前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 落語協会

    落語協会から見た柳家小三治柳家小三治

    一般社団法人 落語協会(いっぱんしゃだんほうじん らくごきょうかい)は、東京の落語家・講談師などが組織する一般社団法人。2010年6月から10代目柳家小三治が会長。落語協会 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家〆治

    柳家〆治から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家 〆治(やなぎや しめじ、1951年7月28日 - )は、山形県新庄市出身の落語家。落語協会所属の真打。師匠は柳家小三治柳家〆治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喜多八

    柳家喜多八から見た柳家小三治柳家小三治

    本名は林 寛史(はやし ひろふみ)。学習院大学落語研究会から柳家小三治に入門した。出囃子は『梅の栄』、紋は『三ツ柏』。柳家喜多八 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴々舎馬風

    鈴々舎馬風から見た柳家小三治柳家小三治

    イメージは「伝法」の一語に尽きる。いつも、よれよれの紋付き袴姿で現れ、楽屋で覚醒剤を打ったり賭博をすることは日常茶飯事であった。ある時なぞ、当時全生と名乗っていた前座時代の5代目三遊亭圓楽に「我がドクロ団に参加せよ」と強要した。「どんな団なのですか」と聞かれた馬風は、不敵な笑いをうかべて「上にいる奴の足を引っ張って、下から上がってくる奴を蹴落とすのさ」と答えた。また、扇子をよく忘れて若手から借りていたが、使い方が悪いためによく壊し顰蹙を買っていた。我慢できなくなった10代目柳家小三治が「師匠、返してください」と詰め寄ったところ、「冗談云っちゃいけねェ。こらァ、俺ンのだ。見ろィ!」と扇子を見せた。小三治が扇子を見ると、そこにはゴム印で「馬風」と押されていたという。このような乱暴なエピソードには事欠かなかった。鈴々舎馬風 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家はん治

    柳家はん治から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家 はん治(やなぎや はんじ、1954年7月24日 - )は、東京都八王子市出身の落語家。落語協会所属の真打。師匠は柳家小三治柳家はん治 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た柳家小三治柳家小三治

    談志の死去を受けて11月23日、橘家圓蔵(5代目月の家圓鏡)と林家木久扇(初代林家木久蔵)が日本テレビのニュース番組『news every.』に生出演して、故人との想い出を語った。また日本テレビ『金曜夜席』当時からの友人である桂歌丸、上方落語界長老の桂米朝も逝去を悼むコメントを発表した。弟弟子で落語協会会長の柳家小三治は「とんでもない人物だった。今でも兄弟弟子という思いは強い」と語り、兄弟子の死を悼んだ。また、談志に憧れて落語家の道を志した上方落語協会会長の桂三枝(現:6代桂文枝)も談志の訃報が公表された日の緊急会見で「嘘であって欲しいと思いました」と泣き崩れながら故人を偲んだ。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一の小沢昭一的こころ

    小沢昭一の小沢昭一的こころから見た柳家小三治柳家小三治

    1962年(昭和37年)3月から1969年(昭和44年)4月までTBSラジオで放送された『森繁の重役読本』の後継番組として企画された。小沢が“口演”と称し、週代わりのテーマ(「○○について考える」)に沿って、軽妙な話術で物語る。扱うテーマは時事問題から下ネタまで幅広く、永年の固定ファンが多かった。落語家の五代目柳家小さんが「本当の現代の落語」とつぶやいたというエピソードを弟子の柳家小三治が残している。小沢昭一の小沢昭一的こころ フレッシュアイペディアより)

  • 橘家米蔵

    橘家米蔵から見た柳家小三治柳家小三治

    入船米蔵(1870年(明治3年) - 1907年(明治40年)1月15日) - 春麗亭柳花(松平乗房)の弟。子供の頃から噺家のようで最初は柳派属しで花好名乗った。明治10年代前半に6代目船遊亭扇橋の門下で船遊亭扇馬、明治10年代後半に3代目麗々亭柳橋(後の初代春錦亭柳桜)の門下で麗々亭柳若、1901年、2年頃に3代目春風亭柳枝の門下で春風亭桃枝、1902年、3年頃に入船米蔵になる。1901年の寄席の楽屋には『十歳の少年で故人柳桜の弟子になり…器用で記憶のよいことに至りては師匠も驚いた…真打になれずに居るのはどういう事情のあるものか…こんな好男子がガンモドキなどという綽名をつけています。…能弁で芸もある割合に噺は陰気で愛嬌がありませんね。当人もモウ少しこの辺に注意して高座を賑やかにやったら来春は真打になれるでしょう』と書かれている。若いときは小三治(後の3代目柳家小さん)と同格の扱いを受けたが皮肉にも底意地が悪い面もあり評判が悪く大成しなかった。渾名(あだな)は「ガンモドキ」。本名、福井定吉。橘家米蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文慶

    桂文慶から見た柳家小三治柳家小三治

    最初3代目春風亭柳枝の門で楽枝、後に明治20年代後半、初代柳家小三治(後の3代目柳家小さん)の門で三太郎、両師の初名である柳亭燕花と改名。さらに柳家小はんとなり、さらに地獄亭圓魔、鉄扇楼鼠遊等風変わりな名を名乗った末明治40年代には4代目橘家圓蔵一門で百々蔵から花圓蔵。1915年に圓幸に改名し真打昇進。1919年に圓光、翌1920年すゞめ(すずめ)まもなく圓幸に復名、一時は桂市兵衛となり、さらに1925年に8代目桂文治一門で文慶から昭和に入り圓峰、1935年頃には再び文慶となる。桂文慶 フレッシュアイペディアより)

  • 談洲楼燕枝 (2代目)

    談洲楼燕枝 (2代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    初代快楽亭ブラックの一座で快楽を名乗り後に2代目禽語楼小さんの門で柳家小山三、後に師匠小さんが柳家禽語楼を名乗り弟子の初代柳家小三治が3代目柳家小さん襲名し小三治が空いた為2代目小三治を名乗った、更に1897年に小燕枝、同じ時期に1901年2月に初代燕枝の一周忌に2代目2代目談洲楼燕枝(当初は柳亭の亭号を使った)を襲名した。1904年12月に亭号を談洲楼と改めた。談洲楼燕枝 (2代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード