96件中 31 - 40件表示
  • ジョッキーマスターズ

    ジョッキーマスターズから見た柴田善臣柴田善臣

    馬場取締委員を日本騎手クラブ会長の柴田善臣が務め、パドックでのひき馬役には松岡正海・小林淳一・佐藤哲三・伊藤工真・内田博幸・北村宏司・石橋脩・田中博康の各騎手が担当した。誘導馬には日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエースに騎乗した西浦勝一が騎乗。現役騎手からは柴田善臣、横山典弘、田中勝春、蛯名正義、武士沢友治が誘導馬に騎乗した。ウィナーズサークルでのスターター役は小島太が務めた。ジョッキーマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • チャンス (2010年のテレビドラマ)

    チャンス (2010年のテレビドラマ)から見た柴田善臣柴田善臣

    最終回には内田博幸騎手、柴田善臣騎手、田中勝春騎手(いずれも本人役)、鈴木康弘調教師(有馬記念のスターター役)、杉本清(別名で実況を担当)も出演する。チャンス (2010年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • インティライミ

    インティライミから見た柴田善臣柴田善臣

    2007年の初戦となったアメリカジョッキークラブカップは佐藤が2週間前の競走中に落馬し、肩を骨折したため柴田善臣に乗り替わりとなった。レースは逃げ馬不在の中、スタートして先頭に立つと1コーナー過ぎから掛かり気味になり、道中は7?8馬身のリードを取って逃げたが、直線で勝利したマツリダゴッホに捕まると、ゴール前でもさらに2頭に交わされ、4着に敗れた。続く中山記念は終始折り合って6?7番手を追走したが、4コーナーで前が狭くなる不利もあり直線で後退し、最下位の16着に敗れた。インティライミ フレッシュアイペディアより)

  • オフサイドトラップ (競走馬)

    オフサイドトラップ (競走馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    8歳となった1998年に復帰したが、前回の復帰時と同様、勝ち切れないレースを続けた。これを受け、7月に出走した七夕賞から、従来の主戦騎手であった安田富男に代わり、関東のリーディングジョッキー・蛯名正義を鞍上に迎えた。従来先行策を取っていたオフサイドトラップは、この競走で後方待機策を採り、直線で逃げ粘るタイキフラッシュをハナ差捉えて優勝。3年5ヶ月振りの勝利を重賞初制覇で飾った。続く新潟記念では1番人気に支持されると、前走と同様の追い込みで重賞2連勝を遂げる。そして11月1日の天皇賞(秋)で、東京優駿以来4年5ヶ月振りとなるGI出走を迎えた。蛯名がステイゴールドに騎乗するため、本馬初騎乗の柴田善臣が騎手を務めた。オフサイドトラップ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年の東京新聞杯で、京王杯スプリングカップなどで騎乗した柴田善臣とのコンビが復活する。しかし東京新聞杯は2着、次の阪急杯は3着と勝ち切れない結果が続いた。そこで「距離が短い方がいい」と考えた柴田は、1200mの高松宮記念への出走を進言、これが馬主の意図とも一致したため出走が決定し、そして見事に勝利を収めた。同馬のGI勝ちは、調教師の音無秀孝にとって初、馬主の小田切有一にとっては21年ぶり、騎手の柴田にとっては6年ぶりのGI勝ちであり、陣営にとっては格別の勝利となった。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • グレースアドマイヤ

    グレースアドマイヤから見た柴田善臣柴田善臣

    ちなみに、サンスポ4歳牝馬特別で本馬に騎乗した柴田善臣は乗り味の良さを賞賛すると同時に、精神的な気難しさも指摘していた。その気性(仕掛けどころで気を抜く等)は前記の産駒達にも受け継がれている傾向にある。グレースアドマイヤ フレッシュアイペディアより)

  • スマイルトゥモロー

    スマイルトゥモローから見た柴田善臣柴田善臣

    古馬になっての春シーズンは全休し目標を秋のエリザベス女王杯に定めてエプソムカップから始動した。久々で馬体重プラス20キロでの出走で5番人気に留まり、着順も5着に終わった。ひと叩きされた後のマーメイドステークスでは武豊を鞍上に迎えて1番人気にも推されたものの、この頃から元来の気性の激しさからレース中折り合いを欠くことが多くなり、良いところ無く7着に敗れた。調子を取り戻せないまま前哨戦の府中牝馬ステークスは柴田善臣で臨み、抑えがきかず暴走気味な大逃げとなり3着に敗れた。本番のエリザベス女王杯では長くコンビを組んだ吉田豊が騎乗したが、ここでも前半5ハロン57.5という殺人的なペースで逃げてしまい、最下位の15着に惨敗した。あまりにも気性が激しすぎることから陣営は距離を考慮し1600メートルの阪神牝馬ステークスに出走させるも、ここでも暴走し14着と全く良いところ無く、6戦未勝利で4歳シーズンを終えた。スマイルトゥモロー フレッシュアイペディアより)

  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見た柴田善臣柴田善臣

    2007年9月1日、新潟競馬場の新馬戦がデビュー戦となり柴田善臣が騎乗して2番人気に支持され、競走では2着となったドリームガードナーに1馬身半差をつけ初勝利を挙げた。続く格上挑戦で挑んだ9月29日の芙蓉ステークスでは、騎乗予定だった柴田善臣が同日第1レースで落馬して負傷を負ったため急遽小林淳一に乗り替わったものの1番人気に支持されたが、競走ではフォーチュンワードにハナ差で敗れ2着だった。10月20日のいちょうステークスでは柴田善臣が療養中のため田中勝春に乗り替わりまたも1番人気に支持されたが、競走ではアロマキャンドルにクビ差で敗れまたも2着だった。重賞初挑戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスでは柴田善臣が復帰して新馬戦以来の騎乗を果たし、レースでは5番人気で3着に入った。なお競走後は放牧に出された。スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • セキテイリュウオー

    セキテイリュウオーから見た柴田善臣柴田善臣

    田中勝春の初GI制覇は1992年5月17日東京競馬場で開催された第42回安田記念であったが、そのとき騎乗していた馬はヤマニンゼファーであった。そのヤマニンゼファーとは5歳時にコンビを組んでいたが、ヤマニンゼファーの6歳緒戦がマイラーズカップとなり、そのときは田原成貴が代打で騎乗した。その後ゼファーが中山記念に出走することになり、セキテイリュウオーとバッティングすることとなったが、田中は自厩舎所属馬のセキテイリュウオーに騎乗することを選んだ。ヤマニンゼファーは中山記念は田原、京王杯スプリングカップ以降は柴田善臣が騎乗し、以後田中が騎乗することはなかった。セキテイリュウオー フレッシュアイペディアより)

  • タイキフォーチュン

    タイキフォーチュンから見た柴田善臣柴田善臣

    1995年11月のダート1400メートルでデビューし、見せ場もなく8着と惨敗する。連闘で芝1800メートルの新馬戦に出走し逃げ切り勝ち、次の500万条件をレコード勝ちする。次にラジオたんぱ杯3歳ステークスでこれまで主戦騎手を務めていた柴田善臣から坂本勝美に乗り替わって重賞に初挑戦するが11着と大敗してしまう。タイキフォーチュン フレッシュアイペディアより)

96件中 31 - 40件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード