前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示
  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た柳家小三治柳家小三治

    当代屈指の古典落語の実力派として評価が高く、長らく主要ホール落語会や寄席の主任の常連であった。抑揚を抑え淡々とした語り口からの人物・場面描写にすぐれ、人情噺を中心に真価を発揮した。一方で飄々としたとりとめのない長いマクラも持ち味であり、ライバルかつ無二の親友である10代目柳家小三治は“マクラの小三治”とまで称される自らのマクラの長さについて扇橋の影響が大きいと述懐している。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭小圓朝

    三遊亭小圓朝から見た柳家小三治柳家小三治

    高校時代に父が死去。落語家は苦労すると思い、芸界には入らず運送会社などでサラリーマンを経験する。しかし諦めきれず、1992年に10代目柳家小三治に入門した。2年ほどで破門され、落語界から退くが、亡き父・圓之助の弟弟子である6代目三遊亭圓橘に再入門を許される。二つ目の間は父と同じ4代目圓之助を名乗っていたが、真打昇進とともに、父の師匠の名である小圓朝を襲名した。三遊亭小圓朝 フレッシュアイペディアより)

  • 笑いがいちばん

    笑いがいちばんから見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小三治(前期大喜利コーナー「噺家横丁」司会)?1973年4月7日〜1980年4月7日(※選抜高校野球中継による特別編成のため、月曜に代替放送)笑いがいちばん フレッシュアイペディアより)

  • 談洲楼燕枝 (2代目)

    談洲楼燕枝 (2代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    芝仲門前の法衣屋嶋屋久兵衛の子で生家が没落し上州前橋の親戚の家に預けられる。その前橋へ、前から知っていた噺家、遊雀と左遊の二人が興行にやって来た。仕事もなく遊んでいた銀治郎、根が好きな道だけに、誘われたことを良い口実に燕雀などと勝手に名乗っていた、のちに初代快楽亭ブラックの一座で快楽(またはシュラク)を名乗り地方廻りをする、東京に戻ったのちに2代目禽語楼小さんの門で柳家小山三、さらに師匠小さんが柳家禽語楼を名乗り、弟子の初代柳家小三治が3代目柳家小さん襲名して小三治が空いたため、2代目小三治を名乗った。その後1897年に小燕枝、1901年2月に初代燕枝の一周忌に柳亭燕枝を襲名し、1904年12月に亭号を談洲楼と改め、2代目談洲楼燕枝となった。談洲楼燕枝 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 北村銀太郎

    北村銀太郎から見た柳家小三治柳家小三治

    四天王に続く噺家としては十代目柳家小三治、九代目入船亭扇橋の名を挙げ、昭和55年当時の若手では、落語協会では春風亭小朝、落語芸術協会では初代三笑亭夢丸を高く買っており。特に小朝に対してはカミナリを落としつつも、二つ目時代から中入り後に出番を作るなど目をかけていた。金回りと身なり部門の横綱は六代目春風亭柳橋で、部門の離れた二番手は志ん朝であった。しかし、北村が実際に接した噺家の中で段違いの総合トップは、新宿末廣亭経営というターニングポイントを与えるなど、亡くなるまで畏敬していた左楽である。北村を取材した冨田均によれば、左楽に関する話は取材ノート23ページ分におよび、16ページ分の黒門町よりも多かったという。北村銀太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京やなぎ句会

    東京やなぎ句会から見た柳家小三治柳家小三治

    1969年1月5日、東京都新宿区の鮨屋「銀八」で結成、メンバーは入船亭扇橋(宗匠、俳号は光石)、永六輔(俳号は並木橋)、小沢昭一(俳号は変哲)、江國滋(俳号は滋酔郎)、桂米朝(俳号は八十八)、大西信行(俳号は獏十)、柳家小三治(俳号は土茶)、矢野誠一(俳号は徳三郎)、三田純市(俳号は頓道)、永井啓夫(俳号は余沙)の10人。東京やなぎ句会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た柳家小三治柳家小三治

    2005年(平成17年)、新宿末廣亭6月下席夜の部にて、主任の柳家小三治の依頼により、子どもの時分から憧れだった寄席の舞台に芸人(演目は「随談」)として出演した。そのときの様子は書籍になっている。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴々舎馬風

    鈴々舎馬風から見た柳家小三治柳家小三治

    イメージは「伝法」の一語に尽きる。いつも、よれよれの紋付き袴姿で現れ、楽屋で覚醒剤を打ったり賭博をすることは日常茶飯事であった。ある時なぞ、当時全生と名乗っていた前座時代の5代目三遊亭圓楽に「我がドクロ団に参加せよ」と強要した。「どんな団なのですか」と聞かれた馬風は、不敵な笑いをうかべて「上にいる奴の足を引っ張って、下から上がってくる奴を蹴落とすのさ」と答えた。また、扇子をよく忘れて若手から借りていたが、使い方が悪いためによく壊し顰蹙を買っていた。我慢できなくなった10代目柳家小三治が「師匠、返してください」と詰め寄ったところ、「冗談云っちゃいけねェ。こらァ、俺ンのだ。見ろィ!」と扇子を見せた。小三治が扇子を見ると、そこにはゴム印で「馬風」と押されていたという。このような乱暴なエピソードには事欠かなかった。鈴々舎馬風 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一の小沢昭一的こころ

    小沢昭一の小沢昭一的こころから見た柳家小三治柳家小三治

    1962年(昭和37年)3月から1969年(昭和44年)4月までTBSラジオで放送された『森繁の重役読本』の後継番組として企画された。小沢が“口演”と称し、週代わりのテーマ(「○○について考える」)に沿って、軽妙な話術で物語る。扱うテーマは時事問題から下ネタまで幅広く、永年の固定ファンが多かった。落語家の五代目柳家小さんが「本当の現代の落語」とつぶやいたというエピソードを弟子の柳家小三治が残している。小沢昭一の小沢昭一的こころ フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小八

    柳家小八から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家 小八(やなぎや こはち、1977年1月26日 - )は、広島県出身の落語家。落語協会所属の真打。出囃子は『外記猿』、紋は『変り羽団扇』。師匠は柳家喜多八、10代目柳家小三治柳家小八 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
104件中 1 - 10件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード