前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た永六輔

    落語は、同一の高座で同じネタを別人が続けて演ずることは絶対のご法度とされている。永六輔は、自身が主催するイベント「六輔その世界」で、毒蝮三太夫と小三治を呼んだ。両名に落語を演じてもらおうという企画である。毒蝮は落語界の人間ではないが、立川談志の古くからの盟友である。当日まで、毒蝮は盟友談志からの徹底的な指導を受け、当日のイベントで、湯屋番を演じた。後に続く小三治は、直前までネタを決めていなかったが、全く同じネタ(湯屋番)を演じはじめた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り内容はほとんど変わらない。しかし、聴衆には全く別の湯屋番として聞こえ、毒蝮よりもはるかに客をウケさせた。まったく同じ話なのにである。上述の通り、奇をてらったり客に媚びたりしたわけではなく、ただただ人物の造形を丁寧に描いただけであった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小沢昭一

    6月 - 下席夜の部 - 東京やなぎ句会同人の小沢昭一を定席(新宿末廣亭)の芝居でヒザ前に顔付けした(主任は小三治)。連日長蛇の列ができ、立見で入れないほどの大入り。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た毒蝮三太夫毒蝮 三太夫

    落語は、同一の高座で同じネタを別人が続けて演ずることは絶対のご法度とされている。永六輔は、自身が主催するイベント「六輔その世界」で、毒蝮三太夫と小三治を呼んだ。両名に落語を演じてもらおうという企画である。毒蝮は落語界の人間ではないが、立川談志の古くからの盟友である。当日まで、毒蝮は盟友談志からの徹底的な指導を受け、当日のイベントで、湯屋番を演じた。後に続く小三治は、直前までネタを決めていなかったが、全く同じネタ(湯屋番)を演じはじめた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り内容はほとんど変わらない。しかし、聴衆には全く別の湯屋番として聞こえ、毒蝮よりもはるかに客をウケさせた。まったく同じ話なのにである。上述の通り、奇をてらったり客に媚びたりしたわけではなく、ただただ人物の造形を丁寧に描いただけであった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た立川談志

    落語は、同一の高座で同じネタを別人が続けて演ずることは絶対のご法度とされている。永六輔は、自身が主催するイベント「六輔その世界」で、毒蝮三太夫と小三治を呼んだ。両名に落語を演じてもらおうという企画である。毒蝮は落語界の人間ではないが、立川談志の古くからの盟友である。当日まで、毒蝮は盟友談志からの徹底的な指導を受け、当日のイベントで、湯屋番を演じた。後に続く小三治は、直前までネタを決めていなかったが、全く同じネタ(湯屋番)を演じはじめた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り内容はほとんど変わらない。しかし、聴衆には全く別の湯屋番として聞こえ、毒蝮よりもはるかに客をウケさせた。まったく同じ話なのにである。上述の通り、奇をてらったり客に媚びたりしたわけではなく、ただただ人物の造形を丁寧に描いただけであった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た鳳蘭鳳 蘭

    加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た加山雄三加山 雄三

    加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たカラヤン

    指揮者カラヤンを評して、メリハリが効くというよりもあざといくらい派手な音を作り出す。小三治は彼のことを「人を感心させようとして棒を振るから嫌いだ」という。「落語も同じだよ」と付け加えた。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た宇崎竜童宇崎 竜童

    加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た柳家小さん (5代目)

    9代目柳家小三治 - 後の5代目柳家小さん。本名、小林盛夫。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た三遊亭圓窓

    落語協会会長6代目三遊亭圓生は、大変に芸に厳しい人で、前任の会長より引き継いだ人間を真打ちにした以外は、実質、3人しか真打ち昇進を認めなかった。つまり6代圓生から見て真打ちに昇進できる実力があるのは、6代目三遊亭圓窓・小三治・9代目入船亭扇橋の3人である。小三治は17人抜き真打昇進という記録を作った。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
102件中 1 - 10件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード