104件中 31 - 40件表示
  • 古今亭今輔 (3代目)

    古今亭今輔 (3代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1889年3月に志ん猫と改名、師匠志ん生死去に伴い4月に4代目三升亭小勝(2代目禽語楼小さんないし3代目柳家小さんの説も)の門で三升亭小つね(ないし柳家小常や柳家小つねとも)さらに1896年1月に柳家小文吾となり1897年?に柳派の出世名である3代目柳家小三治襲名。古今亭今輔 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • サム・テイラー

    サム・テイラーから見た柳家小三治柳家小三治

    日本のクラリネット奏者である北村英治と共演している。サムが希望した北村のクラリネットは、サム・テイラーのファンである落語家、柳家小三治の手に渡った。サム・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • 文七元結

    文七元結から見た柳家小三治 柳家小三治

    対して林家彦六(8代目正蔵)や柳家小三治 は50両のために主への忠義を通して死のうとする文七に感じ入り、所詮自分には縁のなかった金と諦めて女郎屋に借りた金を返さないと覚悟を決めた上で与えてしまう。金に対する未練がみじんもない点に特徴がある。文七元結 フレッシュアイペディアより)

  • 橘家圓蔵 (7代目)

    橘家圓蔵 (7代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1923年7月に8代目桂文楽に入門し桂文雀を名乗る。入門してすぐの9月に関東大震災が発生し関東の寄席や仕事が文楽とともに激減、仕方なく文楽一門ですいとん屋を営んだが『すいとん屋やるために噺家になったわけじゃない』と意見したために破門になるも震災で行く当てもなく謝罪し復帰、その後も師匠文楽の金を日常的に盗んでいたことと、落語家達の間で広まっていた文楽の妻の悪い噂を文楽に伝えたことから破門を繰り返し、1924年から1925年ころに4代目鈴々舎馬風の紹介で7代目柳家小三治(後の7代目林家正蔵)一門に移籍し柳家治助を名乗るが、師匠小三治に冷遇され、2年後に破門され、一時噺家を辞め、寄席で奇術の手伝いや吉原、名古屋、大阪で幇間などさまざまな職に就いた。1930年ころに再び噺家に戻り、文楽一門に復帰した。その後、再び名古屋で桜川三平として幇間をしたが戦争で幇間が出来なくなり1941年に二つ目として三度文楽一門で出直した。橘家圓蔵 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 江戸噺家

    江戸噺家から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小三治 - 落語協会会長(2010年6月-)江戸噺家 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小きん

    柳家小きんから見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小さん一門における出世名となっており、名だたる落語家が主に二つ目昇進時に名乗っている。当代は真打昇進後も小きんを名乗り続けているが、かつては二つ目クラスの名という認識が強く、真打昇進時には柳家小三治などのいわゆる真打クラスになる別の名跡を襲名する例が多かった。ここでは便宜上代数をつけるが、落語家の名跡は真打昇進前にだけ名乗ったものを代数として数えない慣習もあるため、小きんの名には代数を付けない文献が多い。柳家小きん フレッシュアイペディアより)

  • フランク永井

    フランク永井から見た柳家小三治柳家小三治

    NHKで一席を披露したこともあるほどの落語好きとしても知られ、ステージのMCは落語の間を参考にし、日常で話のネタになることは常にメモを取り、それを練り上げ小噺に仕立てて披露した。自宅の電話の保留音はファンだった8代目三笑亭可楽の出囃子にしていた。可楽は高座でも「フランク永井って人があたしを贔屓にしてくれるんですよ」と話しており、十八番の「らくだ」の屑屋の科白に「くず〜うぃ。……低音の魅力だね。こりゃあ」というくすぐりを入れていた。また牧伸二も漫談で「フランク永井は低音の魅力、牧伸二は低能の魅力」というネタを披露した。他に8代目桂文楽とも交流があり、10代目柳家小三治とはゴルフ友達の間柄であった。現在も時折、小三治の口座では噺のマクラでフランクとの交流が語られる。フランク永井 フレッシュアイペディアより)

  • 小言幸兵衛

    小言幸兵衛から見た柳家小三治柳家小三治

    主な演者に6代目三遊亭圓生や9代目桂文治、10代目柳家小三治などがある。小言幸兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 高砂や

    高砂やから見た柳家小三治柳家小三治

    かつては8代目春風亭柳枝や6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。高砂や フレッシュアイペディアより)

  • 百川 (落語)

    百川 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    百川(ももかわ)は、古典落語の演目の一つ。主に東京落語で広く演じられ、6代目三遊亭圓生、10代目柳家小三治など多くの落語家が高座にかけている。百川 (落語) フレッシュアイペディアより)

104件中 31 - 40件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード