1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た日本年間最優秀選手賞

    2001年 - Jリーグベストイレブン、日本年間最優秀選手賞、Jリーグ優秀選手賞柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た日本プロサッカーリーグ

    1977年生まれ。当時父親は地元の運送会社に勤めていたが、後にラーメン店を開いた。柳沢は小学校1年になると小杉SSCに入団してサッカーを始め、中学時代にはFCひがしジュニアユースに所属し、U-15日本代表に選出されている。富山第一高等学校では3年連続で国体および高校総体への出場を経験し、高校3年時の高校選手権では超高校級選手として大会の目玉となりJリーグのスカウトの注目を集めた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たセリエA (サッカー)

    2002年の日韓ワールドカップにもFWとして選出された。W杯ではゴールを決めることができなかったが、ロシア戦で決勝点につながるアシストを記録するなど活躍をみせた。中田英寿からもチーム内のMVPとして戸田と共に名前を挙げられている。これらの活躍が評価され、2003-04シーズン開幕前にイタリアセリエAの古豪サンプドリアに期限付きで初の海外移籍を果たした。同年12月24日にはモデルの小畑由香里と入籍。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た主将

    2007年シーズン前には本田泰人の引退を受けて鹿島の新主将、選手会長に就任した。ナビスコ杯準々決勝第2戦の広島戦で85日ぶりに復帰し、2アシストを記録。しかし、リーグ戦では第5節を最後にフル出場がなく、田代有三、興梠慎三の台頭でスタメン落ちも多くなっていた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た2006 FIFAワールドカップ日本代表

    2006年の鹿島では背番号は13番をつけ、復帰戦となった3月5日のJ1開幕戦のサンフレッチェ広島戦ではスタメンでフル出場、ハットトリックを達成した。これがJリーグでは、自身3度目のハットトリックとなった。しかし、3月25日の千葉戦で右足の痛みを訴えて交代、翌日に右第5中足骨骨折で全治2カ月と診断された。怪我の影響が心配される中、2006年ドイツW杯日本代表の23人に選出され2試合に出場したが、消極的なプレーに終始し、クロアチア戦では決定機を外し無得点に終わり批判を浴びる。W杯終了後にはレンタル元のメッシーナとの交渉により、鹿島へ完全移籍した。オシム新監督就任後の日本代表には選出されず、J復帰元年は4得点に終わった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たシドニーオリンピック

    1999年に日本代表監督に就任したトルシエの指揮するU-23代表のエースとして期待されていたが、シドニー五輪アジア1次予選最中にチームを無断で抜け出して、当時の恋人梨花と密会していたことが原因となり、チームから強制的に外され、その後も一時期代表に呼ばれなくなった。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た現代用語の基礎知識

    ドイツW杯2戦目の対クロアチア戦では加地亮からGKのタイミングを外したラストパスを無人のゴール前で受け、難易度の高いアウトサイドで自らとは反対側のゴール外にいるゴールキーパーの股下を抜いて外した。集中力を欠いたパフォーマンスと受け取られ、世界各国から批判される。ジーコも柳沢を批判している。これは、試合後の「急にボールが来たので」とのコメントとあいまって、それまでの代表におけるパフォーマンスの象徴とみなされている。この発言はQBKとの略称が生まれるほどの反響を呼び、同年の現代用語の基礎知識2007年版にも掲載された。なお、帰国後のインタビューにおいて、「加地がシュートを打つ体勢だったから、打つと思ってキーパーにつめていこうという意識だったんですけど、シュートが急にこっちに来て、足を出して・・・。う〜ん、予測できてなかったと言えばそうだった。ああいうのに反応できてこそとは思うし、やっぱり決めるべきチャンスだったと思いますね」と弁明している。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見た富山県

    柳沢 敦(やなぎさわ あつし、1977年5月27日 - )は、富山県射水郡小杉町(現射水市)出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。元日本代表。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たJリーグベストイレブン

    2000年は6月6日に行われたハッサン2世国王杯のジャマイカ戦でA代表初ゴールを挙げた。レバノンで開催されたアジアカップサウジアラビア戦では高原直泰との交代で途中出場したものの、絶好の決定機にシュートしないなど、消極的なプレーにいらだったトルシエ監督によってわずか7分後に奥大介との交代を命じられた。翌2001年は12得点を挙げ鹿島のJリーグ優勝に貢献しJリーグベストイレブンを受賞した。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

  • 柳沢敦

    柳沢敦から見たデルビー・デッロ・ストレット

    2004-05シーズンはメッシーナ移籍後、8月22日コッパ・イタリアの1回戦でアチレアレから1ゴール1アシストの活躍でイタリア公式戦初ゴールをあげ、レッジーナとの海峡ダービーで決勝アシストを決め「柳沢は海峡の王様だ」との見出しが地元紙に載るなどしたが、リーグ戦では22試合で無得点に終わる。またこの期間、ジーコからも日本代表の招集がかからなくなった時期があった。シーズン途中からMFとして主に左サイドで起用されるようになる。W杯アジア最終予選イラン戦を控えた2005年3月22日、藤田俊哉の負傷離脱後に日本代表に緊急招集。これが2004年7月13日の親善試合セルビア・モンテネグロ戦以来8カ月ぶりの招集だった。イラン戦では途中出場を果たし、福西のゴールにつながるポストプレイをこなした。6月3日のバーレーン戦では1トップとして先発に復帰し、W杯出場のかかった6月8日の北朝鮮戦では5試合523分ぶりの得点を挙げた。またコンフェデレーションズ杯のメキシコ戦では難易度の高いゴールを決める活躍を見せた。柳沢敦 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「柳沢敦」のニューストピックワード