162件中 71 - 80件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た笑いがいちばん

    お好み演芸会(1973年4月 - 1980年4月、NHK) - 大喜利「噺家横丁」司会柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た東京都立青山高等学校

    1958年(昭和33年) - 東京都立青山高等学校卒業柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たナナハン

    ヤマハ発動機のナナハン(XJ750E)を乗り回していた。当時寄席への出勤もバイクで、本人は上下のつなぎで寄席や落語会に現れていた。落語家仲間で「転倒蟲」(てんとうむし)というツーリングチームも作っていたが、40代のころに手首の腱鞘炎を起こしてからは乗らなくなった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た落語研究会 (落語会)

    落語研究会(TBS) ※ここでの高座が『落語研究会 柳家小三治全集』(ソニーミュージックエンタテインメント/小学館 MHBL-35-45)としてDVD化されている(ボックスセットのみの発売)。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た鈴本演芸場

    上野鈴本演芸場初席における主任(トリ)の座を師の5代目小さんから1991年(平成3年)に禅譲され、2013年(平成25年)まで維持した。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た芸術選奨文部科学大臣賞

    2004年(平成16年) - 芸術選奨文部科学大臣賞受賞。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た柳派

    この名跡は中堅どころの位置付けであるが、「柳家(柳派)の出世名」といわれる。初代・5代目・9代目小三治が柳派の総帥・留め名である「柳家小さん」を襲名した一つ前の名となるからである。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た茶の湯 (落語)

    主な持ちネタには『あくび指南』『うどん屋』『かんしゃく』『看板のピン』『金明竹』『小言念仏』『子別れ』『死神』『芝浜』『大工調べ』『千早振る』『茶の湯』『出来心』『転宅』『道灌』『時そば』『鼠穴』『初天神』『富士詣り』『百川』『やかんなめ』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見たあくび指南

    主な持ちネタには『あくび指南』『うどん屋』『かんしゃく』『看板のピン』『金明竹』『小言念仏』『子別れ』『死神』『芝浜』『大工調べ』『千早振る』『茶の湯』『出来心』『転宅』『道灌』『時そば』『鼠穴』『初天神』『富士詣り』『百川』『やかんなめ』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た俳号

    3代目桂米朝などの落語家や落語を愛好する文化人らと「東京やなぎ句会」という俳句団体を組織しており、同会の名義で出版された著書もある。俳号は土茶(どさ)。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

162件中 71 - 80件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード