63件中 41 - 50件表示
  • 1977年のスポーツ

    1977年のスポーツから見た柳沢敦柳沢敦

    5月27日 - 柳沢敦(富山県、サッカー)1977年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 宮島一代

    宮島一代から見た柳沢敦柳沢敦

    2015年の柳沢敦・中田浩二・新井場徹の合同引退試合では主審を務め、終了間際のPKの際に、バニシングスプレーでピッチに「KOJI」と書きスタジアムを沸かせた。「粋な計らい」「ベテランらしい演出」など、評判となった。宮島一代 フレッシュアイペディアより)

  • 赤崎秀平

    赤崎秀平から見た柳沢敦柳沢敦

    相手選手の視野から消え、スペースを作り、オフザボールで勝負する動きの質に自信を持つストライカー。関東大学リーグで2010年、2012年に得点王になるなど得点能力が高く、鹿島入団後も2015年に9得点を決め、ゴール数も増加している。。そのプレースタイルから鹿島の鈴木満常務には「動き出しがいい。ヤナギ(柳沢敦)に似ている。 ボールを引き出すのがうまい」と評価されている。赤崎秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 興梠慎三

    興梠慎三から見た柳沢敦柳沢敦

    高校時代から年代別代表に何度も招集され、鵬翔高校卒業と同時に鹿島アントラーズに入団。2007年J1第14節大分トリニータ戦でプロ初得点を挙げた。マルキーニョスと柳沢敦の欠場で出番が回ってきた第28節ヴィッセル神戸戦で2得点をあげるなど、この年は短い出場時間で貴重な得点を多く挙げた。興梠慎三 フレッシュアイペディアより)

  • 小畑 由香里

    小畑由香里から見た柳沢敦柳沢敦

    2003年12月24日、Jリーグ鹿島アントラーズ所属(当時)の柳沢敦と入籍。小畑由香里 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見た柳沢敦柳沢敦

    1975年4月26日生まれ。身長170cm、体重59kg。血液型はA型。予備校の模擬試験で5教科480点を取るなど非常に頭脳明晰で、運動神経も優れており100メートルを10秒8で走る俊足(高校時代)の持ち主で、そのためにシュート力もトシ達には劣るものの、高校界トップクラスである。視力は裸眼で歩くと電柱に衝突するほど悪く、コンタクトレンズは使用せず眼鏡を着用しており、試合中でも眼鏡をかけたままである。なお、眼鏡をかけたままでもイケメンであるが、眼鏡を外すとさらにイケメンとなる。一美に片想いしており、一美に関することには見境がなくなるという特徴がある。一美とは一時恋仲に発展したが、一美が内心ではトシへ気持ちを寄せていることに気づき、自ら別れを切り出している。将棋も得意で「穴熊の平松」の異名を持つ。作中、平松は自身を本山雅志や柳沢敦のようなドリブルが得意な選手と評している。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原満男

    小笠原満男から見た柳沢敦柳沢敦

    2002年、ナビスコカップ優勝に貢献して大会MVPを獲得。2003年のシーズン終盤、当時ゲームキャプテンを務めていた秋田豊から、「全部背負ってみろ」とキャプテンマークを託された。これ以降、柳沢敦が主将に就任するまで、小笠原がゲームキャプテンを務めることになった。小笠原満男 フレッシュアイペディアより)

  • 5月27日

    5月27日から見た柳沢敦柳沢敦

    1977年 - 柳沢敦、サッカー選手5月27日 フレッシュアイペディアより)

  • ハモン・ロペス・デ・フレイタス

    ハモン・ロペス・デ・フレイタスから見た柳沢敦柳沢敦

    2014年6月、日本のベガルタ仙台へ完全移籍。加入後は素早いサッカーに慣れず出場機会に恵まれなかったが、Jリーグの映像を見るなど研究に励む。10月27日の練習試合でのプレーが評価され、11月2日のガンバ大阪戦で10試合ぶりの出場を果たすと柳沢敦の同点ゴールをアシスト。11月22日のセレッソ大阪戦では一時勝ち越しとなるミドルシュートを決めるなど、徐々に調子を上げた。2015年はフォワードにコンバートされると、練習試合のサンフレッチェ広島戦でハットトリックを達成するなど、春季キャンプで好調を維持し、開幕スタメンを勝ち取った。第1ステージは1得点にとどまったが、第2ステージは6得点を記録した。2016年10月1日のサガン鳥栖戦で、J1ではクラブ史上初となるハットトリックを達成した。ハモン・ロペス・デ・フレイタス フレッシュアイペディアより)

  • 射水市

    射水市から見た柳沢敦柳沢敦

    柳沢敦(サッカー選手、小杉)射水市 フレッシュアイペディアより)

63件中 41 - 50件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード