52件中 21 - 30件表示
  • 荒谷弘樹

    荒谷弘樹から見た柳沢敦柳沢敦

    元日本代表FW柳沢敦は高校の2期後輩にあたる。高校卒業後1994年に浦和レッドダイヤモンズに入団。しかし田北雄気・土田尚史という2人の実力者の前に出場機会は全くなく、1998年に川崎フロンターレ、1999年に大宮アルディージャにそれぞれ移籍したが、正GKはおろか第2GKすら儘ならない時期が続いた。荒谷弘樹 フレッシュアイペディアより)

  • 崔龍洙

    崔龍洙から見た柳沢敦柳沢敦

    崔は日本サッカーに関して「Jリーグは前線よりも中盤に重点を置いているため、よいFWが育ちにくい環境にある。鈴木(隆行)も玉田も柳沢も自分から点を取るタイプではないだろう。本物のストライカーと呼べるのは高原とゴン中山さんくらいだろう」「特にゴン中山さんのあのプロ魂には感服する、だから40を過ぎてもまだサッカーを続けていられるんだ。若いカレンや前田はゴン中山さんを見習えばもっと成長する」とコメントしている。崔龍洙 フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た柳沢敦柳沢敦

    5月27日 - 柳沢敦(富山県、サッカー)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 中島裕希

    中島裕希から見た柳沢敦柳沢敦

    目標とする人物は同郷で同じ富山第一高校出身で鹿島・仙台でチームメイトの柳沢敦中島裕希 フレッシュアイペディアより)

  • 田中俊也

    田中俊也から見た柳沢敦柳沢敦

    高校時代は地元・石川県の強豪校である星稜高校へ進学、全国大会通算12得点、高校通算得点は予選や練習試合を含めると100ゴールを軽く超える。北信越地方では柳沢敦の再来と騒がれた。田中俊也 フレッシュアイペディアより)

  • メカイノウエ

    メカイノウエから見た柳沢敦柳沢敦

    自虐的なネタのコントが多い。持ちネタには、サッカーでの柳沢敦のコールを取り入れたネタがあり(『イツザイ』ではこのネタを披露)、また「アウェーでも頑張れ」と叫んで太鼓を叩きながら演じるネタがある。メカイノウエ フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た柳沢敦柳沢敦

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が廻ってきた第28節のヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場で貴重な得点を多く挙げた。2008年シーズンは前年に退団した柳沢の背番号13を自ら希望して着用。序盤は前年同様スーパーサブとしての起用が目立ったが得点を重ねると田代有三が不調に陥った後半より完全にレギュラーに定着を果たし、J1連覇に貢献する。同年、日本代表にも招集され、2008年10月9日に東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された国際親善試合(キリンチャレンジカップ)UAE戦で代表デビューを果たした。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 大迫勇也

    大迫勇也から見た柳沢敦柳沢敦

    Jリーグの6クラブが争奪戦を繰り広げたが、大迫自身が「チームの雰囲気が自分の成長に一番繋がる」と判断し、鹿島アントラーズへ入団。鹿島の椎本邦一スカウト担当部長は彼のプレースタイルや総合力の高さから柳沢敦以来の衝撃を受けたと評した大迫勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸春樹

    瀬戸春樹から見た柳沢敦柳沢敦

    水橋高校ではフォワードとして活躍。同期の富山第一高校の柳沢敦とは全国高校サッカー選手権富山県大会の決勝でも対戦している。1年生の時から3年生までレギュラーとして国体に3回出場。瀬戸春樹 フレッシュアイペディアより)

  • U-20サッカー日本代表

    U-20サッカー日本代表から見た柳沢敦柳沢敦

    1997年マレーシア大会では、宮本恒靖、中村俊輔、柳沢敦、明神智和、戸田和幸、山口智らの世代。前大会に出場した中田・松田は年齢的には参加資格を満たすものの、前年のアトランタオリンピックに参加していたため、当時の大会規定で出場できなかった(後にこのルールは撤廃)。その一方、一世代下から永井雄一郎と南雄太が参加し、主力として活躍した。彼らを山本昌邦監督が率いて臨み、準々決勝でガーナに敗れるが2大会連続でベスト8進出を成し遂げた。U-20サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード