前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た柳沢敦柳沢敦

    スーパーカップで2年連続優勝を果たす。シーズン中断中にジョアン・カルロスとジョルジーニョとの意見が合わず、ジョアン・カルロスがシーズン途中に監督辞任、リーグ戦中断明けの1stステージの残りを関塚隆が監督代行を務め、2ndステージ開始前にゼ・マリオが監督に就任。9月23日に長谷川が清水戦で、クラブ初の在籍通算100得点目を達成。チャンピオンシップは磐田を下して、2度目のリーグ年間優勝を果たした。この年のリーグ戦で柳沢敦が、22得点を記録。2ndステージ第5節の福岡戦から翌1999年第3節広島戦まで16連勝した。また、同年のフランスW杯日本代表に鹿島から秋田豊、名良橋晃、相馬直樹の3人が選出された。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 富山第一高等学校

    富山第一高等学校から見た柳沢敦柳沢敦

    富山地区はおろか富山県内では最大の私立高校であり、通学範囲は富山県内のほぼ全域に及ぶ。男子サッカー部は全国高校サッカーの常連校で、柳沢敦を始めとしたJリーガーを輩出している。1999年度の第78回全国高校サッカー選手権で石黒智久、西野泰正を擁して富山県史上初のベスト4に入り国立の芝を踏んだ。翌年の第79回大会もベスト4に入り北陸勢初の2年連続国立進出の快挙を果たす。富山第一高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原満男

    小笠原満男から見た柳沢敦柳沢敦

    2002年、ナビスコカップ優勝に貢献して大会MVPを獲得。2003年のシーズン終盤、当時ゲームキャプテンを務めていた秋田豊から、「全部背負ってみろ」とキャプテンマークを託された。これ以降、柳沢敦が主将に就任するまで、小笠原がゲームキャプテンを務めることになった。小笠原満男 フレッシュアイペディアより)

  • 本山雅志

    本山雅志から見た柳沢敦柳沢敦

    2008年から移籍した柳沢敦から鹿島の選手会長を引き継ぐ。シーズン中盤の6月に先天性水腎症を患っていることが判明したが、リーグ戦終了までごく近い関係者にしかその事実を明かさず、国際試合のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めてほぼフルに出場、リーグ連覇を果たした。12月25日水腎症の手術を受けた。本山雅志 フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た柳沢敦柳沢敦

    柏からGK水谷雄一、G大阪から9シーズンぶりの京都復帰となるDFシジクレイ、FC東京からレンタル移籍でDF増嶋竜也、千葉からMF佐藤勇人、鹿島からFW柳沢敦と、各ポジションで実力者を獲得し、2年ぶりのJ1に臨んだ。シーズン途中にも、ディフェンス安定のためにG大阪からDF水本裕貴、怪我で長期離脱(登録抹消)したFWパウリーニョの穴を埋めるため、清水からFWフェルナンジーニョを獲得した。その大型補強もあって14位となり、J1残留を達成した。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木隆行

    鈴木隆行から見た柳沢敦柳沢敦

    2002年、トルシエからは献身的なプレーが認められ、FIFAワールドカップのメンバーに選出。スタメン濃厚だったにも関わらず、エコノミー症候群による戦線離脱を余儀なくされた高原直泰、盲腸の手術明けで本調子でなかったトルシエジャパンのエースFW・西澤明訓らに代わり、鹿島のチームメイトである柳沢敦と共にツートップを形成。初戦のベルギー戦で本大会における日本代表の初得点を挙げる。この得点は日本がW杯で初めての勝ち点1を得る貴重な同点ゴールとなった。W杯終了後、その活躍が対戦国のベルギーで認められ、ベルギー1部リーグの名門・ヘンクに移籍する。しかし、センターフォワードではなく右サイドのウィング的ポジションで起用されることがほとんどであり、リーグ戦やUEFAチャンピオンズリーグでアシストを記録するなどしたものの、FWのレギュラーを奪えずノーゴールに終わる。鈴木隆行 フレッシュアイペディアより)

  • しんじないと倶楽部

    しんじないと倶楽部から見た柳沢敦柳沢敦

    サムライブルーの23人を発表するジーコの記者会見を再現する。最後の三人「柳沢、玉田・・・巻(ウオーー)」のあまりにも有名なフレーズを3段オチで見事に着地させるコーナー。ドイツW杯期間限定だったが、サッカーW杯の中継と重なったため、実際に放送されたのは2回だけだった。しんじないと倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回全国高等学校サッカー選手権大会

    第74回全国高等学校サッカー選手権大会から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(富山第一→鹿島→サンプドリア→FCメッシーナ→鹿島→京都→仙台)第74回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊サッカーマガジン

    週刊サッカーマガジンから見た柳沢敦柳沢敦

    700号 柳沢敦(鹿島アントラーズ) 1999年3月3日号週刊サッカーマガジン フレッシュアイペディアより)

  • 小畑 由香里

    小畑由香里から見た柳沢敦柳沢敦

    2003年12月24日、Jリーグ鹿島アントラーズ所属(当時)の柳沢敦と入籍。小畑由香里 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード