柴田善臣 ニュース&Wiki etc.

柴田 善臣(しばた よしとみ、1966年7月30日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の騎手。 (出典:Wikipedia)

「柴田善臣」Q&A

  • Q&A

    2016年10月16日(日)東京12R「神奈川新聞杯」は、スターオブペルシャ(柴田善…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月16日 06:06

  • Q&A

    このGIホースのデビューから引退までの騎手を見て、どの馬か答えてください。 武豊⇨武…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月13日 18:54

  • Q&A

    柴田善臣騎手がサウジアラビアロイヤルカップ2016を優勝したようですが、彼にとって何…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月9日 04:01

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「柴田善臣」のつながり調べ

  • モルフェデスペクタ

    モルフェデスペクタから見た柴田善臣

    2000年5月、北海道で行われたプレミア3歳(旧齢)トレーニングセールにて1ハロン10秒54の1番時計を記録し、「モルフェ」の冠名を使用する馬主の並河賢一郎に7140万円(消費税込み)という高額で落札された。そのまま並河の所有馬として美浦の大江原哲厩舎に預託され、同年7月9日函館競馬場での新馬戦(芝1200メートル)でデビュー。デビュー戦には江田照男が騎乗し、単勝1番人気馬シャワーパーティーから1馬身と4分の1離された2着に敗れた。初勝利は柴田善臣が騎乗した2戦目、中山競馬場での未勝利戦(ダート1200メートル)であった。1番人気に支持されたこのレースでは、2着トーセンエキコに8馬身差をつけて逃げ切った。(モルフェデスペクタ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルアワグラス

    マイネルアワグラスから見た柴田善臣

    2006年9月24日、第4回中山競馬第6日目の第5競走の2歳新馬戦(芝1800m)でデビュー。騎手は柴田善臣で、2番人気であったが9着と敗れた。続く2戦は3着、2着と敗れたが、12月24日の第2競走の2歳未勝利戦でようやく初勝利を挙げた。しかし、その後も伸び悩み、2勝目は翌2007年5月19日、第3回東京競馬初日第7競走の500万下条件戦まで待たねばならなかった。(マイネルアワグラス フレッシュアイペディアより)

「柴田善臣」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「柴田善臣」のニューストピックワード