104件中 41 - 50件表示
  • 坊野寿山

    坊野寿山から見た柳家小三治柳家小三治

    1930年(または1931年)、4代目柳家小さん、5代目三遊亭圓生の依頼により、落語家の川柳会「鹿連会」の師匠となる。他のメンバーに、8代目桂文楽、7代目三笑亭可楽、柳家甚五郎(後の5代目古今亭志ん生)、5代目蝶花楼馬楽(後の林家彦六)、6代目橘家圓蔵(後の6代目三遊亭圓生)、蝶花楼馬の助(後の8代目金原亭馬生)、橘家圓晃、初代林家正楽、桂文都(後の9代目土橋亭里う馬)、8代目柳家小三治(後に、落語協会事務長)、春風亭柳楽(後の8代目三笑亭可楽)。2年間活動したが、後に「句を直すとすぐに文句を言われるし、大変だった」と回想している。坊野寿山 フレッシュアイペディアより)

  • 茶の湯 (落語)

    茶の湯 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    主な演者として、東京の3代目三遊亭金馬、6代目三遊亭圓生、10代目柳家小三治ら、上方の2代目桂歌之助らが知られる。茶の湯 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • ろくろ首 (落語)

    ろくろ首 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    他の主な演者に、上方では5代目桂文枝、2代目桂ざこばらが知られる。東京では8代目林家正蔵、3代目桂三木助、10代目柳家小三治らがいるほか、代々の柳家小さんが家伝のネタにしたことで知られる。ろくろ首 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭圓笑 (4代目)

    笑福亭圓笑 (4代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    小学校のころから落語に興味を持ちのちにアマチュア落語で名をはせる。この頃に柳家小三治と出会っている。高校卒業後6代目三遊亭圓生に弟子入りを両親に反対されたために家出同然で家を出て、アマチュア落語家を続けながら生計を立てるためにサラリーマンや板前などの職に就いていたが、諦めきれず30代半ばで来阪。1981年10月に6代目笑福亭松鶴に入門。高座名は、6代目三遊亭圓生への入門が家族の反対によりかなわなかったことにちなんで、松鶴が名づけた。笑福亭圓笑 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 噺家カミサン繁盛記

    噺家カミサン繁盛記から見た柳家小三治柳家小三治

    『噺家カミサン繁盛記』(はなしかかみさんはんじょうき)は、フジテレビ系列の『妻たちの劇場』で、1991年11月4日 - 12月13日に放送された朝の連続ドラマである。落語家で人間国宝の10代目柳家小三治が二つ目昇進から妻との結婚、弟子とのトラブルまでの半生を題材としたドラマで、原作は小三治夫人の郡山和世。なお、小三治本人は出演していない。全30回。噺家カミサン繁盛記 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (4代目)

    柳家小さん (4代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1913年4月小さん一門の出世名であり師匠小さんの前名5代目柳家小三治に改名する。柳家小さん (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 禽語楼小さん (2代目)

    禽語楼小さん (2代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1888年3月に贔屓の医学博士・松本順に「禽語楼」の号を贈られ、禽語楼小さんと改名し、両国中村楼で改名披露を行う。禽語とは鳥の鳴き声のことで、小さん自身が鳥の仕草が上手かったことからこの号が与えられた。他にも猫というあだ名されたり、新聞には「珍面美人愛嬌の徳」と書かれた。1895年ころから体調を崩し3月に弟子の初代柳家小三治(後の3代目柳家小さん)に小さんの名を譲り、自らは柳家禽語楼と改名するが、このころから人気も下火になる。禽語楼小さん (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 出囃子 (落語)

    出囃子 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    二上がり鞨鼓(にあがりかっこ):10代目柳家小三治・4代目三遊亭小圓遊出囃子 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • ミッドナイト東海

    ミッドナイト東海から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小三治(土/1974年1月?1975年3月)ミッドナイト東海 フレッシュアイペディアより)

  • しろうと寄席 (フジテレビ)

    しろうと寄席 (フジテレビ)から見た柳家小三治柳家小三治

    昭和30年代前半にもラジオ東京(現・TBSラジオ)で、同じタイトルの番組『しろうと寄席』が放送されていた。のちの人間国宝である柳家小三治がラジオ版『しろうと寄席』出身者である。しろうと寄席 (フジテレビ) フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード