1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示
  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た上都賀郡

    1936年栃木県上都賀郡鹿沼町(現:鹿沼市)生まれ。栃木県立鹿沼高等学校を経て、1960年東京大学経済学部を卒業する。同年NHKに入局し、広島放送局へ配属される。1963年東京へ戻り、社会部に配属になる。1966年に遊軍記者として全日空羽田沖墜落事故、カナダ太平洋航空機墜落事故、BOAC機空中分解事故を取材する。1971年にこれらの事故を追ったルポルタージュ『マッハの恐怖』を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た全日空羽田沖墜落事故

    1936年栃木県上都賀郡鹿沼町(現:鹿沼市)生まれ。栃木県立鹿沼高等学校を経て、1960年東京大学経済学部を卒業する。同年NHKに入局し、広島放送局へ配属される。1963年東京へ戻り、社会部に配属になる。1966年に遊軍記者として全日空羽田沖墜落事故、カナダ太平洋航空機墜落事故、BOAC機空中分解事故を取材する。1971年にこれらの事故を追ったルポルタージュ『マッハの恐怖』を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見たボーン・上田記念国際記者賞

    1984年 報道記者としての業績を顕彰し、ボーン・上田記念国際記者賞柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た新潮新書

    『元気が出る患者学』新潮新書 2003柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た報道特別番組

    1985年8月12日の日本航空123便墜落事故発生時、多摩の自宅に居た柳田は、当時NC9(ニュースセンター9時)のキャスターだった木村太郎からの出演要請を受け、タクシーで1時間かけてNHKに赴き、報道特別番組に航空評論家として出演した(なおこの特別番組は柳田のノンフィクション『マリコ』のドラマ番組を中断して放送された)。局に向かうタクシーの中で、テレビの1-3チャンネルが受信できる携帯ラジオを使ってNHKテレビのニュースを聴きながら事故の全貌を分析したという(『事実の考え方』)。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た評論家

    柳田 邦男(やなぎだ くにお、1936年6月9日 - )は、ノンフィクション作家、評論家。航空機事故、医療事故、災害、戦争などのドキュメントや評論を数多く執筆している。妻は絵本作家の伊勢英子。娘にカメラマンの石井麻木がいる。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た栃木県

    1936年栃木県上都賀郡鹿沼町(現:鹿沼市)生まれ。栃木県立鹿沼高等学校を経て、1960年東京大学経済学部を卒業する。同年NHKに入局し、広島放送局へ配属される。1963年東京へ戻り、社会部に配属になる。1966年に遊軍記者として全日空羽田沖墜落事故、カナダ太平洋航空機墜落事故、BOAC機空中分解事故を取材する。1971年にこれらの事故を追ったルポルタージュ『マッハの恐怖』を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見たNHKブックス

    『災害情報を考える』日本放送出版協会(NHKブックス)1978柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田邦男

    柳田邦男から見た吉川英治文化賞

    その他には、2016年現在司馬遼太郎賞、吉川英治文化賞の選考委員を務めている。柳田邦男 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
69件中 61 - 69件表示

「柳田邦男」のニューストピックワード