前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • ラスカルスズカ

    ラスカルスズカから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年、デビューは遅く、4歳(現3歳)の6月にデビュー戦を迎えた。鞍上は兄のサイレンススズカの主戦騎手だった武豊である。そしてデビュー戦から3連勝で初の重賞となる第47回神戸新聞杯に挑み、2番人気に支持され3着となり、菊花賞への優先出走権を獲得した。迎えた第60回菊花賞では、武豊が同年のダービー馬のアドマイヤベガに騎乗するため蛯名正義に乗り替わりとなったが、アドマイヤベガを上回る3着となった。続いて出走した第19回ジャパンカップでは、蛯名正義が同年のオークス馬のウメノファイバーに騎乗するため柴田善臣への乗り替わりであったが4番人気に支持され、オープン競走未勝利ながらも5着で入線した。ラスカルスズカ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    15日 - 【JRA】 第2回東京競馬第7日目第12競走(サラ系4歳以上1000万円以下、ダート1300m、16頭立て)で、2番人気のブライトアイザックが1着となり、鞍上の柴田善臣は武豊、横山典弘に続く現役3人目の通算1900勝を達成した。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 岡部幸雄

    岡部幸雄から見た柴田善臣柴田善臣

    1984年10月1日、岡部は特定の厩舎に所属しないフリーランスの騎手となった。動機は、所属厩舎が管理する馬への騎乗を優先させて騎乗したい馬に乗れないことへの不満にあった。岡部がフリー騎手となったことはほかの騎手に影響を与え、1990年代にはトップジョッキーがフリーであることは一般的な事柄となった。さらにフリー騎手となってから数年が経過した時に、レースにだけ集中したいという思いから騎乗依頼についてエージェントを導入した。エージェントについても岡部の行動はほかの騎手に影響を与え、2006年にJRAが騎乗依頼仲介者として公認するほど普及した。ライターの阿部珠樹は岡部によって「優れた騎手が優れた馬に乗る」という「スポーツとして当然の法則」が切り拓かれたと評した。岡部は1つのレースに複数の騎乗依頼が来た場合、能力があると認めながらもそのレースでは騎乗できない競走馬への依頼を、自らを慕う柴田善臣、田中勝春に振り向けた。柴田、田中を受け皿とすることで、依頼を断るとその競走馬をほかの騎手にとられてしまいその後の騎乗が困難になるという問題に対処したのである。岡部と柴田、田中の関係は「岡部ライン」と呼ばれた。岡部幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 中野隆良

    中野隆良から見た柴田善臣柴田善臣

    父は元調教師の中野吉太郎。柴田善臣、南田美知雄(現調教師)、田口大二郎(現調教助手)、佐藤年毅(現調教助手)は元所属騎手。市川中学校・高等学校・明治大学卒業。中野隆良 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    中山競馬第2競走(サラ系3歳混合指定未勝利戦、ダート1800m、15頭立て=1頭競走中止)で、2番人気のサルジュ(牡3歳、美浦:岩戸孝樹厩舎)が1着となり、鞍上の蛯名正義は武豊、横山典弘、柴田善臣に続く現役4人目の通算1900勝を達成した。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 第41回スプリンターズステークス

    第41回スプリンターズステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    アンバージャックは柴田善臣が落馬負傷のため木幡初広に乗り替わった。第41回スプリンターズステークス フレッシュアイペディアより)

  • 小林久晃 (競馬)

    小林久晃 (競馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    1996年に同厩舎のオープン馬であるコクトジュリアンが函館で出走した際、主戦騎手である柴田善臣の代役騎乗を務めオープン特別を連勝、以後同馬の主戦を務めGI競走への初出走も果たした。小林久晃 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 競馬板

    競馬板から見た柴田善臣柴田善臣

    悪徳馬券予想会社の暴露や競馬関係者に対する罵詈雑言といった、匿名掲示板ならではのスレッドも展開されている。特定の馬や人物に対しては、例えば騎手には「大先生」(柴田善臣)や「ゴ」(郷原洋司)といった愛称が考案され、また競走馬はアスキーアートによって擬人化されるなどして、独自の世界が形成されている。競走馬の馬名を中途半端なところで略した通称が使われることも多く、代表的な例としては「インモー(ファインモーション)」「ラーメン(レギュラーメンバー)」「ススズ(サイレンススズカ)」などが挙げられる。競馬板 フレッシュアイペディアより)

  • 岩戸孝樹

    岩戸孝樹から見た柴田善臣柴田善臣

    1985年3月美浦・山崎彰義厩舎所属の騎手としてデビュー。同期には柴田善臣、石橋守などがいる。岩戸孝樹 フレッシュアイペディアより)

  • よしだみほ

    よしだみほから見た柴田善臣柴田善臣

    2004年4月には中山競馬場において、よしだが描いた岡部幸雄・牧原由貴子両騎手の似顔絵の焼印が押された特別バージョンの今川焼きが販売される。中でも岡部騎手バージョンのもの(通称『会長焼』)は、2005年3月に岡部騎手が引退する際にも再び中山競馬場で販売されるほどの人気ぶりとなっている。中山競馬場では他にシンボリクリスエス、ディープインパクトのイラストの焼印が押された「シンボリクリスエス焼き」「ディープインパクト焼き」、前述の岡部、牧原に柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝のイラストが入ったおせんべいが販売された事がある。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード