104件中 51 - 60件表示
  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たUCサンプドリア

    2003年 - 2004年 UCサンプドリア (レンタル移籍)柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカーホンジュラス代表

    2005-06シーズン開幕前には柳沢本人が残留を希望し、メッシーナに完全移籍を果たす。ただ、この時はメッシーナ側に移籍金を満額払える余裕はなかったため移籍金の半額だけ払うという「共同保有」の形を取った。そのため、契約が満了した場合の優先交渉権は鹿島に残り、Jリーグのクラブが獲得を打診する際の窓口も鹿島になるという形を取った。シーズン開幕前には今年の注目選手として特集記事を組まれるなど、一定の評価を得ていたが、出場機会は乏しくノーゴールが続いた。苦しい時期が続いたが日本代表に招集されたホンジュラス戦では2ゴールを挙げるなどの活躍もみせた。ドイツW杯の出場に向け、12月には出場機会の少ないことに不満を訴えクラブに移籍を希望。2006年2月28日に契約は解除され、2006年3月からW杯終了の6月末まで古巣鹿島への期限付き移籍という形で了承された。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカーイタリア代表

    ドイツW杯2戦目の対クロアチア戦では加地亮のシュートがフリーの位置に詰めていた自身に来たものの、セオリー通りのインサイドでなく難易度の高いアウトサイドを選択し決定機を逃してしまった。。集中力を欠いたパフォーマンスと受け取られ、世界各国から批判される。ジーコも柳沢を批判している。これは、試合後の「急にボールが来たので」とのコメントとあいまって、それまでの代表におけるパフォーマンスの象徴とみなされている。この発言はQBKとの略称が生まれるほどの反響を呼び、同年の現代用語の基礎知識2007年版にも掲載された。なお、帰国後のインタビューにおいて、「加地がシュートを打つ体勢だったから、打つと思ってキーパーにつめていこうという意識だったんですけど、シュートが急にこっちに来て、足を出して・・・。う〜ん、予測できてなかったと言えばそうだった。ああいうのに反応できてこそとは思うし、やっぱり決めるべきチャンスだったと思いますね」と弁明している。また2001年11月7日に行われたキリンチャレンジカップ・イタリア戦で稲本潤一からのパスをアウトサイドからのボレーシュートで先制した記憶が、あの場面でのアウトサイド選択につながったと中山雅史が柳沢の引退セレモニー(2015年7月5日。引退試合と同日)で明かしている。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサッカー朝鮮民主主義人民共和国代表

    2004-05シーズンはメッシーナ移籍後、8月22日コッパ・イタリアの1回戦でアチレアレから1ゴール1アシストの活躍でイタリア公式戦初ゴールをあげ、レッジーナとの海峡ダービーで決勝アシストを決め「柳沢は海峡の王様だ」との見出しが地元紙に載るなどしたが、 リーグ戦では22試合で無得点に終わる。またこの期間、ジーコからも日本代表の招集がかからなくなった時期があった。シーズン途中からMFとして主に左サイドで起用されるようになる。W杯アジア最終予選イラン戦を控えた2005年3月22日、藤田俊哉の負傷離脱後に日本代表に緊急招集。これが2004年7月13日の親善試合セルビア・モンテネグロ戦以来8カ月ぶりの招集だった。イラン戦では途中出場を果たし、福西のゴールにつながるポストプレイをこなした。6月3日のバーレーン戦では1トップとして先発に復帰し、W杯出場のかかった6月8日の北朝鮮戦では5試合523分ぶりの決勝ゴールを挙げた。またコンフェデレーションズ杯のメキシコ戦では難易度の高いゴールを決める活躍を見せた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たFIFAワールドカップ

    世界選抜にも選ばれたことがある。Jリーグ ディビジョン1在籍17年連続ゴールのリーグ記録を持つ(2014年時点)。2002年と2006年にはFIFAワールドカップを経験している。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たキリンチャレンジカップ

    ドイツW杯2戦目の対クロアチア戦では加地亮のシュートがフリーの位置に詰めていた自身に来たものの、セオリー通りのインサイドでなく難易度の高いアウトサイドを選択し決定機を逃してしまった。。集中力を欠いたパフォーマンスと受け取られ、世界各国から批判される。ジーコも柳沢を批判している。これは、試合後の「急にボールが来たので」とのコメントとあいまって、それまでの代表におけるパフォーマンスの象徴とみなされている。この発言はQBKとの略称が生まれるほどの反響を呼び、同年の現代用語の基礎知識2007年版にも掲載された。なお、帰国後のインタビューにおいて、「加地がシュートを打つ体勢だったから、打つと思ってキーパーにつめていこうという意識だったんですけど、シュートが急にこっちに来て、足を出して・・・。う〜ん、予測できてなかったと言えばそうだった。ああいうのに反応できてこそとは思うし、やっぱり決めるべきチャンスだったと思いますね」と弁明している。また2001年11月7日に行われたキリンチャレンジカップ・イタリア戦で稲本潤一からのパスをアウトサイドからのボレーシュートで先制した記憶が、あの場面でのアウトサイド選択につながったと中山雅史が柳沢の引退セレモニー(2015年7月5日。引退試合と同日)で明かしている。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た清水エスパルス

    2010年から佐藤勇人の移籍を受け、サンガの新主将に任命された。5月5日の清水戦で、史上6人目のJリーグ通算100ゴールを達成した 際、前日に第一子(長男)が誕生したことで、京都の他の出場選手と共に「ゆりかごダンス」を披露した。しかし、クラブはその後も低迷が続き、J2降格が濃厚になった11月にクラブから戦力外通告を受ける。この決定に対し、サポーターからは疑問の声が上がり、公式サイトにて声明文が発表されるJクラブでは異例の事態となった。2008年以来の凱旋となった鹿島戦では、これまでの労をねぎらった横断幕が鹿島サポーターから掲げられ、交代時には大きな拍手が沸き起こった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たFC東京

    2013年は開幕からしばらくは故障でメンバーから外れていたが、公式戦初先発となった4月10日のAFCチャンピオンズリーグ4節FCソウル戦で得点を決め、仙台にACL初勝利をもたらした。5月6日の名古屋戦でリーグ戦初得点を記録。柳沢のJ1での得点は16シーズン目となり、第一線を退いているFW中山雅史、神戸FW吉田孝行(同シーズン限りで引退)、G大阪MF遠藤保仁の記録を更新した。夏場にコンディションをあげ、2008年京都時代以来5年ぶりに古巣鹿島相手にも得点した。第34節FC東京戦で相手選手と交錯した際、右足小指を骨折し全治8週間と診断された。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た高校総体

    1977年生まれ。当時父親は地元の運送会社に勤めていたが、後にラーメン店を開いた。柳沢は小学校1年になると小杉SSCに入団してサッカーを始め、中学時代にはFCひがしジュニアユースに所属し、U-15日本代表に選出されている。富山第一高等学校では3年連続で国体および高校総体への出場を経験し、高校3年時の高校選手権では超高校級選手として大会の目玉となりJリーグのスカウトの注目を集めた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たサンフレッチェ広島

    2006年の鹿島では背番号は13番をつけ、復帰戦となった3月5日のJ1開幕戦のサンフレッチェ広島戦ではスタメンでフル出場、ハットトリックを達成した。これがJリーグでは、自身3度目のハットトリックとなった。しかし、3月25日の千葉戦で右足の痛みを訴えて交代、翌日に右第5中足骨骨折で全治2カ月と診断された。怪我の影響が心配される中、2006年ドイツW杯日本代表の23人に選出され2試合に出場したが、消極的なプレーに終始し、クロアチア戦では決定機を外し無得点に終わり批判を浴びる。W杯終了後にはレンタル元のメッシーナとの交渉により、鹿島へ完全移籍した。オシム新監督就任後の日本代表には選出されず、J復帰元年は4得点に終わった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード