前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • 伊勢英子

    伊勢英子から見た柳田邦男柳田邦男

    伊勢 英子(いせ ひでこ、1949年5月13日 - )は、日本の絵本作家。夫はノンフィクション作家の柳田邦男。しばしば「いせひでこ」名義でも活躍している。伊勢英子 フレッシュアイペディアより)

  • 講談社ノンフィクション賞

    講談社ノンフィクション賞から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『ガン回廊の朝』(講談社)講談社ノンフィクション賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大田正一

    大田正一から見た柳田邦男柳田邦男

    戦後、大田の桜花提案は上層部がボトムアップの形で特攻を進めるために作った隠れ蓑だったのではないかという陰謀論があった。しかしながら、大田の奔走、採用の過程など事実関係が明らかになるにつれて、その根拠は既になくなっている。大田を追跡調査した作家秦郁彦は、大田の桜花発案の背後に誰かいると思っていたが、大田探しの過程で彼に対するイメージは少しずつ変わっていき、桜花の着想は大田のオリジナルだと思うようになったという。作家柳田邦男も「大田少尉は結局、時流に乗った目立ちたがり屋の発明狂でしかなかったのかも知れない」と結んでいる。大田正一 フレッシュアイペディアより)

  • 寺崎英成

    寺崎英成から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『マリコ』の主人公のモデルであり、この作品は、1981年にNHKでドラマとして放送された(主演の寺崎役は滝田栄)。娘のマリコの家族が寺崎の遺品(保管していた文書類)から、昭和天皇が側近・侍従などを相手に、帝国日本の事情や開戦に至るまで経緯などが、率直に語られた記録(昭和天皇独白録)が、1990年に『文藝春秋』で発表され話題を呼んだ。寺崎英成 フレッシュアイペディアより)

  • 河合隼雄

    河合隼雄から見た柳田邦男柳田邦男

    対談・座談の名手であり、対談集や共著が多い。また上記の山口昌男や中村雄二郎をはじめ、梅原猛、鶴見俊輔、森毅、白洲正子、安野光雅、山折哲雄、谷川俊太郎、柳田邦男、養老孟司、工藤直子、安藤忠雄、村上春樹、中沢新一など交友関係は多岐に渡った。河合隼雄 フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・インノチェンティ

    ロベルト・インノチェンティから見た柳田邦男柳田邦男

    『エリカ奇跡のいのち』 ルース・バンダー・ジー文 柳田邦男訳 講談社 2004ロベルト・インノチェンティ フレッシュアイペディアより)

  • 徳永進

    徳永進から見た柳田邦男柳田邦男

    『いのちの言葉 対談集』柳田邦男、山崎章郎、道浦母都子、高史明、細谷亮太共著 三輪書店 2005徳永進 フレッシュアイペディアより)

  • 勝部領樹

    勝部領樹から見た柳田邦男柳田邦男

    島根県佐田町出身。青山学院大学を卒業してNHKに入局し、故郷に近い松江放送局が初任であった。以後、社会部の記者として活動。1966年に旅客機墜落事故が連続して発生した当時はNHK本局の社会部キャップを務めており、勝部の下で遊軍記者だった柳田邦男がこれらの事故を題材にして刊行した『マッハの恐怖』には当時の勝部が登場している。勝部領樹 フレッシュアイペディアより)

  • 東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会

    東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男(作家、科学評論家)東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 枝原百合一

    枝原百合一から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『零式戦闘機』文春文庫、1989年。枝原百合一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード