52件中 31 - 40件表示
  • 黒崎久志

    黒崎久志から見た柳沢敦柳沢敦

    鹿島には6年間にわたって所属したが、柳沢敦の台頭もあって徐々に出番が減り、1998年に京都パープルサンガへ移籍。13得点の活躍を見せた。翌1999年は出場機会が減少。2000年にはヴィッセル神戸に移籍したが、ここではさしたる成績を残せず、2001年にアルビレックス新潟へ移籍。新潟ではチームトップの21得点を挙げ、健在振りを見せた。2002年からは大宮アルディージャに移籍し、2003年シーズン終了後に現役引退。黒崎久志 フレッシュアイペディアより)

  • エルディス・フェルナンド・ダマショ

    エルディス・フェルナンド・ダマショから見た柳沢敦柳沢敦

    2008年、ガンバ大阪から清水に完全移籍したが、チームの不振と共に長谷川健太監督の構想から外れ、シーズン途中の同年6月に京都サンガF.C.へ期限付き移籍する。京都では、特に柳沢敦と絶妙なコンビネーションを見せるなど短期間ながら活躍し、10月1日に負傷で離脱するまで残留に貢献した。しかし、ドリブルに拘ってパスを出すタイミングが遅くなる癖は京都でも治せず、2008年をもって、レンタル先の京都、レンタル元の清水両者から戦力外とされ、京都を退団してブラジルへ帰国した。エルディス・フェルナンド・ダマショ フレッシュアイペディアより)

  • 聖澤諒

    聖澤諒から見た柳沢敦柳沢敦

    楽天での応援コールは他の日本人選手に採用されている「4・4・8拍子」とは異なる独自のコール(元サッカー日本代表で現・ベガルタ仙台の柳沢敦のそれと似ている)が採用されている。聖澤諒 フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピック日本選手団

    シドニーオリンピック日本選手団から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(鹿島アントラーズ)シドニーオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た柳沢敦柳沢敦

    2000年9月、1999年のワールドユース選手権ナイジェリア大会に引き続いてフィリップ・トルシエが五輪代表監督を務め、新たなメンバーに1977年生まれ(松田直樹、中田英寿、宮本恒靖、柳沢敦など、柳沢以外は早生まれ)と1978年生まれ(中沢佑二、中村俊輔など)、オーバーエイジ枠(1974年生まれの三浦淳宏、1975年生まれの森岡隆三、1976年生まれの楢崎正剛)の選手が加わった五輪代表はシドニー五輪に出場した。黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 海峡ダービー

    海峡ダービーから見た柳沢敦柳沢敦

    2006年のJ2リーグ第5節、ヴィッセル神戸対徳島ヴォルティス戦で「海峡ダービー」の名がメディアに登場した。2006年以前に2つのクラブ間でこの名称が使われていたかどうかは定かではないが、両クラブ間の対戦はこの試合が初めてである。このダービーマッチの名称自体は、柳沢敦のFCメッシーナ在籍時(2004年から2006年)から登場している。メッシーナとレッジーナ・カルチョのダービーマッチ(デルビー・デッロ・ストレット)は、海峡ダービーと訳された。海峡ダービー フレッシュアイペディアより)

  • FCメッシーナ

    FCメッシーナから見た柳沢敦柳沢敦

    2002年、メッシーナ海峡でフェリー業などを展開していた実業家ピエトロ・フランツァがクラブを買収。積極的な補強策でチームを強化する。2004-2005シーズンにセリエAに昇格。柳沢敦、小笠原満男が在籍していたことで日本でも馴染みの深いクラブチームである。FCメッシーナ フレッシュアイペディアより)

  • ベガルタ仙台

    ベガルタ仙台から見た柳沢敦柳沢敦

    選手補強は京都から元日本代表FW柳沢敦とDF角田誠、鹿島からFWマルキーニョスをそれぞれ完全移籍、FC東京からMF松下年宏、鹿島からGK川俣慎一郎をともに期限付き移籍、新外国人選手として韓国Kリーグの城南一和からDF曺秉局を完全移籍、ブラジル・イパチンガFCからMFマックスを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ソニー仙台へ期限付き移籍していたFW大久保剛志が4シーズンぶりにチームへ復帰し、FC東京から期限付き移籍中だったFW赤嶺真吾を完全移籍で獲得。ベガルタ仙台 フレッシュアイペディアより)

  • 中山雅史

    中山雅史から見た柳沢敦柳沢敦

    2006年FIFAW杯ドイツ大会の代表には選出されなかったが、現地レポーターやゲスト解説として活躍。珍妙な発言や妙なポーズをとったりし視聴者や共演者から笑いを誘う一方、過去W杯日本代表として闘った経験から、身をもって残してきた教訓が全く生かされなかった惨敗への苛立ちもコメントの端々から感じられた。ただ出場した選手に対しては、クロアチア戦でシュートを外した柳沢敦のプレーについてコメントを求められて、自身の経験談を交えながらプレーの際の選手心理を説明してその立場を慮るなど暖かい配慮も見せている。本気か冗談か「エントリー変更のリミットまで連絡待ちしていた」とも言い、スタジオの日本代表歴のある選手達・コメンテーター達からも「今からでもいいから代表に合流して選手達を一喝してやれ」と言われていた。中山雅史 フレッシュアイペディアより)

  • セリエA (サッカー)

    セリエA (サッカー)から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦 - サンプドリア (2003-2004), メッシーナ (2004-2006)セリエA (サッカー) フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード