92件中 41 - 50件表示
  • スマイルジャック

    スマイルジャックから見た柴田善臣柴田善臣

    2007年9月1日、新潟競馬場の新馬戦がデビュー戦となり柴田善臣が騎乗して2番人気に支持され、競走では2着となったドリームガードナーに1馬身半差をつけ初勝利を挙げた。続く格上挑戦で挑んだ9月29日の芙蓉ステークスでは、騎乗予定だった柴田善臣が同日第1レースで落馬して負傷を負ったため急遽小林淳一に乗り替わったものの1番人気に支持されたが、競走ではフォーチュンワードにハナ差で敗れ2着だった。10月20日のいちょうステークスでは柴田善臣が療養中のため田中勝春に乗り替わりまたも1番人気に支持されたが、競走ではアロマキャンドルにクビ差で敗れまたも2着だった。重賞初挑戦となった東京スポーツ杯2歳ステークスでは柴田善臣が復帰して新馬戦以来の騎乗を果たし、レースでは5番人気で3着に入った。なお競走後は放牧に出された。スマイルジャック フレッシュアイペディアより)

  • ジョッキーマスターズ

    ジョッキーマスターズから見た柴田善臣柴田善臣

    馬場取締委員を日本騎手クラブ会長の柴田善臣が務め、パドックでのひき馬役には松岡正海・小林淳一・佐藤哲三・伊藤工真・内田博幸・北村宏司・石橋脩・田中博康の各騎手が担当した。誘導馬には日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエースに騎乗した西浦勝一が騎乗。現役騎手からは柴田善臣、横山典弘、田中勝春、蛯名正義、武士沢友治が誘導馬に騎乗した。ウィナーズサークルでのスターター役は小島太が務めた。ジョッキーマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田政人

    柴田政人から見た柴田善臣柴田善臣

    栗東所属の元調教師・柴田政見は実兄、元騎手の柴田利秋は実弟。叔父に元調教師の柴田不二男、甥に騎手の柴田善臣(一般人である長兄の実子)。プロ野球・埼玉西武ライオンズに所属した柴田博之も甥(利秋の実子)に当たる。柴田政人 フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見た柴田善臣柴田善臣

    秋は賞金の確保を目指し、ディープインパクトらの出走する神戸新聞杯を避け、柴田善臣に乗り替わってセントライト記念に出走。しかしレースは最後方からの厳しいものとなり、出走馬中最速の上がり3F34.4で追い込んだが、4着と賞金のみならず、またも優先出走権を逃してしまう。再び福永を背に迎えた菊花賞も出走は叶ったが、相手も悪く距離も長かったため、6着と初めて掲示板を外す結果に終わった。堅実に走るものの、どうにも勝ち運に見放された形になっていたが、その後11月20日の古都ステークス(1600万下)に出走し、今までに無い積極的な先行策でスウィフトカレントらを相手に勝利。オープン馬となって年を越すこととなった。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    高松宮記念(中京競馬場・3月26日)優勝 : オレハマッテルゼ(騎手 : 柴田善臣2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本競馬

    1994年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    帝王賞(大井競馬場・4月11日)優勝 : スタビライザー(騎手 : 柴田善臣1994年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • よしだみほ

    よしだみほから見た柴田善臣柴田善臣

    2004年4月には中山競馬場において、よしだが描いた岡部幸雄・牧原由貴子両騎手の似顔絵の焼印が押された特別バージョンの今川焼きが販売される。中でも岡部騎手バージョンのもの(通称「会長焼」)は、2005年3月に岡部騎手が引退する際にも再び中山競馬場で販売されるほどの人気ぶりとなっている。中山競馬場では他にシンボリクリスエス、ディープインパクトのイラストの焼印が押された「シンボリクリスエス焼き」「ディープインパクト焼き」、前述の岡部、牧原に柴田善臣、横山典弘、後藤浩輝のイラストが入ったおせんべいが販売された事がある。よしだみほ フレッシュアイペディアより)

  • 須貝尚介

    須貝尚介から見た柴田善臣柴田善臣

    1985年、JRA競馬学校を第1期生として卒業して騎手免許を取得、父の須貝彦三厩舎からデビュー。同期には石橋守、柴田善臣らがいる。初騎乗は同年3月2日、阪神競馬第1競走のシンコキン、初勝利は翌3月3日、阪神競馬第7競走のハギノグッディーであった。デビュー年の成績は150戦14勝。須貝尚介 フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンゼファー

    ヤマニンゼファーから見た柴田善臣柴田善臣

    次走、京王杯スプリングカップでは田中勝春が騎乗停止中であったため、柴田善臣が騎乗、シンコウラブリイを1馬身半退けて勝利した。柴田の騎乗は本競走のみの予定であったが、同時期に田中が所属する藤原敏文厩舎からセキテイリュウオーが台頭し、田中は同馬への騎乗を余儀なくされたため、次走の安田記念も引き続き柴田が騎手を務めた。ヤマニンゼファー フレッシュアイペディアより)

  • 小林久晃 (競馬)

    小林久晃 (競馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    1996年に同厩舎のオープン馬であるコクトジュリアンが函館で出走した際、主戦騎手である柴田善臣の代役騎乗を務めオープン特別を連勝、以後同馬の主戦を務めGI競走への初出走も果たした。小林久晃 (競馬) フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード