96件中 41 - 50件表示
  • タケミカヅチ (競走馬)

    タケミカヅチ (競走馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    2007年(平成19年)7月29日、第2回新潟競馬第6日目第6競走の新馬戦にてデビュー、鞍上は柴田善臣だった。単勝3番人気で1着となった。タケミカヅチ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ナカヤマフェスタ

    ナカヤマフェスタから見た柴田善臣柴田善臣

    柴田善臣との新コンビで4月24日のメトロポリタンステークスから始動。道中先団に位置し直線残り400m手前で抜け出し、そのまま押し切って快勝した。その後はステップレースを使わず6月27日の宝塚記念に直行することになった。陣営は菊花賞・中日新聞杯での大敗から長距離輸送に難があると考え、1週前追い切りの直後に栗東に入厩となった。迎えた宝塚記念は8番人気にとどまったが、道中は中団でレースを進め、4コーナーから進出。直線残り100mでコース中央外寄りから一気に伸び、前で粘る1番人気のブエナビスタとアーネストリーの競り合いを外からかわして、セントライト記念以来の重賞勝利を挙げると共に初のGI競走制覇を果たした。美浦調教馬が宝塚記念を勝利したのはグラスワンダー以来11年ぶりであった。ナカヤマフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • フェラーリピサ

    フェラーリピサから見た柴田善臣柴田善臣

    オープン初戦は重賞競走初挑戦となったスプリングステークスに出走することになり、柴田善臣を鞍上に迎えて2番人気に支持されたが9着という結果に終わった。フェラーリピサ フレッシュアイペディアより)

  • フェイトフルウォー

    フェイトフルウォーから見た柴田善臣柴田善臣

    2011年1月16日の中山競馬場第11R京成杯では、新馬戦から同様に田中勝春とコンビを組み、2番人気の支持を得る。子供っぽさが抜けないやんちゃ馬に伊藤厩舎サイドはリングハミに変えるなど試行錯誤した。レースでは先行して直線で先頭に立つとソラを使ったが、伏兵デボネアの差しをハナ差かわして重賞初制覇。また、伊藤伸一調教師に初の重賞勝利をプレゼントした。震災の影響で舞台が東京競馬場に変更となった4月24日の皐月賞では中団から追走したが直線で全く伸びず12着に敗れた。5月29日の東京優駿では13着と惨敗。秋に入り、柴田善臣に乗り替わりとなった9月18日のセントライト記念では中団待機から直線で鋭く脚を伸ばしトーセンラー、サダムパテックの追撃を振り切り重賞2勝目を飾った。10月23日の菊花賞では中団から追走したが直線で伸びず7着に敗れた。フェイトフルウォー フレッシュアイペディアより)

  • 柴田博之

    柴田博之から見た柴田善臣柴田善臣

    父・利秋は元日本中央競馬会(JRA)騎手で、ダービージョッキーの柴田政人(現・調教師)を叔父に持ち、柴田善臣騎手がいとこという競馬一家に生まれた。小さい頃は、本人も父の後を継いで騎手を目指していたが、体格が騎手向きではなかった(身長が伸びすぎた)こともあって、その後競馬よりも野球に熱中するようになる。柴田博之 フレッシュアイペディアより)

  • グランプリエンゼル

    グランプリエンゼルから見た柴田善臣柴田善臣

    7月27日、函館芝1200mの新馬戦に安藤勝己騎乗でデビューし2番人気で2着に敗れた。2戦目の函館ダート1000mの未勝利戦に引き続き安藤勝己騎乗で出走し1番人気で5着に終わったが、3戦目の札幌芝1200mの未勝利戦を柴田善臣騎乗で勝利し初勝利をあげた。しかし、昇級初戦のサフラン賞では12着に終わり休養に入った。グランプリエンゼル フレッシュアイペディアより)

  • 鹿戸雄一

    鹿戸雄一から見た柴田善臣柴田善臣

    騎手対抗サッカー大会や野球大会、レース終了後のオークションやイベントの司会、さらにはとんねるずの番組などに武豊の付き添いで出演するなど、地味ではあるが騎乗以外で目立つ部分は多かった。釣りを趣味としている柴田善臣と似通った部分がある。また、兄弟子の蛯名信広、加藤和宏の影響が強いとも考えられる。鹿戸雄一 フレッシュアイペディアより)

  • ホクトヘリオス

    ホクトヘリオスから見た柴田善臣柴田善臣

    1988年、5歳の初戦となる中山競馬場開設60周年記念(オープン特別)で、初めて柴田善臣とコンビを組み、アタマ差の2着となる。以降はその年のスワンステークスで西浦勝一が騎乗したほかは、すべて柴田が騎乗した。ホクトヘリオス フレッシュアイペディアより)

  • ボーンキング

    ボーンキングから見た柴田善臣柴田善臣

    現表記の3歳となった2001年の初戦は、デビット・ハリソンが騎乗して格上挑戦で京成杯に出走し、3番人気でレースを制して重賞初挑戦で初勝利を挙げた。なおデビット・ハリソンにとっても中央競馬での重賞初勝利となった。続く弥生賞では鞍上に武豊を迎え、デビュー戦で敗れているアグネスタキオンに次ぐ2番人気に支持されたが、レースではアグネスタキオンに5馬身差をつけられての2着だった。そしてクラシック初戦の皐月賞は柴田善臣が騎乗して4番人気となったが16着、京都新聞杯5着を挟み出走した東京優駿では4着となり、レース後は休養に入った。秋はセントライト記念からの始動が予定されていたが、8月に函館競馬場での調教中に左後球節炎を発症してノーザンファームで療養することになった。ボーンキング フレッシュアイペディアより)

  • ホクトビーナス

    ホクトビーナスから見た柴田善臣柴田善臣

    1989年1月にデビュー戦の新馬戦を優勝。翌2月にはうぐいす賞を連勝で制し、4月に桜花賞に出走した。同レースには収得賞金の関係から抽選による出走であり人気も6番人気であったが、厩務員の中野馨が「最高の状態。勝つつもりでいる」とコメントするなど体調は良かった。レースでは直線で一時先頭に立ったがゴール寸前でシャダイカグラに交わされ、タイム差なしの2着に敗れた。ホクトビーナスに騎乗した柴田善臣はシャダイカグラをマークし同馬が後方から進出するのを見てスパートのタイミングを遅らせる工夫を見せたが及ばず、柴田はレース後に鞭を叩きつけるほど悔しがった。ホクトビーナス フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード