104件中 81 - 90件表示
  • 人形町末廣

    人形町末廣から見た柳家小三治 柳家小三治

    マイクロフォンやスピーカーなどの電気的な音響設備は最後まで無かった。反響を良くする為に高座の床下に大きな甕が複数埋め込んであり、生の声でも正しい発声をしていれば隅々まで声が届く話しやすい寄席だったと10代目柳家小三治は語っている。人形町末廣 フレッシュアイペディアより)

  • 人間国宝

    人間国宝から見た柳家小三治柳家小三治

    古典落語 - 五代目柳家小さん、三代目桂米朝、十代目柳家小三治 (存命)人間国宝 フレッシュアイペディアより)

  • アサヒビール

    アサヒビールから見た柳家小三治柳家小三治

    江戸前(関東地方・一時期甲信越地方 1993 - 2000年、CMには、高嶋政伸が出演。次いで柳家小三治と森口博子も出演した。)アサヒビール フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭歌笑

    三遊亭歌笑から見た柳家小三治柳家小三治

    特異な風貌(どことなく愛嬌も感じられる「フラ」)と、それに似合わぬ純情な所が、終戦直後の荒んだ世相に明るい笑いを提供する。1947年10月に真打昇進。ラジオ出演をキッカケとして、日本劇場や国際劇場等を満員にするほど人気が沸騰し、元祖「爆笑王」(同じ「元祖爆笑王」の名前を、バラエティ主体の放送作家が名乗る)、「笑いの水爆」と呼ばれ、一世を風靡。共に若手三羽烏と呼ばれた4代目柳亭痴楽、9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)ら同年代の若手落語家に多大な刺激を与えた他、4代目桂米丸や後に同じ昭和の「爆笑王」の名を拝命する初代林家三平といった駆け出しの落語家の大きな目標となっていた。三遊亭歌笑 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭白鳥

    三遊亭白鳥から見た柳家小三治柳家小三治

    二つ目時代に志ん朝と小三治の二人会の前座に呼ばれて新作落語を披露したが、新宿厚生年金会館を埋め尽くした客が完全に引いてしまい、志ん朝に「新潟君、ここで潮干狩りができるねぇ」と言われてしまった。三遊亭白鳥 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小せん

    柳家小せんから見た柳家小三治柳家小三治

    1949年4月 - 9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)に入門。前座名は小満輔。柳家小せん フレッシュアイペディアより)

  • 柳家三之助

    柳家三之助から見た柳家小三治柳家小三治

    (1973年5月1日 - )は、落語協会所属の落語家。10代目柳家小三治の9番目の弟子。千葉県銚子市出身。出生地は東京都江東区。本名は。血液型O型。柳家三之助 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家三三

    柳家三三から見た柳家小三治柳家小三治

    小学校1年生の時に、初めてテレビで落語(廓噺)を見て強い興味を覚える。中学生になって東京の寄席に通うようになる。勉強が大嫌いで、どうしたら勉強しなくて済むか学校に行かなくて済むかを考えて落語家を志す。入門に関しては、「フィーリング(後光)」を感じて中学2年の時に10代目柳家小三治に頼みに行って一度「高校ぐらいでなくちゃ」と断られ、高校卒業後の1993年(平成5年)3月に再度小三治の門を叩き入門を許される。同年5月に楽屋入りし、前座となった(前座名は「柳家小多け」)。初高座は同年10月、新宿末広亭において『道灌』を演じた。柳家三三 フレッシュアイペディアより)

  • 柳亭市馬 (4代目)

    柳亭市馬 (4代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    2010年12月、落語協会理事会にて2011年からの副会長就任が決まり、兄弟子である柳家小三治が会長として率いる落語協会を幹部として支えていくことになった。副会長就任決定の時点で49歳というのは歴代の副会長を見渡しても異例の若さであり、人事と香盤は直接連動しないにせよ大抜擢として話題となった。柳亭市馬 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小さん (6代目)

    柳家小さん (6代目)から見た柳家小三治柳家小三治

    父・5代目小さん没後、当初6代目小さんは兄弟子10代目柳家小三治が最有力だったが、小三治は小さんを継がないとしたため、6代目柳家小さんを襲名した。襲名の際山田洋次、5代目中村富十郎、2代目中村吉右衛門、堀内恒夫らが祝いのコメントを出し、落語芸術協会会長・桂歌丸も「三語楼(当代小さん)には先代のその上の天然記念物になってほしい」というコメントを出して後輩の門出を祝った。柳家小さん (6代目) フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード