104件中 11 - 20件表示
  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た中田英寿

    2002 FIFAワールドカップ日本代表に選出される。ベルギー戦終了後に首を痛め、3戦目のチュニジア戦時には激しい痛みに襲われ完全に動かなくなり、トルコ戦では起用されなかった。ロシア戦で決勝点につながるアシストを記録するなどチームのベスト16進出に貢献し、中田英寿からはチーム内のMVPと称賛されている。2003-04シーズン開幕前にイタリアセリエAの古豪サンプドリアに期限付きで初の海外移籍を果たした。同年12月24日にはモデルの小畑由香里と入籍。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た藤田俊哉

    2004-05シーズンはメッシーナ移籍後、8月22日コッパ・イタリアの1回戦でアチレアレから1ゴール1アシストの活躍でイタリア公式戦初ゴールをあげ、レッジーナとの海峡ダービーで決勝アシストを決め「柳沢は海峡の王様だ」との見出しが地元紙に載るなどしたが、 リーグ戦では22試合で無得点に終わる。またこの期間、ジーコからも日本代表の招集がかからなくなった時期があった。シーズン途中からMFとして主に左サイドで起用されるようになる。W杯アジア最終予選イラン戦を控えた2005年3月22日、藤田俊哉の負傷離脱後に日本代表に緊急招集。これが2004年7月13日の親善試合セルビア・モンテネグロ戦以来8カ月ぶりの招集だった。イラン戦では途中出場を果たし、福西のゴールにつながるポストプレイをこなした。6月3日のバーレーン戦では1トップとして先発に復帰し、W杯出場のかかった6月8日の北朝鮮戦では5試合523分ぶりの決勝ゴールを挙げた。またコンフェデレーションズ杯のメキシコ戦では難易度の高いゴールを決める活躍を見せた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た本田泰人

    2007年シーズン前には本田泰人の引退を受けて鹿島の新主将、選手会長に就任した。リーグ戦ではクラブワーストとなる開幕5試合勝ちなしを喫するなど躓いたものの、6節横浜FC戦でシーズン初勝利に導くシーズン初ゴールをあげ、7節清水エスパルス戦でも2ゴールをあげたが、この試合で負傷し長期離脱。ナビスコ杯準々決勝第2戦の広島戦で85日ぶりに復帰し、2アシストを記録。しかし、リーグ戦では第5節を最後にフル出場がなく、田代有三、興梠慎三の台頭でスタメン落ちも多くなっていた。天皇杯決勝ではダニーロの得点をアシストし、クラブに11個目のタイトルをもたらしたのを置き土産に鹿島を退団した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た稲本潤一

    ドイツW杯2戦目の対クロアチア戦では加地亮のシュートがフリーの位置に詰めていた自身に来たものの、セオリー通りのインサイドでなく難易度の高いアウトサイドを選択し決定機を逃してしまった。。集中力を欠いたパフォーマンスと受け取られ、世界各国から批判される。ジーコも柳沢を批判している。これは、試合後の「急にボールが来たので」とのコメントとあいまって、それまでの代表におけるパフォーマンスの象徴とみなされている。この発言はQBKとの略称が生まれるほどの反響を呼び、同年の現代用語の基礎知識2007年版にも掲載された。なお、帰国後のインタビューにおいて、「加地がシュートを打つ体勢だったから、打つと思ってキーパーにつめていこうという意識だったんですけど、シュートが急にこっちに来て、足を出して・・・。う〜ん、予測できてなかったと言えばそうだった。ああいうのに反応できてこそとは思うし、やっぱり決めるべきチャンスだったと思いますね」と弁明している。また2001年11月7日に行われたキリンチャレンジカップ・イタリア戦で稲本潤一からのパスをアウトサイドからのボレーシュートで先制した記憶が、あの場面でのアウトサイド選択につながったと中山雅史が柳沢の引退セレモニー(2015年7月5日。引退試合と同日)で明かしている。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た角田誠

    2011年、ベガルタ仙台に完全移籍。背番号を今までの13から30にし、移籍会見では背番号だけの得点を決めたいと抱負を語った。開幕戦はベンチ入りしたが出番がなく、震災による中断期間中に古傷の違和感を訴え手術を決断。ベガルタでのデビューは6月16日までずれ込んだ。デビュー後も無得点が続き、特に8月20日の名古屋戦では前線からの積極的な守備によりゴールキーパーからボールを奪うものの、その後のシュートを外してしまい、試合中にもかかわらず味方の角田誠から「柳沢を交代させろ」との声が上がるなどチームの信頼を得るには至らず、ようやくJ1第27節横浜F・マリノス戦で移籍後初ゴールを決める。結局これがシーズン唯一のゴールとなり、シーズン終了を待たずに膝の手術をしたため、公式戦17試合1得点にとどまった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た遠藤保仁

    2013年は開幕からしばらくは故障でメンバーから外れていたが、公式戦初先発となった4月10日のAFCチャンピオンズリーグ4節FCソウル戦で得点を決め、仙台にACL初勝利をもたらした。5月6日の名古屋戦でリーグ戦初得点を記録。柳沢のJ1での得点は16シーズン目となり、第一線を退いているFW中山雅史、神戸FW吉田孝行(同シーズン限りで引退)、G大阪MF遠藤保仁の記録を更新した。夏場にコンディションをあげ、2008年京都時代以来5年ぶりに古巣鹿島相手にも得点した。第34節FC東京戦で相手選手と交錯した際、右足小指を骨折し全治8週間と診断された。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たフィリップ・トルシエ

    1999年に日本代表監督に就任したトルシエの指揮するU-23代表のエースとして期待されていたが、シドニー五輪アジア1次予選最中にチームを無断で抜け出して、当時の恋人梨花と密会していたことが原因となり、チームから強制的に外され、その後も一時期代表に呼ばれなくなった。五輪チームでは長く続いた無得点スランプから抜け出し、やっと得点を決めた直後の出来事であった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た槙野智章

    2014年はグラハム・アーノルド新監督の元、開幕から出場機会に恵まれず、攻撃陣の不調で出番が回ってきた矢先、4月6日の浦和戦で槙野智章と競り合った際に左足腓骨を亀裂骨折し長期離脱することとなった。それでも11月2日のG大阪戦で後半ロスタイムに同点となるリーグ戦初得点を挙げ、J1リーグ戦17シーズン連続得点を記録、自身の持つJリーグ記録を更新した。そして最終節を2日後に控えた12月4日、現役引退が発表された。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た高原直泰

    2000年は6月6日に行われたハッサン2世国王杯のジャマイカ戦でフル代表初ゴールを挙げた。レバノンで開催されたアジアカップ決勝のサウジアラビア戦では高原直泰との交代で途中出場したものの、絶好の決定機にシュートしないなど、消極的なプレーにいらだったトルシエ監督によってわずか7分後に奥大介との交代を命じられた。翌2001年は12得点を挙げ鹿島のJリーグ優勝に貢献しJリーグベストイレブンを受賞した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカー日本代表

    柳沢 敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は、富山県射水郡小杉町(現射水市)出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時のポジションは主にフォワード(FW)。元日本代表柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

104件中 11 - 20件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード