80件中 41 - 50件表示
  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た明仁

    幼稚園児だった1983年10月、その年富山県で開催された第7回全国育樹祭開会式に出席していた皇太子明仁親王・同妃美智子(現在の天皇・皇后)の前で他の園児たちとお遊戯を披露する。子どもたちは美智子妃を「近くにお見せしたいものがある」と誘い、美智子妃は子どもたちと手をつないで走り出し、柳沢も美智子妃のすぐ後ろを走った(その瞬間の報道写真が現在も残っている)。それから18年たった2002年、日本代表対スウェーデンの親善試合を天皇・皇后が観覧した際、選手ひとりひとりに声がけをした際、柳沢は皇后に「昔、富山に来られたときのことをご記憶でございますか」と尋ねた。皇后はすぐに思い出し、柳沢が「そのときにお遊戯をしました」と明かしたところ、大変驚いたという。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た2009年

    2009年もエースとして期待されたが、開幕前に痛めた左ひざの影響で本調子が出ずに4月に半月板の手術のため離脱。第15節に復帰してからは不動のレギュラーとして試合に出続けた。また前年と同じく低迷するチーム事情により本来のポジションではない位置でのプレーを任せられチームの残留に貢献した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た京都サンガF.C.

    1996年に富山第一高校卒業後、鹿島アントラーズに入団し、5月にナビスコ杯福岡戦でプロデビュー。この年はリーグ戦で5得点を挙げている。翌1997年は8得点を挙げて新人王に選出され、更に1998年にも22得点を記録するなど鹿島のエースに成長した。岡田ジャパンでA代表へ初招集され、1998年2月15日の親善試合オーストラリア戦で代表デビューを飾った。4月4日の対京都戦では1試合4得点を記録している。5月5日の対磐田戦でもハットトリックを達成。しかし、代表での得点はなく(後述)、岡田監督からはゴールへの執着心に欠ける点を指摘され、フランスW杯の最終メンバーからは外れた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカークロアチア代表

    2006年の鹿島では背番号は13番をつけ、復帰戦となった3月5日のJ1開幕戦のサンフレッチェ広島戦ではスタメンでフル出場、ハットトリックを達成した。これがJリーグでは、自身3度目のハットトリックとなった。しかし、3月25日の千葉戦で右足の痛みを訴えて交代、翌日に右第5中足骨骨折で全治2カ月と診断された。怪我の影響が心配される中、2006年ドイツW杯日本代表の23人に選出され2試合に出場したが、消極的なプレーに終始し、クロアチア戦では決定機を外し無得点に終わり批判を浴びる。W杯終了後にはレンタル元のメッシーナとの交渉により、鹿島へ完全移籍した。オシム新監督就任後の日本代表には選出されず、J復帰元年は4得点に終わった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たオフ・ザ・ボール

    スペースの作り方、オフ・ザ・ボール、ダイレクトプレーを得意とする選手。2002年日韓W杯での日本の得点、グループステージ突破に貢献した。反面、シュートチャンスでもシュートではなく、パスを選択してしまう欠点がある。本人も「点を取るだけがFWではない」「たとえGKと1対1になっても、必ずしもシュートは打つ必要がない」などと語り、物議を醸したこともある。一方で、高い技術と器用さをフィリップ・トルシエやジーコなど歴代の日本代表監督から評価され、長らく代表招集され続けたフォワードの1人。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たフォワード (サッカー)

    柳沢 敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は、富山県射水郡小杉町(現射水市)出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカーイラン代表

    2004-05シーズンはメッシーナ移籍後、8月22日コッパ・イタリアの1回戦でアチレアレから1ゴール1アシストの活躍でイタリア公式戦初ゴールをあげ、レッジーナとの海峡ダービーで決勝アシストを決め「柳沢は海峡の王様だ」との見出しが地元紙に載るなどしたが、リーグ戦では22試合で無得点に終わる。またこの期間、ジーコからも日本代表の招集がかからなくなった時期があった。シーズン途中からMFとして主に左サイドで起用されるようになる。W杯アジア最終予選イラン戦を控えた2005年3月22日、藤田俊哉の負傷離脱後に日本代表に緊急招集。これが2004年7月13日の親善試合セルビア・モンテネグロ戦以来8カ月ぶりの招集だった。イラン戦では途中出場を果たし、福西のゴールにつながるポストプレイをこなした。6月3日のバーレーン戦では1トップとして先発に復帰し、W杯出場のかかった6月8日の北朝鮮戦では5試合523分ぶりの得点を挙げた。またコンフェデレーションズ杯のメキシコ戦では難易度の高いゴールを決める活躍を見せた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たAFCアジアカップ2000

    2000年は6月6日に行われたハッサン2世国王杯のジャマイカ戦でA代表初ゴールを挙げた。レバノンで開催されたアジアカップサウジアラビア戦では高原直泰との交代で途中出場したものの、絶好の決定機にシュートしないなど、消極的なプレーにいらだったトルシエ監督によってわずか7分後に奥大介との交代を命じられた。翌2001年は12得点を挙げ鹿島のJリーグ優勝に貢献しJリーグベストイレブンを受賞した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た2002 FIFAワールドカップ

    スペースの作り方、オフ・ザ・ボール、ダイレクトプレーを得意とする選手。2002年日韓W杯での日本の得点、グループステージ突破に貢献した。反面、シュートチャンスでもシュートではなく、パスを選択してしまう欠点がある。本人も「点を取るだけがFWではない」「たとえGKと1対1になっても、必ずしもシュートは打つ必要がない」などと語り、物議を醸したこともある。一方で、高い技術と器用さをフィリップ・トルシエやジーコなど歴代の日本代表監督から評価され、長らく代表招集され続けたフォワードの1人。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカーのポジション

    柳沢 敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は、富山県射水郡小杉町(現射水市)出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード