52件中 41 - 50件表示
  • au (携帯電話)

    au (携帯電話)から見た柳沢敦柳沢敦

    美香、マギー審司、鳥越さやか、GTP、ヤン、柿崎順一、柳沢敦、ナナ・イロ、陣内智則、はなわ、田場裕也 他au (携帯電話) フレッシュアイペディアより)

  • ますだおかだのオールナイトニッポン

    ますだおかだのオールナイトニッポンから見た柳沢敦柳沢敦

    2006 FIFAワールドカップのサッカー日本代表メンバー発表会見の際に、ジーコ監督が「柳沢、玉田、巻!」と発言した際に会場がざわめいたのが元ネタ。世間を騒がすようなコメントを三段オチ(最後の「巻」の部分を変えるのが原則だったが、まれに全部違う三段オチのネタもあった)で募集するコーナー。2006年6月2日開始で、ワールドカップ開催期間中のみの限定コーナー。ますだおかだのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 射水市

    射水市から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(サッカー選手、小杉)射水市 フレッシュアイペディアより)

  • 日本とクロアチアの関係

    日本とクロアチアの関係から見た柳沢敦柳沢敦

    第1ラウンドで日本を1対0で破ったクロアチアが、準決勝まで勝ち上がり、3位決定戦でオランダをも破って初出場3位を飾ったことで、強豪国クロアチアを日本と世界に知らしめた。2006年のサッカーワールドカップにおいても、第1ラウンドのFグループで日本とクロアチアの両国代表が対戦したが、この試合は柳沢敦代表のシュートが不発に終わるなどして、0対0の引き分けに終わっている。日本とクロアチアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌邦

    山本昌邦から見た柳沢敦柳沢敦

    特に自ら率いた1997年のユース代表は宮本恒靖や明神智和、柳沢敦など、後の日本代表の常連となる面々が揃っていたことに加え、アジアユース当時まだ高校生だった中村俊輔を中心選手として起用し、ワールドユースではアジアユースよりも更に攻撃的な布陣にする大胆な采配により好成績を収めた。これ以降の代表コーチとしての成績も申し分がなく、大きな期待の中でアテネオリンピック代表チームの監督に就任した。山本昌邦 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た柳沢敦柳沢敦

    当時鹿島アントラーズの監督をしていたトニーニョ・セレーゾが、鹿島からイタリアへ移籍した柳沢敦の出場する試合を見守り、柳沢が活躍すると「むけたー」と叫ぶ。退任後は小笠原満男、内田篤人を経て、柳沢の京都移籍後は秋田豊コーチ、仙台移籍後は手倉森誠監督が後を継いでいる。長くシリーズ化され、現在も続いている。話によってはまったく別の人材が叫び、別の人材が呼ばれて請け負うこともある。山の谷間からのどかに大声で叫ばれたり、時には建造物が突然叫ぶこともある。言葉の意味は、脱皮し成長した「一皮向けた」の意味から。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • UCサンプドリア

    UCサンプドリアから見た柳沢敦柳沢敦

    なお、2003-04シーズンには日本の柳沢敦が所属していた。UCサンプドリア フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のJリーグ

    2010年のJリーグから見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(京都サンガ 2010年5月5日 - 第10節vs清水エスパルス・西京極陸上競技場)2010年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 茂庭照幸

    茂庭照幸から見た柳沢敦柳沢敦

    2003年10月8日にチュニジア戦でA代表初出場。この試合での柳沢敦へのアシストが決勝点になった。その試合中「そこはおまえがいけ」と中田英寿にコーチングをするが「なんでだよ」と言い返される。それ以前にも中田にあいさつに行った際「ベルマーレにいた茂庭です」と言うと「そうなの?」と返されたり(もっとも、中田在籍時の茂庭は二種登録でユースが主戦場だったため、練習で顔を会わせることは少なかった)、試合中に「おい、モ!モ!」と「茂」だけ連呼されていた(実際は中田が茂庭をからかっていたと宮本が後に語っており、平塚の後輩ということなのか、中田には珍しく茂庭個人を集中的にからかう節があった)。茂庭照幸 フレッシュアイペディアより)

  • 大杉 漣

    大杉漣から見た柳沢敦柳沢敦

    高校時代にサッカー部に在籍し、自称「釜本・杉山黄金コンビの時代の第一次サッカーブームの申し子」であり、「本当は今でも夢はプロのサッカー選手」とまで言及する。柳沢敦の大ファンで、国内リーグから海外リーグにまで精通している。自己の出身地徳島県をフランチャイズとするJリーグ・徳島ヴォルティスの熱狂的なファンで、チームがプロ組織化する前身の大塚FCであった頃から熱心に応援している。また、プロデューサーや映画監督・大物俳優等100名を越えるメンバーを擁するプライベートサッカーチーム「鰯クラブ」に発起人として参加し、キャプテンナンバー「10」の背番号を付けて月1-2回は必ず試合に出場するなど、注力している。大杉漣 フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード