乗る。入門してすぐの9月に関東大震災が発生し関東の寄席や仕事が文楽とともに激減、仕方なく文楽一門ですいとん屋を営んだが『すいとん屋やるために噺家になったわけじゃない』と意見したために破門になるも震災で行く当てもなく謝罪し復帰、その後も師匠文楽の金を日常的に盗んでいたことと、落語家達の間で広まっていた文楽の妻の悪い噂を文楽に伝えたことから破門を繰り返し、1924年から1925年ころに4代目鈴々舎馬風の紹介で7代目柳家小三治(後の7代目林家正蔵)一門に移籍し柳家治助を名乗るが、師匠小三治に冷遇され、2年後に破門され、一時噺家を辞め、寄席で奇術の手伝いや吉原、名古屋、大阪で幇間などさまざまな職に就いた。1930年ころに再び噺家に戻り、文楽一門に復帰した。その後、再び名古屋で桜川三平として幇間をしたが戦争で幇間が出来なくなり1941年に二つ目として三度文楽一門で出直した。(橘家圓蔵 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小袁治

    柳家小袁治から見た柳家小三治

    10代目柳家小三治に弟子入り志願するも、小三治がまだ二つ目(当時さん冶)で弟子が取れないため、その師匠の5代目柳家小さんに入門した。(柳家小袁治 フレッシュアイペディアより)

「柳家小三治」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「柳家小三治」のニューストピックワード