87件中 31 - 40件表示
  • 堪忍袋

    堪忍袋から見た柳家小三治柳家小三治

    主な演者として、東京の8代目桂文楽、3代目三遊亭金馬、5代目柳家小さん、10代目柳家小三治などがいる。堪忍袋 フレッシュアイペディアより)

  • 死神 (落語)

    死神 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    まず、主人公が風邪気味になるという伏線が張られる。死神が登場し「お前はその風邪が原因で死ぬ」との言葉があり、ろうそくの継ぎ足しの話となる。いったんは成功するが、喜悦満面となったところでくしゃみ、ロウソクは消え、無言のまま演者が舞台で倒れこむ(演.10代目柳家小三治)。死神 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 高砂や

    高砂やから見た柳家小三治柳家小三治

    かつては8代目春風亭柳枝や6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。高砂や フレッシュアイペディアより)

  • 猫の災難

    猫の災難から見た柳家小三治柳家小三治

    元々は上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、4代目柳家小さんや3代目三遊亭金馬、現代では10代目柳家小三治、3代目柳家権太楼などがいる。猫の災難 フレッシュアイペディアより)

  • 野ざらし

    野ざらしから見た柳家小三治柳家小三治

    大阪では『骨釣り』という題名で演じられるが昭和50年代に月亭可朝がそのまま「野ざらし」の演題で東京風に演じたのをきっかけに大阪でも浸透している。十八番にしていたのは3代目春風亭柳好、8代目春風亭柳枝、6代目春風亭柳橋などで、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。また、5代目三遊亭圓楽、7代目立川談志の十八番でもあり、若いころよく演じていた。野ざらし フレッシュアイペディアより)

  • 棒鱈 (落語)

    棒鱈 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    主な演者には8代目春風亭柳枝や10代目柳家小三治 、8代目橘家圓太郎などがいる。棒鱈 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 薬缶なめ

    薬缶なめから見た柳家小三治柳家小三治

    元々は『茶瓶ねずり』という上方落語で、主な演者に2代目桂小文治や10代目柳家小三治などがいる。薬缶なめ フレッシュアイペディアより)

  • 湯屋番

    湯屋番から見た柳家小三治柳家小三治

    現代では10代目柳家小三治やその弟子である柳家三三が手がけている。また、3代目笑福亭仁鶴が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じている。湯屋番 フレッシュアイペディアより)

  • ろくろ首 (落語)

    ろくろ首 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    代々の柳家小さんが本家として得意にしたほか、8代目林家正蔵や3代目桂三木助もよく演じていた。現代では10代目柳家小三治も得意ネタにしている。ろくろ首 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 茶の湯 (落語)

    茶の湯 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    主な演者として、6代目三遊亭圓生や3代目三遊亭金馬や10代目柳家小三治などがいる。茶の湯 (落語) フレッシュアイペディアより)

87件中 31 - 40件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード