85件中 31 - 40件表示
  • 三井信雄

    三井信雄から見た柳田邦男柳田邦男

    1961年、NHKはコンピュータ導入による合理化に着手することになり、三井もそのプロジェクトの一員に選ばれる。このプロジェクト・メンバーには、後にNHK会長となるプロデューサーの川口幹夫、ディレクターの和田勉、後にノンフィクション作家となる記者の柳田邦男もいた。プロジェクト発足当初から三井は使用するコンピュータにIBM機を選定し、1968年、プロジェクト・リーダーの一人として、IBMの「システム/360」と「1800システム」(アナログ・ディジタル変換用)を使用した、?スケジュール管理 ?制作に必要な機材割当て ?番組の自動送出の機能を備えた「番組技術システム(通称:TOPICS(Total Online Program and Information Control System))」を始動させる。三井信雄 フレッシュアイペディアより)

  • 臨死体験

    臨死体験から見た柳田邦男柳田邦男

    日本では『日本霊異記』『今昔物語』『宇治拾遺物語』『扶桑略記』『日本往生極楽記』などに臨死体験そっくりの記述がある。柳田邦男の「遠野物語」には臨死体験の話が豊富に含まれている。臨死体験 フレッシュアイペディアより)

  • ヤヌシュ・コルチャック

    ヤヌシュ・コルチャックから見た柳田邦男柳田邦男

    トメク・ボガツキ『コルチャック先生 子どもの権利条約の父』(柳田邦男・訳、講談社、2011年)ヤヌシュ・コルチャック フレッシュアイペディアより)

  • マリコ・テラサキ・ミラー

    マリコ・テラサキ・ミラーから見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『マリコ』 新潮社 1980年、新潮文庫 1983年マリコ・テラサキ・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • 全日空羽田沖墜落事故

    全日空羽田沖墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    その後の調査では、「操縦ミスによる高度低下」、「第3エンジンの離脱による高度低下」、「スポイラーの誤作動による高度低下」が主に取りざたされた。このような中で、事故調査をめぐり事故技術調査団が紛糾した。事故技術調査団の山名正夫・明治大学教授が、事故後早い段階から、操縦ミス説を主張する団長・木村秀政日本大学教授らと対立し、辞任した。これらの事故調査団内の対立と、内幕・事故調査の進展は、当時NHK社会部記者で事故についての取材を行った柳田邦男の『マッハの恐怖』に詳細に記されている。全日空羽田沖墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンス・デーケン

    アルフォンス・デーケンから見た柳田邦男柳田邦男

    『とグリーフケア』柳田邦男共編 春秋社 1997アルフォンス・デーケン フレッシュアイペディアより)

  • 烏賀陽弘道

    烏賀陽弘道から見た柳田邦男柳田邦男

    1975年、同志社中学校入学。文章を書くことが好きになる。本多勝一、立花隆、柳田邦男らの著作を愛読。烏賀陽弘道 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤正治

    後藤正治から見た柳田邦男柳田邦男

    『リターンマッチ』文芸春秋、1994 のち文庫 解説:柳田邦男  後藤正治 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故

    ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男 「航空事故」(中央公論社・中公新書 1975年)ルフトハンザドイツ航空540便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 堀越二郎

    堀越二郎から見た柳田邦男柳田邦男

    『零戦燃ゆ』(1984年)東宝映画 - 原作:柳田邦男。監督:舛田利雄。演じた俳優:北大路欣也。堀越二郎 フレッシュアイペディアより)

85件中 31 - 40件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード