74件中 11 - 20件表示
  • 柳田邦夫

    柳田邦夫から見た柳田邦男柳田邦男

    民俗学者の柳田國男、ノンフィクション作家、評論家の柳田邦男(1936年生れ)としばしば混同されるが別人。柳田邦夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木松美

    鈴木松美から見た柳田邦男柳田邦男

    大韓航空機撃墜事件(無線通信内容の解析:柳田邦男からの依頼)鈴木松美 フレッシュアイペディアより)

  • 零戦ニ欠陥アリ

    零戦ニ欠陥アリから見た柳田邦男柳田邦男

    番組では、それらの資料に基づき、航空力学の専門家、鈴木真二東大教授と、作家の柳田邦男が考察し、現在の技術視点での証明と、技術者と軍上層部の理念の相違、前線での実情と軍令部の作戦や航空本部の運用計画との乖離を、再現シーンを交えた構成でまとめている。試験中の墜落事故の原因となった、昇降舵のフラッターに対する曽根の直筆メモや、飛行士が高速時に撮影した、機体の外板が桁の変形で波打つ様子があらわな写真も紹介されている。零戦ニ欠陥アリ フレッシュアイペディアより)

  • 田中健五

    田中健五から見た柳田邦男柳田邦男

    広島県広島市出身。 都立一中から1945年4月、海軍兵学校に第77期生として入学するも敗戦により退校、旧制東京高校経て、1953年東京大学文学部独文科卒業。就職難の時代、たまたま文藝春秋新社(現文藝春秋)の試験を受け入社。「菊池寛を知らない初めての社長」と後年業界で話題となる。『文学界』編集部時代には、当時の新人作家・石原慎太郎、江藤淳らと付き合い人脈を形成した。その後『大世界史』の通史を任され林健太郎ら学者との出会いも大きな財産となった。1963年出版部次長の後、1969年オピニオン誌『諸君!』創刊に際し初代編集長に抜擢。本田靖春、柳田邦男、岩川隆らのライターを育てた。また三島由紀夫の父平岡梓に回想記を書かせた。田中健五 フレッシュアイペディアより)

  • ナショナル航空27便エンジン破損事故

    ナショナル航空27便エンジン破損事故から見た柳田邦男柳田邦男

    この事故の概要を柳田邦男の著書「航空事故」(中央公論社刊、1975年)で記されているが、この事故を敵役が銃撃で割れた窓から空中に吸い出された007 ゴールドフィンガーのクライマックスシーンになぞらえ「007の恐怖」と表現している。ナショナル航空27便エンジン破損事故 フレッシュアイペディアより)

  • 蓮如賞

    蓮如賞から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男(ノンフィクション作家)蓮如賞 フレッシュアイペディアより)

  • マッハの恐怖

    マッハの恐怖から見た柳田邦男柳田邦男

    『マッハの恐怖』(マッハのきょうふ)は、柳田邦男による航空事故の原因を究明したノンフィクション作品である。第3回(1972年)大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。マッハの恐怖 フレッシュアイペディアより)

  • 英国欧州航空548便墜落事故

    英国欧州航空548便墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    まず当便の機長とそのほかの操縦乗員とでは大きな年齢差があり、人間関係がうまくいっていなかった。また搭乗前に事故機の機長はストライキ決行に関する労使関係の問題について、別の若い労働組合側の機長と大きな声を張り上げるほどの大喧嘩をしていたことが判明した。また操縦室内に八つ当たりの落書きを残すほど機長が立腹していたことも判明した。また機長の検死から、心臓動脈の血管がコレステロールで細くなっていたか、動脈硬化を患っていたことが判明した。そしてストレスが原因と思われる血管亀裂が機長の胸部大動脈に発見されたため、少なくとも口論していた事故2時間前から出血が始まっており、離陸直後の重大な場面で苦痛のために意識喪失したとされた。(この時の苦痛は死に至るものではないとされるが、柳田邦男の「続・マッハの恐怖」では死亡したとされるなど意見が分かれている)英国欧州航空548便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 大宅壮一ノンフィクション賞

    大宅壮一ノンフィクション賞から見た柳田邦男柳田邦男

    年現在の審査員は猪瀬直樹、関川夏央、立花隆、西木正明、藤原作弥、柳田邦男大宅壮一ノンフィクション賞 フレッシュアイペディアより)

  • 弘前学院大学

    弘前学院大学から見た柳田邦男柳田邦男

    2005年10月1日。弘前市民会館において、弘前学院創立120周年記念式典が行われる。記念式典の次に行われた特別記念講演では、ノンフィクション作家の柳田邦男が講演。弘前学院大学 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード