前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た河合隼雄

    死の変容 現代日本文化論6 河合隼雄共編 岩波書店 1997.1柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た新潮社

    1985年8月12日、日本航空123便墜落事故発生当時、NHKでは本人作のドラマ『マリコ』が放送される予定だったが、本人は事故当時自宅に居た。当時NC9(ニュースセンター9時)のキャスターだった木村太郎からの出演要請により多摩の自宅からタクシーで1時間かけて入局し、以後このドラマを中断して始まった報道特別番組に航空評論家として出演した。局に向かうタクシーの中で、テレビの1-3チャンネルが受信できる携帯ラジオを使ってNHKテレビのニュースを聴きながら事故の全貌を分析したという(本人著:「事実の考え方」新潮社より)。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た伊勢英子

    柳田 邦男(やなぎだ くにお、1936年6月9日 - )は、ノンフィクション作家、評論家。航空機事故、医療事故、災害、戦争などのドキュメントや評論を数多く執筆している。妻は絵本作家の伊勢英子。。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た松居直

    絵本の力 河合隼雄,松居直共著 岩波書店 2001.6柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た佐々木俊尚

    この中で、柳田は読者に真摯に対応しなかった毎日新聞を批判したが、一方で「失敗に対する攻撃が、ネット・アジテーションによる暴動にも似た様相を呈しているのは、匿名ネット社会の暗部がただごとではなくなっていると恐怖を感じる」と批判の矛先を毎日新聞だけでなく、この不祥事を広く世間に知らしめたインターネットにも向けた。このコメントに関しては賛否が別れ、元毎日新聞記者の佐々木俊尚等は批判している。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た山本七平

    西暦2000年そのとき日本は 山本七平共編 講談社 1984.3柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た阪神・淡路大震災

    阪神・淡路大震災10年 新しい市民社会のために(編)岩波新書 2004.12柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た日本航空123便墜落事故

    1985年8月12日、日本航空123便墜落事故発生当時、NHKでは本人作のドラマ『マリコ』が放送される予定だったが、本人は事故当時自宅に居た。当時NC9(ニュースセンター9時)のキャスターだった木村太郎からの出演要請により多摩の自宅からタクシーで1時間かけて入局し、以後このドラマを中断して始まった報道特別番組に航空評論家として出演した。局に向かうタクシーの中で、テレビの1-3チャンネルが受信できる携帯ラジオを使ってNHKテレビのニュースを聴きながら事故の全貌を分析したという(本人著:「事実の考え方」新潮社より)。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見たアルフォンス・デーケン

    とグリーフケア アルフォンス・デーケン共編 春秋社 1997.10 (生と死を考えるセミナー)柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た東京大学

    1936年栃木県鹿沼町(現:鹿沼市)生まれ。1960年東京大学経済学部を卒業する。同年NHKに入局し、広島放送局へ配属される。1963年東京へ戻り、社会部に配属になる。1966年に遊軍記者として「全日空羽田沖墜落事故」「カナダ太平洋航空機墜落事故」「BOAC機空中分解事故」を取材する。1971年にこれらの事故を追ったルポルタージュ「マッハの恐怖」を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード