前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見た柳沢敦柳沢敦

    2ndステージ開始前にゼ・マリオが監督に就任。9月23日に長谷川が清水戦で、クラブ初の在籍通算100得点目を達成。チャンピオンシップは磐田を下して、2度目のリーグ年間優勝を果たした。この年のリーグ戦で柳沢敦が、クラブでの日本人シーズン最多の22得点を記録。2ndステージ第5節の福岡戦から翌1999年第3節広島戦まで16連勝した。また、同年のフランスW杯日本代表に鹿島から秋田豊、名良橋晃、相馬直樹の3人が選出された。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 本山雅志

    本山雅志から見た柳沢敦柳沢敦

    2008年から移籍した柳沢敦から鹿島の選手会長を引き継ぐ。シーズン中盤の6月に先天性水腎症を患っていることが判明したが、リーグ戦終了までごく近い関係者にしかその事実を明かさず、国際試合のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を含めてほぼフルに出場、リーグ連覇を果たした。12月25日水腎症の手術を受けた。本山雅志 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 FIFAワールドカップ日本代表

    2006 FIFAワールドカップ日本代表から見た柳沢敦柳沢敦

    基本システムは3-4-1-2 。正GKは川口能活。DFは坪井慶介・宮本恒靖・中澤佑二の3バック。右WBはレギュラーの加地亮がテストマッチで負傷し、初戦のみ駒野友一が先発。左WBは三都主アレサンドロ。中盤は2ボランチの中田英寿・福西崇史と、司令塔の中村俊輔。FWは高原直泰・柳沢敦の2トップという布陣だった。第2戦と第3戦は4バックの4-4-2へ変更し、MFの小笠原満男・稲本潤一、FWの玉田圭司・巻誠一郎らが先発起用された。2006 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 京都サンガF.C.

    京都サンガF.C.から見た柳沢敦柳沢敦

    加藤体制2年目。柏からGK水谷雄一、G大阪から9シーズンぶりの京都復帰となるDFシジクレイ、FC東京からレンタル移籍でDF増嶋竜也、千葉からMF佐藤勇人、鹿島からFW柳沢敦と、各ポジションで実力者を獲得し、2年ぶりのJ1に臨んだ。シーズン途中にも、ディフェンス安定のためにG大阪からDF水本裕貴、怪我で長期離脱(登録抹消)したFWパウリーニョの穴を埋めるため、清水からFWフェルナンジーニョを獲得した。なお、シーズン成績は14位。天皇杯は5回戦で柏に敗北。京都サンガF.C. フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た柳沢敦柳沢敦

    横浜FMの試合では松田の顔が描かれた横断幕が掲げられており、日産スタジアムの試合では3ゲートに掲げられている。日韓W杯で代表を共にした柳沢敦は、ベガルタ仙台移籍後初ゴールを決めたマリノス戦でのインタビューで「(松田の)横断幕を見ながらプレーした。また新しい思い出がつくれた。」と語っている。松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た柳沢敦柳沢敦

    選手補強は京都から元日本代表FW柳沢敦とDF角田誠、鹿島からFWマルキーニョスをそれぞれ完全移籍、FC東京からMF松下年宏、鹿島からGK川俣慎一郎をともに期限付き移籍、新外国人選手として韓国Kリーグの城南一和からDF曺秉局を完全移籍、ブラジル・イパチンガFCからMFマックスを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ソニー仙台へ期限付き移籍していたFW大久保剛志が4シーズンぶりにチームへ復帰し、FC東京から期限付き移籍中だったFW赤嶺真吾を完全移籍で獲得。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 第74回全国高等学校サッカー選手権大会

    第74回全国高等学校サッカー選手権大会から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(富山第一→鹿島→サンプドリア→FCメッシーナ→鹿島→京都→仙台)第74回全国高等学校サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 野見山篤

    野見山篤から見た柳沢敦柳沢敦

    Jリーグ発足を前にしたクラブのプロ化プロジェクトチームには立ち上げ段階から参加。ジーコとの契約にも関わった。1992年4月、鹿島の運営会社である株式会社鹿島アントラーズ・エフ・シーに入社。サテライトチーム監督、1993年2月よりチーム管理課長、1997年8月より広報室長を歴任。野見山はゼネラルマネージャー的な立場から、監督や選手の人選、スカウト、契約を担当した。スカウトとして獲得した選手には柳沢敦らがいる。野見山篤 フレッシュアイペディアより)

  • 小田切道治

    小田切道治から見た柳沢敦柳沢敦

    石川県金沢市で生まれ、小学校から富山県富山市に移り住んだ。富山第一高校時代は、一学年上の柳沢敦と共に第74回全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。卒業後、京都パープルサンガに入団。小田切道治 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡ダービー

    海峡ダービーから見た柳沢敦柳沢敦

    2006年のJ2リーグ第5節、ヴィッセル神戸対徳島ヴォルティス戦で「海峡ダービー」の名がメディアに登場した。2006年以前に2つのクラブ間でこの名称が使われていたかどうかは定かではないが、両クラブ間の対戦はこの試合が初めてである。このダービーマッチの名称自体は、柳沢敦のFCメッシーナ在籍時(2004年から2006年)から登場している。メッシーナとレッジーナ・カルチョのダービーマッチ(デルビー・デッロ・ストレット)は、海峡ダービーと訳された。海峡ダービー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード