87件中 61 - 70件表示
  • 柳家三三

    柳家三三から見た柳家小三治柳家小三治

    小学校1年生の時に、初めてテレビで落語(廓噺)を見て深い興味を覚える。中学生になって東京の寄席に通うようになる。勉強が大嫌いで、どうしたら勉強しなくて済むか学校に行かなくて済むかを考えて落語家を志す。入門に関しては、「フィーリング(後光)」を感じて中学2年の時に10代目柳家小三治に頼みに行って一度「高校ぐらいでなくちゃ」と断られ、高校卒業後に再度門を叩き入門を許される。柳家三三 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た柳家小三治柳家小三治

    エッセイ・テレビドラマ 噺家カミサン繁盛記 (エッセイ)1990年 著:郡山和世(柳家小三治夫人) (テレビドラマ)1991年 フジテレビ落語 フレッシュアイペディアより)

  • 若手大喜利

    若手大喜利から見た柳家小三治柳家小三治

    柳家さん治(現:10代目柳家小三治若手大喜利 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文楽 (8代目)

    桂文楽 (8代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    5代目柳家小さん(人間国宝)は「小さん」襲名前、自らの9代目柳家小三治への改名・真打披露興行中に師匠4代目柳家小さんを亡くし、文楽の預かり弟子となった。文楽は愛想を振りまくのが苦手だった9代目小三治をいろいろな場に帯同し連れ歩き、社交性と人付き合いを実地で教え、愛嬌を身に着けさせた。桂文楽 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • 百川 (落語)

    百川 (落語)から見た柳家小三治柳家小三治

    『百川』(ももかわ)は古典落語の演目の一つ。6代目三遊亭圓生の十八番だった。現在でも柳家小三治など多くの落語家が高座にかける。百川 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 笑いがいちばん

    笑いがいちばんから見た柳家小三治柳家小三治

    柳家小三治(前期大喜利コーナー「噺家横丁」司会)笑いがいちばん フレッシュアイペディアより)

  • サム・テイラー

    サム・テイラーから見た柳家小三治柳家小三治

    そのクラリネットは、サム・テイラーのファンである柳家小三治の手に渡った。サム・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭歌笑

    三遊亭歌笑から見た柳家小三治柳家小三治

    エラの張った顔が特徴で、極度の斜視である為目配りが必要な古典落語の道を諦め、自作の新作落語で活躍。特異な風貌や奇声と共に終戦直後の荒んだ世相に明るい笑いを提供。歌笑が一世を風靡する切っ掛けは坂口安吾が中央公論の中で「歌笑文化」の一文を寄せた事である。この一件もあいまって日本劇場や国際劇場等を満員にするほど人気が沸騰し、「爆笑王」、「笑いの水爆」と呼ばれ、一世を風靡。共に若手三羽烏と呼ばれた4代目柳亭痴楽、9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)ら同年代の若手落語家に多大な刺激を与えた他、4代目桂米丸や後に同じ「爆笑王」の名を拝命する初代林家三平といった駆け出しの落語家とも懇意にし、彼らの大きな目標となっていた。また、立川談志の少年期に影響を与えた一人とされており、歌笑の急逝(後述)を知った談志は生まれて初めて他人のために涙を流したという。三遊亭歌笑 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (5代目)

    柳家小さん (5代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    1947年(昭和22年)5月 - 復員。1年後真打に昇進し、9代目柳家小三治を襲名。真打昇進興行中に、師匠小さんが急死。8代目桂文楽の預かり弟子になる。柳家小さん (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小袁治

    柳家小袁治から見た柳家小三治柳家小三治

    10代目柳家小三治に弟子入り志願するも、小三治がまだ二つ目(当時さん冶)で弟子が取れない為、その師匠の5代目柳家小さんに入門した。柳家小袁治 フレッシュアイペディアより)

87件中 61 - 70件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード