102件中 71 - 80件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た百川 (落語)

    主な持ちネタは『初天神』、『あくび指南』、『金明竹』、『うどん屋』、『時そば』、『小言念仏』、『出来心』、『千早振る』、『子別れ』、『鼠穴』、『芝浜』、『百川』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た俳号

    俳句 - 落語家(3代目桂米朝など)や落語好きな文化人らと「東京やなぎ句会」という俳句団体を作り活動している(同会の著書もある)。俳号は土茶(どさ)。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たクイズ番組

    テレビ朝日のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』 - 1979年3月より1980年9月まで男性軍レギュラーを務めた。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小沢昭一の小沢昭一的こころ

    小沢昭一『小沢昭一的新宿末廣亭十夜』 前掲の2005年6月下席の詳細な記録。小三治は小沢昭一の小沢昭一的こころがどれほど自分の落語のマクラに好影響を与えたかを述べている。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た高田馬場

    10代目柳家 小三治(やなぎや こさんじ、本名:郡山 剛蔵(こおりやま たけぞう)、1939年(昭和14年)12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家である。2010年(平成22年)6月より落語協会会長。出囃子は『二上りかっこ』。定紋は『変わり羽団扇』。「高田馬場の師匠」の通称で呼ばれる事もある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た初天神

    主な持ちネタは『初天神』、『あくび指南』、『金明竹』、『うどん屋』、『時そば』、『小言念仏』、『出来心』、『千早振る』、『子別れ』、『鼠穴』、『芝浜』、『百川』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た俳句

    俳句 - 落語家(3代目桂米朝など)や落語好きな文化人らと「東京やなぎ句会」という俳句団体を作り活動している(同会の著書もある)。俳号は土茶(どさ)。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た象印クイズ ヒントでピント

    テレビ朝日のクイズ番組『象印クイズ ヒントでピント』 - 1979年3月より1980年9月まで男性軍レギュラーを務めた。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た止め名

    この名跡は中堅どころの位置づけであるが“柳家の出世名”といわれる。初代・5代目・9代目小三治が柳派の総帥・留め名である「柳家小さん」を襲名したひとつ前の名となるからである。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た落語

    落語は、同一の高座で同じネタを別人が続けて演ずることは絶対のご法度とされている。永六輔は、自身が主催するイベント「六輔その世界」で、毒蝮三太夫と小三治を呼んだ。両名に落語を演じてもらおうという企画である。毒蝮は落語界の人間ではないが、立川談志の古くからの盟友である。当日まで、毒蝮は盟友談志からの徹底的な指導を受け、当日のイベントで、湯屋番を演じた。後に続く小三治は、直前までネタを決めていなかったが、全く同じネタ(湯屋番)を演じはじめた。小三治も談志も同門(5代小さん門下)であり、文字として並べる限り内容はほとんど変わらない。しかし、聴衆には全く別の湯屋番として聞こえ、毒蝮よりもはるかに客をウケさせた。まったく同じ話なのにである。上述の通り、奇をてらったり客に媚びたりしたわけではなく、ただただ人物の造形を丁寧に描いただけであった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

102件中 71 - 80件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード