162件中 101 - 110件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た俳優

    夫人は染色家の郡山和世、次女は文学座に所属する女優の郡山冬果。弟子に対する指導が厳しいことで知られ、出来が悪い弟子には「素質がない」「噺家をやめろ」と頭ごなしに発言したこともあったという。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た長者番付

    Disc4:『睨み返し』『長者番付』『粗忽の釘』柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た死神 (落語)

    Disc9:『死神』『御神酒徳利』柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た湯屋番

    永六輔が自らの主催するイベント「六輔その世界」のゲストに毒蝮三太夫と小三治を招き、両名に落語を演じてもらおうと企画した際、毒蝮は『湯屋番』を演じた。毒蝮は落語界の人間ではないが、7代目(自称5代目)立川談志の古くからの盟友であり、徹底的な指導を受けていた。その後に高座に上がった小三治は、直前までネタを決めていなかったが、毒蝮と同じ『湯屋番』を語り始めた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り『湯屋番』の内容はほとんど変わらない。しかし、プロとしての技術を駆使して全く別のやり方で『湯屋番』を語り、毒蝮よりもはるかに客を笑わせたという。演芸評論家・矢野誠一の著書『志ん生の右手』(河出文庫)では、この件を小三治自身が後書きで説明している。同じ噺をした理由は「毒蝮三太夫という人の後に落語家として噺をすることに抵抗があった」「毒蝮のやった噺とそれに対するお客さんの反応をみて、これは落語を聞かせる客じゃないな、ショウアップされた趣向を興味半分でのぞきに来てる客だな、と思った」ことであり、「せっぱつまった飛び降り自殺みたいなものです」「もう頼まれたって二度とやりませんが、ひとにも勧めません。それほど愚行です」と矢野への謝辞と共にコメントしている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た鹿政談

    Disc7:『鹿政談』『芝浜』柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た主任

    上野鈴本演芸場初席における主任(トリ)の座を師の5代目小さんから1991年(平成3年)に禅譲され、2013年(平成25年)まで維持した。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た放送演芸大賞

    1976年(昭和51年) - 放送演芸大賞受賞。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た象印クイズ ヒントでピント

    象印クイズ ヒントでピント(1979年3月4日(第1回) - 1980年3月30日(第53回)、、テレビ朝日) - 男性軍初代2枠解答者柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た止め名

    この名跡は中堅どころの位置付けであるが、「柳家(柳派)の出世名」といわれる。初代・5代目・9代目小三治が柳派の総帥・留め名である「柳家小さん」を襲名した一つ前の名となるからである。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た3年B組貫八先生

    3年B組貫八先生(1982年 - 1983年、TBS) - 小泉仙吉 役柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

162件中 101 - 110件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード