87件中 21 - 30件表示
  • 禽語楼小さん (2代目)

    禽語楼小さん (2代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1888年3月に贔屓の医学博士・松本順に「禽語楼」の号を贈られ、禽語楼小さんと改名し、両国中村楼で改名披露を行う。禽語とは鳥の鳴き声の事で、小さん自身が鳥の仕草が上手かった事からこの号が与えられた。他にも猫というあだ名されたり、新聞には「珍面美人愛嬌の徳」と書かれた。1895年頃から体調を崩し3月に弟子の初代柳家小三治(後の3代目柳家小さん)に小さんの名を譲り、自らは柳家禽語楼と改名するが、この頃から人気も下火になる。禽語楼小さん (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (4代目)

    柳家小さん (4代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1913年(大正2年)4月小さん一門の出世名であり師匠小さんの前名5代目柳家小三治に改名する。柳家小さん (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 林家正蔵

    林家正蔵から見た柳家小三治柳家小三治

    1894年3月31日生まれ。本名海老名竹三郎。元々は素人の天狗連。1919年1月に初代柳家三語楼に入門してプロとなり、柳家三平を名乗る。1924年3月に7代目柳家小三治襲名し真打昇進。師匠三語楼が東京落語協会(現落語協会)を脱会したため、協会側の4代目柳家小さん一門から「(小三治の)名前を返せ」と詰め寄られ、そうこうしている間に遂に8代目小三治が出現。結局5代目柳亭左楽を仲立ちとして6代目遺族から名跡を譲り受け、1930年2月に7代目正蔵を襲名して事態を収拾。日本芸術協会(現落語芸術協会)初代理事長を務める。のち東宝に移籍。東宝名人会の専属になる。林家正蔵 フレッシュアイペディアより)

  • じんじんの仁

    じんじんの仁から見た柳家小三治柳家小三治

    新山一平 - 10代目柳家小三治(町内に出入りしている「流し」の歌手)じんじんの仁 フレッシュアイペディアより)

  • 第26回NHK紅白歌合戦

    第26回NHK紅白歌合戦から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小三治(落語家。小柳ルミ子と沢田研二の曲間)第26回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立茨木西高等学校

    大阪府立茨木西高等学校から見た柳家小三治柳家小三治

    1986年:柳家一琴(落語家・柳家小三治一門)大阪府立茨木西高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭小圓朝

    三遊亭小圓朝から見た柳家小三治柳家小三治

    父は3代目三遊亭圓之助。また母方の祖母は漫才師の大江笙子、祖父は漫才師の大江茂(元・砂川捨夫、後に凸凹ボップ・ホープのボップ)。高校時代に父が死去し落語家は苦労すると思い、芸界に入らず運送会社等でサラリーマンを経験。しかし諦めきれず当初は10代目柳家小三治門下に入門するも破門を受け落語界から退くが、亡き父圓之助の弟弟子6代目圓橘に再入門を許される。二つ目の間、父と同じ4代目圓之助を名乗っていたが、真打昇進時に父の師匠の名小圓朝襲名。三遊亭小圓朝 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小せん

    柳家小せんから見た柳家小三治柳家小三治

    1949年4月 - 9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)に入門。前座名は小満輔。柳家小せん フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た柳家小三治柳家小三治

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武ほかによる共著。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 人形町末廣

    人形町末廣から見た柳家小三治 柳家小三治

    放送の録音以外、マイクロフォンは用いなかったが、生の声でも「正しい発声をしていれば隅々まで声が届く話しやすい寄席」だったと10代目柳家小三治は語っている。人形町末廣 フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード