104件中 21 - 30件表示
  • 蝶花楼馬楽

    蝶花楼馬楽から見た柳家小三治柳家小三治

    4代目蝶花楼馬楽 - 元は5代目柳家小三治。後の4代目柳家小さん。本名、平山菊松。蝶花楼馬楽 フレッシュアイペディアより)

  • かんしゃく

    かんしゃくから見た柳家小三治柳家小三治

    八代目桂文楽が得意とした。文楽自身もかなりの癇癪持ちだったので、この噺にはぴったりでもあった。その他の演者としては三代目三遊亭圓橘、三代目三遊亭金馬、十代目柳家小三治などがいる。かんしゃく フレッシュアイペディアより)

  • 鼠穴

    鼠穴から見た柳家小三治柳家小三治

    上方落語から3代目三遊亭圓馬を経て東京の6代目三遊亭圓生へ伝わった。6代目三遊亭圓生が再構成した上に、1953年末に第4次落語研究会で口演して高い評価を得た。 近年では7代目立川談志が得意とし、他にも10代目柳家小三治や上方の4代目桂福團治等が演じる。鼠穴 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん

    柳家小さんから見た柳家小三治柳家小三治

    3代目柳家小さん - 元は初代柳家小三治。本名は豊嶋銀之助。柳家小さん フレッシュアイペディアより)

  • 猫の災難

    猫の災難から見た柳家小三治柳家小三治

    元々は上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、4代目柳家小さんや3代目三遊亭金馬、現代では10代目柳家小三治、3代目柳家権太楼などがいる。猫の災難 フレッシュアイペディアより)

  • 薬缶なめ

    薬缶なめから見た柳家小三治柳家小三治

    元々は『茶瓶ねずり』という上方落語で、主な演者に2代目桂小文治や10代目柳家小三治などがいる。薬缶なめ フレッシュアイペディアより)

  • 湯屋番

    湯屋番から見た柳家小三治柳家小三治

    現代では10代目柳家小三治やその弟子である柳家三三が手がけている。また、3代目笑福亭仁鶴が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じている。湯屋番 フレッシュアイペディアより)

  • 小三治 (映画)

    小三治 (映画)から見た柳家小三治柳家小三治

    『ドキュメンタリー映画「小三治」』(ドキュメンタリーえいが こさんじ)、ないし、『小三治』(こさんじ)は、落語家の10代目柳家小三治の日常を3年半にわたって映像に記録し、2009年に公開された日本のドキュメンタリー映画。小三治 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 蝶花楼馬楽 (3代目)

    蝶花楼馬楽 (3代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    馬楽の死後、馬楽の名は弟弟子の5代目柳家小三治(後の4代目柳家小さん)が後に襲名し、以後、小さんの弟子達が馬楽を名乗っている。蝶花楼馬楽 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家つばめ (2代目)

    柳家つばめ (2代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    実家は芝金杉町の米屋の次男。20歳頃に天狗連に出入りしていたことから、知り合いの落語家麗々亭柳左衛門の紹介で、1899年(または1900年)(明治32年から33年)ころに4代目麗々亭柳橋門人となり麗々亭柳輔と名乗る。だが、入門して間もなく師匠柳橋が没したため、1901年(明治34年)秋に3代目柳家小さん門下に入り柳家小きんを経て1905年(明治38年)3月に4代目柳家小三治を襲名。実力が認められ師匠小さんの娘を嫁に貰い、落語研究会にも加入する。1911年(明治44年)4月神田立花亭において真打昇進。1913年(大正2年)4月には2代目柳家つばめを襲名。このあたりが最も羽振りがよかった。1917年に新たに発足された演芸会社に加入。柳家つばめ (2代目) フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード