前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小沢昭一

    6月 - 新宿末廣亭6月下席夜の部において、東京やなぎ句会同人の小沢昭一をヒザ前に顔付けした(主任は小三治)。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た永六輔

    永六輔が自らの主催するイベント「六輔その世界」のゲストに毒蝮三太夫と小三治を招き、両名に落語を演じてもらおうと企画した際、毒蝮は『湯屋番』を演じた。毒蝮は落語界の人間ではないが、7代目(自称5代目)立川談志の古くからの盟友であり、徹底的な指導を受けていた。その後に高座に上がった小三治は、直前までネタを決めていなかったが、毒蝮と同じ『湯屋番』を語り始めた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り『湯屋番』の内容はほとんど変わらない。しかし、プロとしての技術を駆使して全く別のやり方で『湯屋番』を語り、毒蝮よりもはるかに客を笑わせたという。演芸評論家・矢野誠一の著書『志ん生の右手』(河出文庫)では、この件を小三治自身が後書きで説明している。同じ噺をした理由は「毒蝮三太夫という人の後に落語家として噺をすることに抵抗があった」「毒蝮のやった噺とそれに対するお客さんの反応をみて、これは落語を聞かせる客じゃないな、ショウアップされた趣向を興味半分でのぞきに来てる客だな、と思った」ことであり、「せっぱつまった飛び降り自殺みたいなものです」「もう頼まれたって二度とやりませんが、ひとにも勧めません。それほど愚行です」と矢野への謝辞と共にコメントしている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た柳家小さん (5代目)

    9代目柳家小三治 - 後の5代目柳家小さん。本名、小林盛夫。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た加山雄三

    『小三治楽語対談』(1976年、音楽之友社) ※加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談集。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た立川談志

    永六輔が自らの主催するイベント「六輔その世界」のゲストに毒蝮三太夫と小三治を招き、両名に落語を演じてもらおうと企画した際、毒蝮は『湯屋番』を演じた。毒蝮は落語界の人間ではないが、7代目(自称5代目)立川談志の古くからの盟友であり、徹底的な指導を受けていた。その後に高座に上がった小三治は、直前までネタを決めていなかったが、毒蝮と同じ『湯屋番』を語り始めた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り『湯屋番』の内容はほとんど変わらない。しかし、プロとしての技術を駆使して全く別のやり方で『湯屋番』を語り、毒蝮よりもはるかに客を笑わせたという。演芸評論家・矢野誠一の著書『志ん生の右手』(河出文庫)では、この件を小三治自身が後書きで説明している。同じ噺をした理由は「毒蝮三太夫という人の後に落語家として噺をすることに抵抗があった」「毒蝮のやった噺とそれに対するお客さんの反応をみて、これは落語を聞かせる客じゃないな、ショウアップされた趣向を興味半分でのぞきに来てる客だな、と思った」ことであり、「せっぱつまった飛び降り自殺みたいなものです」「もう頼まれたって二度とやりませんが、ひとにも勧めません。それほど愚行です」と矢野への謝辞と共にコメントしている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た毒蝮三太夫

    永六輔が自らの主催するイベント「六輔その世界」のゲストに毒蝮三太夫と小三治を招き、両名に落語を演じてもらおうと企画した際、毒蝮は『湯屋番』を演じた。毒蝮は落語界の人間ではないが、7代目(自称5代目)立川談志の古くからの盟友であり、徹底的な指導を受けていた。その後に高座に上がった小三治は、直前までネタを決めていなかったが、毒蝮と同じ『湯屋番』を語り始めた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り『湯屋番』の内容はほとんど変わらない。しかし、プロとしての技術を駆使して全く別のやり方で『湯屋番』を語り、毒蝮よりもはるかに客を笑わせたという。演芸評論家・矢野誠一の著書『志ん生の右手』(河出文庫)では、この件を小三治自身が後書きで説明している。同じ噺をした理由は「毒蝮三太夫という人の後に落語家として噺をすることに抵抗があった」「毒蝮のやった噺とそれに対するお客さんの反応をみて、これは落語を聞かせる客じゃないな、ショウアップされた趣向を興味半分でのぞきに来てる客だな、と思った」ことであり、「せっぱつまった飛び降り自殺みたいなものです」「もう頼まれたって二度とやりませんが、ひとにも勧めません。それほど愚行です」と矢野への謝辞と共にコメントしている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た鳳蘭

    『小三治楽語対談』(1976年、音楽之友社) ※加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談集。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たヘルベルト・フォン・カラヤン

    指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを「メリハリが効くというよりもあざといくらい派手な音を作り出す」「人を感心させようとして棒を振るから嫌いだ」と評すると同時に、「落語も同じだよ」と付け加えている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た柳町光男

    十九歳の地図(1979年、プロダクション群狼、原作:中上健次、監督:柳町光男) ※エースデュースエンタテインメントよりDVD発売。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た宇崎竜童

    『小三治楽語対談』(1976年、音楽之友社) ※加山雄三、宇崎竜童、鳳蘭、小沢昭一、白石かずこ、三上寛、永六輔、戸川昌子、小島美子との対談集。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
162件中 1 - 10件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード