85件中 61 - 70件表示
  • 佐古地区

    佐古地区から見た柳田邦男柳田邦男

    「サコ」とは、柳田邦男の『地名の研究』(1948) によると「一つの水流の岸が連続して平地を作っている所」、『阿波志』によると「山谷で水がないもの」という。佐古地区は近世以前には鮎喰川の氾濫原で、洪水時に鮎喰川が佐古川を流れ流域は水害に遭っていたが、徳島城築城時に鮎喰川右岸(南東岸)に築堤され、鮎喰川が流れてくることはなくなった。佐古地区 フレッシュアイペディアより)

  • 水上勉

    水上勉から見た柳田邦男柳田邦男

    『宗教と人間を問う』 柳田邦男 ヘップ出版 1974水上勉 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空401便墜落事故

    イースタン航空401便墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『続・マッハの恐怖』(1986年 新潮文庫)イースタン航空401便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県立鹿沼高等学校

    栃木県立鹿沼高等学校から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男 - ノンフィクション作家、元NHK記者、東京大学経済学部卒栃木県立鹿沼高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 東京医科歯科大学

    東京医科歯科大学から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男の『ガン回廊の朝』に、国立がんセンターの創成期に、同センターの研究者が深夜の帰宅時に電車の車中から本学の研究室に煌々と灯りが灯っているのを見てショックを受け、その対抗心から同センターの研究者達も終電ぎりぎりまで研究に打ち込むようになったエピソードが記されている。東京医科歯科大学 フレッシュアイペディアより)

  • 英国欧州航空548便墜落事故

    英国欧州航空548便墜落事故から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男『続・マッハの恐怖』:事故原因を次のように推測している。まず、離陸直後に機長が循環器疾患のために急死あるいは瀕死となった。そこで経験の浅い副操縦士が速度不足のままドループを収納して失速させ、回復操作にあたっても騒音低減のため絞ったままのエンジン出力を戻さず、機首を引き上げた。このように誤りを連続して犯した結果、回復不能な失速に陥った。英国欧州航空548便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 山本幡男

    山本幡男から見た柳田邦男柳田邦男

    『収容所から来た遺書』が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した際に選考委員を務めたノンフィクション作家の柳田邦男は、過酷なシベリア抑留の中でも気高く精神性豊かに生き抜こうとした人物として山本を評価している。山本幡男 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空安全啓発センター

    日本航空安全啓発センターから見た柳田邦男柳田邦男

    2004年(平成16年)に、JALグループに度重なる重大インシデントが起き、国土交通大臣より安全に関する業務改善命令を受けたことにより、科学・航空・危機管理で著名な作家、柳田邦男を座長とする、外部の安全に関する専門家5名で構成される第三者調査委員が、2005年(平成17年)にJALによって設立された。委員会は、安全啓発センターの構築を推奨した。日本航空安全啓発センター フレッシュアイペディアより)

  • 小泉純一郎

    小泉純一郎から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男、「『精密検証「小泉以前」と「小泉以後」』『文藝春秋』2003年11月号小泉純一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩市

    多摩市から見た柳田邦男柳田邦男

    柳田邦男 - 作家。居住歴有り。多摩市 フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード