96件中 11 - 20件表示
  • 栗田博憲

    栗田博憲から見た柴田善臣柴田善臣

    1999年5月16日に東京競馬場で施行された緑風ステークス(1600万下条件戦)において、シンコウシングラーを柴田善臣騎乗で出走させた。同馬は2着に入線したが、後検量において1.7kg不足していたために失格となった。これは栗田が同馬に鞍を装着する際、鞍に付属するマットを付けずに装着したことが原因で起こり、注意義務を怠ったことで制裁(過怠金)となった。この時の栗田に対する過怠金は最大の50万円と言う極めて重い処分であった。栗田博憲 フレッシュアイペディアより)

  • 坂口正大

    坂口正大から見た柴田善臣柴田善臣

    2000年の高松宮記念にキングヘイローを柴田善臣騎乗で出走させ、直線で一気に他馬を差し切り、優勝した。同馬は1998年の牡馬クラシック路線の中心を担う1頭であったが勝つことができず、1999年も重賞は勝ったものの、G1は手が届かなかった。ようやくG1馬となったことに坂口は人目を憚らず、涙を見せた。坂口正大 フレッシュアイペディアより)

  • 松山康久

    松山康久から見た柴田善臣柴田善臣

    父の門下生である吉永正人、竹原啓二を主戦として騎乗させていた。現在は柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝の起用が多い。松山康久 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤメイン

    アドマイヤメインから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年初戦は初の重賞挑戦となったきさらぎ賞。以前敗れたグロリアスウィークやのちにニュージーランドトロフィーを制するマイネルスケルツィ、皐月賞優勝馬となるメイショウサムソンなどが参戦するなか4番人気に推されたが、結果はドリームパスポートの5着に敗れる。しかし次走の500万下戦を1番人気に応えて9馬身差で逃げ切り勝ちし、2勝目を飾る。続く毎日杯では主戦騎手の武豊がドバイミーティングに出場するため、初めて鞍上が福永祐一に乗り替わる。しかしここでも逃げ切り1番人気に応え重賞初勝利を飾る。そしてふたたび鞍上に武豊を迎え、ダービートライアルの青葉賞に出走、またも逃げを打ちレースレコードで勝利し、東京優駿(日本ダービー)への優先出走権を得た。本番では武豊がアドマイヤムーンに騎乗するため、初めて鞍上に柴田善臣を迎えた。そして逃げを打ったものの、最後の直線でメイショウサムソンに交わされ2着に敗れた。アドマイヤメイン フレッシュアイペディアより)

  • 福島超短距離ステークス

    福島超短距離ステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    当該競走のスターター役として、第1回は抽選で選ばれた福島県内の男性が、その後若槻千夏、柴田善臣などが務めた。福島超短距離ステークス フレッシュアイペディアより)

  • マリーンカップ

    マリーンカップから見た柴田善臣柴田善臣

    JRAの柴田善臣が騎手として史上初の連覇。マリーンカップ フレッシュアイペディアより)

  • 上籠勝仁

    上籠勝仁から見た柴田善臣柴田善臣

    1982年に競馬学校騎手課程第一期生として入学。同期には柴田善臣、石橋守などがいる。1985年に騎手免許取得し、栗東星川薫厩舎所属としてデビュー。初騎乗は同年3月2日阪神競馬第12競走でアストリアシチー(9頭中2着)、初勝利は6月16日中京競馬第4競走でドドリヤスであった。上籠勝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 安西美穂子

    安西美穂子から見た柴田善臣柴田善臣

    善臣の仕事 ? 柴田善臣著。編集を担当。安西美穂子 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本競馬

    1994年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    帝王賞(大井競馬場・4月11日)優勝 : スタビライザー(騎手 : 柴田善臣1994年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 目黒記念

    目黒記念から見た柴田善臣柴田善臣

    2004年 - 柴田善臣が騎手として年1回制で2人目の連覇。目黒記念 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード