74件中 21 - 30件表示
  • 枝原百合一

    枝原百合一から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『零式戦闘機』文春文庫、1989年。枝原百合一 フレッシュアイペディアより)

  • 三井信雄

    三井信雄から見た柳田邦男柳田邦男

    1961年、NHKはコンピュータ導入による合理化に着手することになり、三井もそのプロジェクトの一員に選ばれる。このプロジェクト・メンバーには、後にNHK会長となるプロデューサーの川口幹夫、ディレクターの和田勉、後にノンフィクション作家となる記者の柳田邦男もいた。プロジェクト発足当初から三井は使用するコンピュータにIBM機を選定し、1968年、プロジェクト・リーダーの一人として、IBMの「システム360」を使用した、?スケジュール管理 ?制作に必要な機材割当て ?番組の自動送出の機能を備えた「番組技術システム(通称:TOPICS(Total Online Program and Information Control System))」を始動させる。三井信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空松山沖墜落事故

    全日空松山沖墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男によれば、航空局の橋林寄一主席飛行審査菅は、片方のプロペラ(イギリス・ロートル社製)がエンジン本体から大きく離れたところで発見されたので、事故機のエンジンの一つが停止もしくはプロペラが破損脱落したために、上昇姿勢が維持できなくなり墜落したと主張したが、採用されなかったという。全日空松山沖墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 大田正一

    大田正一から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『零戦燃ゆ』5(文春文庫、1993年) ISBN 4-16-724013-0大田正一 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故

    ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男 「航空事故」(中央公論社・中公新書 1975年)ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日デイリーニューズWaiWai問題

    毎日デイリーニューズWaiWai問題から見た柳田邦男柳田邦男

    社内調査結果では英文サイト問題と呼んだり、柳田邦男や玉木明のコメントとしてネット社会の問題点に言及した。要因の分析としてもWeb サイトへ移行をした時の問題とし、日本人スタッフが減少して担当が外国人のみになったことをあげている。毎日デイリーニューズWaiWai問題 フレッシュアイペディアより)

  • 国立がん研究センター

    国立がん研究センターから見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男の『ガン回廊の朝』に、本センターの研究者が深夜の帰宅時に電車の車中から東京医科歯科大学の研究室に煌々と灯りが灯っているのを見てショックを受け、その対抗心から本センターの研究者達も終電ぎりぎりまで研究に打ち込むようになったエピソードが記されている。国立がん研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 国立がん研究センター

    国立がん研究センターから見たガン回廊の朝柳田邦男

    柳田邦男の『ガン回廊の朝』に、本センターの研究者が深夜の帰宅時に電車の車中から東京医科歯科大学の研究室に煌々と灯りが灯っているのを見てショックを受け、その対抗心から本センターの研究者達も終電ぎりぎりまで研究に打ち込むようになったエピソードが記されている。国立がん研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 烏賀陽弘道

    烏賀陽弘道から見た柳田邦男柳田邦男

    京都府京都市出身。父は著述家烏賀陽正弘。1969年に京都市立金閣小学校(入学当時は第二衣笠小学校)、景品のラジオで深夜放送を聞きポピュラー音楽に触れる。1975年に同志社中学校入学。文章を書くことが好きになる。本多勝一、立花隆、柳田邦男らの著作を愛読。1978年に同志社高等学校入学。パンクロックに傾倒。ベースギターを弾き始める。1982年に京都大学経済学部入学。在学中は「世界経済論」を専攻する一方で、活発にバンド活動を行う。1986年に朝日新聞社入社。入社後は、三重県津支局、愛知県岡崎支局、名古屋本社社会部で事件記者を5年経験。記者として初めて書いた記事は交通遺児募金についての警察発表。この時期に記者として基本的な能力である、記事の元となる素材を検証する能力を身につけた。1986年4月、三重県津支局に配属。記者としての基本を学ぶ。1988年、愛知県岡崎支局に転勤。東京本社のリクルート事件の取材に関わる。1989年、名古屋本社社会部に転勤。1991年から2001年まで週刊誌「AERA」の編集部で記者を務める。AERAでは音楽・文化を担当。作家になる前の町田康を表紙にし、新人だった鳥肌実を取り上げた。 最初に書いた音楽記事はロバート・ジョンソンについてのもの。烏賀陽弘道 フレッシュアイペディアより)

  • 山本七平

    山本七平から見た柳田邦男柳田邦男

    西暦2000年そのとき日本は 柳田邦男共編 講談社 1984山本七平 フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード