85件中 11 - 20件表示
  • 山崎章郎

    山崎章郎から見た柳田邦男柳田邦男

    『いのちの言葉 対談集』柳田邦男,道浦母都子,徳永進,高史明,細谷亮太共著 三輪書店 2005山崎章郎 フレッシュアイペディアより)

  • 産田健一郎

    産田健一郎から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男著『零式戦闘機』文藝春秋、1980年。ISBN 9784167240011産田健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 美里泰伸

    美里泰伸から見た柳田邦男柳田邦男

    美里は財界人脈に強く、そのあたりの事情について、ノンフィクション作家・評論家の柳田邦男が『事実を見る眼』(昭和57年5月、新潮社刊)の101頁から109頁に美里評を書いている。また、右翼人脈にも強く、1982年(昭和57年)には『週刊文春』に、「児玉誉士夫の戦後事件史」を7週間連載している。児玉が死去した日の通夜に、児玉邸内に入った唯一のジャーナリストは美里である(当時のが報じている)。美里泰伸 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦夫

    柳田邦夫から見た柳田邦男柳田邦男

    民俗学者の柳田國男、ノンフィクション作家、評論家の柳田邦男(1936年生れ)としばしば混同されるが別人。柳田邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中健五

    田中健五から見た柳田邦男柳田邦男

    広島県広島市出身。 都立一中から1945年4月、海軍兵学校に第77期生として入学するも敗戦により退校、旧制東京高校経て、1953年東京大学文学部独文科卒業。就職難の時代、たまたま文藝春秋新社(現文藝春秋)の試験を受け入社。「菊池寛を知らない初めての社長」と後年業界で話題となる。『文学界』編集部時代には、当時の新人作家・石原慎太郎、江藤淳らと付き合い人脈を形成した。その後『大世界史』の通史を任され林健太郎ら学者との出会いも大きな財産となった。1963年出版部次長の後、1969年オピニオン誌『諸君!』創刊に際し初代編集長に抜擢。本田靖春、柳田邦男、岩川隆らのライターを育てた。また三島由紀夫の父平岡梓に回想記を書かせた。田中健五 フレッシュアイペディアより)

  • 零戦ニ欠陥アリ

    零戦ニ欠陥アリから見た柳田邦男柳田邦男

    番組では、それらの資料に基づき、航空力学の専門家、鈴木真二東大教授と、作家の柳田邦男が考察し、現在の技術視点での証明と、技術者と軍上層部の理念の相違、前線での実情と軍令部の作戦や航空本部の運用計画との乖離を、再現シーンを交えた構成でまとめている。試験中の墜落事故の原因となった、昇降舵のフラッターに対する曽根の直筆メモや、飛行士が高速時に撮影した、機体の外板が桁の変形で波打つ様子があらわな写真も紹介されている。零戦ニ欠陥アリ フレッシュアイペディアより)

  • 日本文学大賞

    日本文学大賞から見た柳田邦男柳田邦男

    安部公房、高坂正堯、司馬遼太郎、柳田邦男、山本七平日本文学大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 満月をまって

    満月をまってから見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男は、2001年のインタビューで、「最近いいなと感じた大人にすすめる絵本」のひとつに『満月をまって』をあげている。満月をまって フレッシュアイペディアより)

  • 蓮如賞

    蓮如賞から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男(ノンフィクション作家)蓮如賞 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊現代

    月刊現代から見た柳田邦男柳田邦男

    講談社ノンフィクション賞の発表誌でもある。立花隆、児玉隆也、本田靖春、鈴木明、千田夏光などニュー・ジャーナリズムの旗手が集まった他にも、柳田邦男、保阪正康、佐野眞一、吉岡忍、溝口敦、野村進、高山文彦などノンフィクション作家の活躍の場になっていた。月刊現代 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード