96件中 51 - 60件表示
  • 横山典弘

    横山典弘から見た柴田善臣柴田善臣

    騎手では柴田善臣、武豊、田中勝春、四位洋文と親しい。また、競馬学校からの友人で同期の松永幹夫調教師に初勝利(2007年3月25日、中京競馬第7競走でアグネススピリッツに騎乗)をプレゼントした。横山典弘 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルスケルツィ

    マイネルスケルツィから見た柴田善臣柴田善臣

    デビューは2005年10月の東京競馬場、芝1800メートルの2歳新馬戦。柴田善臣騎乗で単勝1番人気に支持されたが、アグネスデジタルの半弟であるジャリスコライトの前に2着に敗れる。外傷による小休止を経て11月、東京競馬場の2歳未勝利戦(芝1800メートル)でも1番人気に支持され、ハイペースで逃げてレコードタイムの決着を演出したものの、ゴール寸前でマチカネゲンジに捕まりハナ差の2着に敗れる。3戦目となった12月の中山競馬場の2歳未勝利戦(芝2000メートル)で単勝オッズ1.1倍という断然の支持に応えて初勝利を挙げる。初の重賞挑戦となったラジオたんぱ杯2歳ステークスでは関東から関西への輸送の際に大渋滞に巻き込まれて大幅に時間がかかり、サクラメガワンダーの9着と大敗した。マイネルスケルツィ フレッシュアイペディアより)

  • マイネルアワグラス

    マイネルアワグラスから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年9月24日、第4回中山競馬第6日目の第5競走の2歳新馬戦(芝1800m)でデビュー。騎手は柴田善臣で、2番人気であったが9着と敗れた。続く2戦は3着、2着と敗れたが、12月24日の第2競走の2歳未勝利戦でようやく初勝利を挙げた。しかし、その後も伸び悩み、2勝目は翌2007年5月19日、第3回東京競馬初日第7競走の500万下条件戦まで待たねばならなかった。マイネルアワグラス フレッシュアイペディアより)

  • マイネルレコルト

    マイネルレコルトから見た柴田善臣柴田善臣

    秋はセントライト記念で9着に敗れた後はマイル路線へ矛先が向けられ、富士ステークス (GIII) に出走するも敗戦。その後主戦騎手の後藤浩輝からクリストフ・ルメール、柴田善臣などに乗り変わるも勝ちきれず、さらに2006年の中山記念の直前の調教で浅屈腱炎を発症して休養を余儀なくされた。マイネルレコルト フレッシュアイペディアより)

  • マイネルビンテージ

    マイネルビンテージから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年7月24日に小倉でデビュー。ここで4着、連闘で挑んだ新馬戦も3着に終わるが、3戦目で距離延長して勝ち上がり、札幌3歳ステークスでも4着と健闘する。デイリー杯3歳ステークス、京都3歳ステークス、エリカ賞と勝てないレースが続くが、2000年の京成杯、テン乗りの柴田善臣騎手を迎え、スローで逃げてイーグルカフェの追撃を頭差退けて重賞を制覇した。しかし、弥生賞はスタートで出負けして10着と惨敗。皐月賞直前に肩の不安を発症させ、春のクラシックを断念する。マイネルビンテージ フレッシュアイペディアより)

  • マルカシェンク

    マルカシェンクから見た柴田善臣柴田善臣

    10月8日の毎日王冠で復帰した。騎手が柴田善臣に乗り換わり、初の古馬相手に4着と健闘した。次走は天皇賞・秋か菊花賞かどちらに出走するかが注目された。協議の結果、天皇賞は除外の可能性が高かったこともあって、菊花賞に挑戦する。中1週の厳しいローテーションと、3000mという距離が影響したか、4番人気で7着に敗れた。自身初の着外敗戦であった。続くマイルチャンピオンシップでも、1600mへの距離短縮で4番人気と支持を集めた。レースでは後方から進んだが、直線で伸びず12着に敗れた。マルカシェンク フレッシュアイペディアより)

  • 金杯 (競馬)

    金杯 (競馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    ドウカンヤシマが1984年に金杯(東)、1987年に金杯(西)を制し、中央競馬の金杯の両競走制覇を成し遂げている。東西金杯をともに勝利した競走馬はこの1頭のみ。また、騎手では柴田善臣と松岡正海が東西金杯を制している。金杯 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 柴田政見

    柴田政見から見た柴田善臣柴田善臣

    柴田善臣(甥・長兄の子。騎手)柴田政見 フレッシュアイペディアより)

  • ダイワルージュ

    ダイワルージュから見た柴田善臣柴田善臣

    翌2001年は桜花賞を目指し、前哨戦のアネモネステークスを勝つ。そして本番の桜花賞へと駒を進めるが、圧倒的1番人気に押されたテイエムオーシャンの前に3着と敗退。引き続き優駿牝馬へと駒を進めるが、距離不適正もあって13着と大敗。秋の秋華賞はステップレースを使わず、鞍上も柴田善臣へと乗り代わって仕切り直しの一戦となったが、9着と敗退。続くキャピタルステークスは2着となるが、阪神牝馬ステークスは7着と敗退。以後勝ち星を上げることなく、2003年の4月のレースを最後に引退して繁殖牝馬となった。ダイワルージュ フレッシュアイペディアより)

  • ユーセイトップラン

    ユーセイトップランから見た柴田善臣柴田善臣

    2008年9月3日のプロ野球・千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズ戦において、柴田善臣が騎乗して始球式に登場した。ユーセイトップラン フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード