92件中 51 - 60件表示
  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    26日 - 【JRA】 中山競馬第3競走で、横山典弘が騎乗していた馬が落馬。横山典は救急車で船橋市内の病院へ搬送され、第11競走での産経賞オールカマーでのミッキーミラクルが柴田善臣(美浦)に変更したのを始め、騎乗予定馬はすべて騎手変更に。なお検査の結果、中心性頸髄損傷及び頭蓋骨骨折と診断された。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤善則

    武藤善則から見た柴田善臣柴田善臣

    1982年にJRA競馬学校騎手課程第1期生として入学。同期には柴田善臣や石橋守がいる。1986年に騎手免許を取得し、黒坂洋基厩舎所属としてデビュー。初騎乗は同年3月2日の中山競馬第3競走でハイエースシロー(13頭中7着)、初勝利は3月15日の中山競馬第4競走で同じくハイエースシローであった。武藤善則 フレッシュアイペディアより)

  • 福島競馬場

    福島競馬場から見た柴田善臣柴田善臣

    2004年から2007年まで夏季開催最終日に「福島超短距離ステークス」と題する交流イベントが行われた。中央競馬の騎手とファンがそれぞれ4人1組のチームで芝コース200メートル (4×50m)をリレーで競走するもので、若槻千夏や柴田善臣らがスターターを務め、福島大学吹奏楽団によるGIファンファーレの生演奏やラジオNIKKEIのアナウンサーによる場内実況のほか、ゲート式発馬機、ターフビジョン、着順掲示板も使い、実際の競馬の競走になぞらえた趣向がとられた。福島競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • フェイトフルウォー

    フェイトフルウォーから見た柴田善臣柴田善臣

    1月16日の中山競馬場第11R京成杯では、新馬戦から同様に田中勝春とコンビを組み、2番人気の支持を得る。子供っぽさが抜けないやんちゃ馬に伊藤厩舎サイドはリングハミに変えるなど試行錯誤した。レースでは先行して直線で先頭に立つとソラを使ったが、伏兵デボネアの差しをハナ差かわして重賞初制覇。また、伊藤伸一調教師に初の重賞勝利をプレゼントした。震災の影響で舞台が東京競馬場に変更となった4月24日の皐月賞では中団から追走したが直線で全く伸びず12着に敗れた。5月29日の東京優駿では13着と惨敗。秋に入り、柴田善臣に乗り替わりとなった9月18日のセントライト記念では中団待機から直線で鋭く脚を伸ばしトーセンラー、サダムパテックの追撃を振り切り重賞2勝目を飾った。10月23日の菊花賞では中団から追走したが直線で伸びず7着に敗れた。フェイトフルウォー フレッシュアイペディアより)

  • セキテイリュウオー

    セキテイリュウオーから見た柴田善臣柴田善臣

    田中勝春の初GI制覇は1992年5月17日東京競馬場で開催された第42回安田記念であったが、そのとき騎乗していた馬はヤマニンゼファーであった。そのヤマニンゼファーとは5歳時にコンビを組んでいたが、ヤマニンゼファーの6歳緒戦がマイラーズカップとなり、そのときは田原成貴が代打で騎乗した。その後ゼファーが中山記念に出走することになり、セキテイリュウオーとバッティングすることとなったが、田中は自厩舎所属馬のセキテイリュウオーに騎乗することを選んだ。ヤマニンゼファーは中山記念は田原、京王杯スプリングカップ以降は柴田善臣が騎乗し、以後田中が騎乗することはなかった。セキテイリュウオー フレッシュアイペディアより)

  • アサヒライジング

    アサヒライジングから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年、3歳になり、初戦の菜の花賞(オープン特別)は1番人気ながら9着、クイーンカップはコイウタの2着。年明け3戦目の桜花賞トライアルアネモネステークス(オープン特別)では鞍上が小林淳一から柴田善臣に乗り替わり、1番人気に推され2馬身差で勝利し、桜花賞の出走権を獲得した。またこのレースより管理調教師の加藤修甫が定年引退のため古賀慎明厩舎に転厩となっている。初クラシック出走となった桜花賞では逃げ切りを図りキストゥヘヴンの4着に、続く優駿牝馬(オークス)では先行し好位置につけてカワカミプリンセスの3着と好走した。アサヒライジング フレッシュアイペディアより)

  • 第41回スプリンターズステークス

    第41回スプリンターズステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    アンバージャックは柴田善臣が落馬負傷のため木幡初広に乗り替わった。第41回スプリンターズステークス フレッシュアイペディアより)

  • タイキフォーチュン

    タイキフォーチュンから見た柴田善臣柴田善臣

    1995年11月のダート1400メートルでデビューし、見せ場もなく8着と惨敗する。連闘で芝1800メートルの新馬戦に出走し逃げ切り勝ち、次の500万条件をレコード勝ちする。次にラジオたんぱ杯3歳ステークスでこれまで主戦騎手を務めていた柴田善臣から坂本勝美に乗り替わって重賞に初挑戦するが11着と大敗してしまう。タイキフォーチュン フレッシュアイペディアより)

  • マイネルレコルト

    マイネルレコルトから見た柴田善臣柴田善臣

    秋はセントライト記念で9着に敗れた後はマイル路線へ矛先が向けられ、富士ステークス (GIII) に出走するも敗戦。その後主戦騎手の後藤浩輝からクリストフ・ルメール、柴田善臣などに乗り変わるも勝ちきれず、さらに2006年の中山記念の直前の調教で浅屈腱炎を発症して休養を余儀なくされた。マイネルレコルト フレッシュアイペディアより)

  • 安西美穂子

    安西美穂子から見た柴田善臣柴田善臣

    善臣の仕事 - 柴田善臣著。編集を担当。安西美穂子 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード