74件中 31 - 40件表示
  • 枕崎台風

    枕崎台風から見た柳田邦男柳田邦男

    室戸台風、伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。被害者の内訳は死者2,473人、行方不明者1,283人、負傷者2,452人。終戦直後のことであり、気象情報が少なく防災体制も不十分であったため、各地で大きな被害が発生した。特に広島県では死者・行方不明者合わせて2,000人を超えるなど被害は甚大であり、原爆の惨禍に追い打ちをかけた。また、柳田邦男のノンフィクション小説『空白の天気図』の題材にもなった。枕崎台風 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎章郎

    山崎章郎から見た柳田邦男柳田邦男

    『いのちの言葉 対談集』柳田邦男,道浦母都子,徳永進,高史明,細谷亮太共著 三輪書店 2005山崎章郎 フレッシュアイペディアより)

  • 細谷亮太

    細谷亮太から見た柳田邦男柳田邦男

    『いのちの言葉 対談集』柳田邦男、山崎章郎、道浦母都子、徳永進,高史明共著 三輪書店 2005細谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 徳永進

    徳永進から見た柳田邦男柳田邦男

    『いのちの言葉 対談集』柳田邦男、山崎章郎、道浦母都子、高史明、細谷亮太共著 三輪書店 2005徳永進 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊現代

    月刊現代から見た柳田邦男柳田邦男

    講談社ノンフィクション賞の発表誌でもある。立花隆、児玉隆也、本田靖春、鈴木明、千田夏光などニュー・ジャーナリズムの旗手が集まった他にも、柳田邦男、保阪正康、佐野眞一、吉岡忍、溝口敦、野村進、高山文彦などノンフィクション作家の活躍の場になっていた。月刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故

    日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故から見た柳田邦男柳田邦男

    1972年、日本航空は日本航空ニューデリー墜落事故、日本航空シェレメーチエヴォ墜落事故をはじめとする航空事故を多発させており、柳田邦男は著書「続・マッハの恐怖」中で、「”ミス”が連続して起こるような土壌を育てた経営的な問題ないし会社の体質というべき問題」があると指摘している。日本航空ボンベイ空港誤認着陸事故 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野真弓

    浅野真弓から見た柳田邦男柳田邦男

    マリコ (1981年、NHK) 柳田邦男原作 浅野真弓 フレッシュアイペディアより)

  • 英国海外航空機空中分解事故

    英国海外航空機空中分解事故から見た柳田邦男柳田邦男

    事故原因調査の過程では、本事故以前に同じ911便(別の機長)が何度か富士山上空を経由して飛行したことが確認されている。このことは柳田邦男の「マッハの恐怖」に触れられており、2月5日の911便の飛行は乗客が撮影した富士山頂の写真もあったが、この時の飛行は富士山の北側からであった。事故調査報告書によれば、「富士経由の有視界飛行は、もし、それが航空機の進行を促進するために行われたものであるならば、機長の裁量に属することである。ただ、この場合における有視界上昇を要求した理由については、旅客に富士山をよりよく見せようとすることと関連があったかも知れないが、これを明らかにすることはできなかった」のだという。事故調査委員会はこの事にも注目し検証を行うも、事故機機長が富士経由の飛行を決断した理由を明確化できておらず、さらにはイギリス側調査団より東京航空地方気象台の乱気流警報発令が事故後2時間半後であるのに事故機機長が予知可能かとの反論等もあり、結局航空会社は事故に対して不可抗力であったと表明している。英国海外航空機空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • マリコ・テラサキ・ミラー

    マリコ・テラサキ・ミラーから見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『マリコ』 新潮社 1980年、新潮文庫 1983年マリコ・テラサキ・ミラー フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンス・デーケン

    アルフォンス・デーケンから見た柳田邦男柳田邦男

    『とグリーフケア』柳田邦男共編 春秋社 1997アルフォンス・デーケン フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード