162件中 81 - 90件表示
  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小沢昭一の小沢昭一的こころ

    小沢昭一的新宿末廣亭十夜(2006年、講談社、著:小沢昭一) - あとがき ※末廣亭2005年6月下席の詳細な記録。小三治は『小沢昭一の小沢昭一的こころ』がどれほど自分の落語のマクラに好影響を与えたかを記している。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た転宅

    主な持ちネタには『あくび指南』『うどん屋』『かんしゃく』『看板のピン』『金明竹』『小言念仏』『子別れ』『死神』『芝浜』『大工調べ』『千早振る』『茶の湯』『出来心』『転宅』『道灌』『時そば』『鼠穴』『初天神』『富士詣り』『百川』『やかんなめ』などがある。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た重要無形文化財

    10月 - 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た毎日芸術賞

    2015年(平成27年) - 第56回毎日芸術賞受賞。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た御神酒徳利

    Disc9:『死神』『御神酒徳利柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た小言幸兵衛

    Disc10:『厩火事』『千両みかん』『小言幸兵衛柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た与太郎

    落語仲間で「ヨタローズ」というチームを組織していた。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た家紋

    10代目柳家 小三治(やなぎや こさんじ、1939年〈昭和14年〉12月17日 - )は、東京都新宿区出身の落語家。一般社団法人落語協会顧問。出囃子は『二上りかっこ』。定紋は『変わり羽団扇』。本名、郡山 剛蔵(こおりやま たけぞう)。まれに「高田馬場の師匠」とも呼ばれる。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た腱鞘炎

    ヤマハ発動機のナナハン(XJ750E)を乗り回していた。当時寄席への出勤もバイクで、本人は上下のつなぎで寄席や落語会に現れていた。落語家仲間で「転倒蟲」(てんとうむし)というツーリングチームも作っていたが、40代のころに手首の腱鞘炎を起こしてからは乗らなくなった。柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家小三治

    柳家小三治から見た大山詣り

    Disc2:『大山詣り』『三年目』『堪忍袋』柳家小三治 フレッシュアイペディアより)

162件中 81 - 90件表示

「柳家小三治」のニューストピックワード