102件中 51 - 60件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た東京都立青山高等学校

    教師・教育者(小学校校長)の5人の子のうち唯一の男子として厳格に育てられる。テストで100点満点中95点をとることすら(95点という点が低すぎる成績ということで)許されないというものであった。その反発として遊芸、それも落語に熱中する。東京都立青山高等学校に進学。高校時代にラジオ東京の「しろうと寄席」で15回連続の合格。このときから語り口は流麗でかなりのネタ数があった。卒業後、東京学芸大学(教員育成の大学)への入試に失敗し、学業を断念、落語家へ転身。5代目柳家小さんに入門。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た落語家

    柳家 小三治(やなぎや こさんじ)は落語家の名跡である。当代は10代目。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た子別れ

    主な持ちネタは『初天神』、『あくび指南』、『金明竹』、『うどん屋』、『時そば』、『小言念仏』、『出来心』、『千早振る』、『子別れ』、『鼠穴』、『芝浜』、『百川』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た時そば

    主な持ちネタは『初天神』、『あくび指南』、『金明竹』、『うどん屋』、『時そば』、『小言念仏』、『出来心』、『千早振る』、『子別れ』、『鼠穴』、『芝浜』、『百川』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たプロフェッショナル 仕事の流儀

    NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』第100回記念。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た出囃子 (落語)

    10代目柳家 小三治(やなぎや こさんじ、本名:郡山 剛蔵(こおりやま たけぞう)、1939年(昭和14年)12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家である。2010年(平成22年)6月より落語協会会長。出囃子は『二上りかっこ』。定紋は『変わり羽団扇』。「高田馬場の師匠」の通称で呼ばれる事もある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たナナハン

    バイク - ヤマハ発動機のナナハン(XJ750E)を乗り回していた。当時寄席への出勤もバイクで、本人は上下のつなぎで寄席等に現れていた。落語家仲間で「転倒蟲」(てんとうむし)というツーリングチームを作っていた。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た俳優

    夫人は染色家の郡山和世、次女は文学座の女優の郡山冬果。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た新宿区

    10代目柳家 小三治(やなぎや こさんじ、本名:郡山 剛蔵(こおりやま たけぞう)、1939年(昭和14年)12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家である。2010年(平成22年)6月より落語協会会長。出囃子は『二上りかっこ』。定紋は『変わり羽団扇』。「高田馬場の師匠」の通称で呼ばれる事もある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た鈴本演芸場

    上野鈴本初席で最後の主任(トリ)を務めるが、この座を師の5代目小さんから1991年(平成3年)に禅譲され、その座を今日まで務め続ける。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

102件中 51 - 60件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード