92件中 61 - 70件表示
  • ユーセイトップラン

    ユーセイトップランから見た柴田善臣柴田善臣

    2008年9月3日のプロ野球・千葉ロッテマリーンズ対埼玉西武ライオンズ戦において、柴田善臣が騎乗して始球式に登場した。ユーセイトップラン フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンリスペクト

    ヤマニンリスペクトから見た柴田善臣柴田善臣

    2000年、4歳時にはスプリングステークスから始動し、皐月賞に出走。柴田善臣を背にエアシャカールの5着に好走。その後京都新聞杯では1番人気に推されたが、8着に敗れ東京優駿(日本ダービー)には出走できなかった。その後も菊花賞などに出走するも勝てなかったが、古都ステークス(1600万下)で1年ぶりの勝利をあげてオープン入りすると、続く鳴尾記念ではダイタクリーヴァの2着となった。ヤマニンリスペクト フレッシュアイペディアより)

  • マルカシェンク

    マルカシェンクから見た柴田善臣柴田善臣

    10月8日の毎日王冠で復帰した。騎手が柴田善臣に乗り換わり、初の古馬相手に4着と健闘した。次走は天皇賞・秋か菊花賞かどちらに出走するかが注目された。協議の結果、天皇賞は除外の可能性が高かったこともあって、菊花賞に挑戦する。中1週の厳しいローテーションと、3000mという距離が影響したか、4番人気で7着に敗れた。自身初の着外敗戦であった。続くマイルチャンピオンシップでも、1600mへの距離短縮で4番人気と支持を集めた。レースでは後方から進んだが、直線で伸びず12着に敗れた。マルカシェンク フレッシュアイペディアより)

  • マイネルビンテージ

    マイネルビンテージから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年7月24日に小倉でデビュー。ここで4着、連闘で挑んだ新馬戦も3着に終わるが、3戦目で距離延長して勝ち上がり、札幌3歳ステークスでも4着と健闘する。デイリー杯3歳ステークス、京都3歳ステークス、エリカ賞と勝てないレースが続くが、2000年の京成杯、テン乗りの柴田善臣騎手を迎え、スローで逃げてイーグルカフェの追撃を頭差退けて重賞を制覇した。しかし、弥生賞はスタートで出負けして10着と惨敗。皐月賞直前に肩の不安を発症させ、春のクラシックを断念する。マイネルビンテージ フレッシュアイペディアより)

  • 柴田博之

    柴田博之から見た柴田善臣柴田善臣

    父・利秋は元日本中央競馬会(JRA)騎手で、柴田政見元調教師とその弟のダービージョッキーの柴田政人(現・調教師)を叔父に持ち、柴田善臣騎手がいとこ、その息子の柴田健登厩務員は遠戚という競馬一家に生まれた。小さい頃は、本人も父の後を継いで騎手を目指していたが、体格が騎手向きではなかった(身長が伸びすぎた)こともあって、その後競馬よりも野球に熱中するようになる。柴田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 横山典弘

    横山典弘から見た柴田善臣柴田善臣

    騎手では柴田善臣、武豊、田中勝春、四位洋文と親しい。また、競馬学校からの友人で同期の松永幹夫調教師に初勝利(2007年3月25日、中京競馬第7競走でアグネススピリッツに騎乗)をプレゼントした。横山典弘 フレッシュアイペディアより)

  • シンコウシングラー事件

    シンコウシングラー事件から見た柴田善臣柴田善臣

    シンコウシングラーに騎乗した騎手の柴田善臣が負担重量を調節するために用意していた、2キログラムのゴム製パッドが鞍に装着されていなかったことが重量不足の原因であった。柴田がレース前の検量後に鞍を検量室内に置いた際、パッドのほかゼッケンや腹帯といった装具の順番を正しく並べておかず、それをシンコウシングラーの管理調教師である栗田博憲が装鞍するために検量室外へ運び出すにあたり、並べなおした際に、パッドを置き忘れたのではないかと推定された。シンコウシングラー事件 フレッシュアイペディアより)

  • ハットトリック (競走馬)

    ハットトリック (競走馬)から見た柴田善臣柴田善臣

    2004年5月8日、東京競馬の未勝利戦(芝1600m)で柴田善臣を背にデビューし、2馬身差で勝利。続く500万下条件戦の牡丹賞も勝ち、7月のラジオたんぱ賞(GIII、芝1800m)で重賞初挑戦。2番人気に推されたが、9着に大敗する。その後、夏場の休養と転厩をはさみ、鞍上も武豊に乗り代わって自己条件のナリタブライアンメモリアル(1000万下条件戦)を快勝、続く清水ステークス(1600万下条件戦)も勝って、オープン入りを果たす。ハットトリック (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • スシトレイン

    スシトレインから見た柴田善臣柴田善臣

    2004年8月8日、新潟競馬場の3歳以上500万円以下の条件戦に出走した。前走から1年2か月ぶりの出走であった。長期休養明けで大幅な馬体重増加(前走から+32キログラム)と不安材料を抱えながらも、競馬専門紙の予想では「ここまでクラス下がれば地力が違う」「長期休み明けでも素質断然」と有力馬の一角として扱われ、単勝2.2倍の1番人気に支持された。しかしレースでは勝ち馬のホッカイシャガールに2.6秒離され、15頭立ての13着に終わった。騎乗した柴田善臣はレース後の取材に対して、発走前の返し馬の時から後肢の感じがあまり良くなかったことを明かした。これがスシトレインにとって最後のレースとなり、2004年8月13日付で日本中央競馬会の競走馬登録を抹消された。登録抹消後の用途は「乗馬(茨城)」とされている。スシトレイン フレッシュアイペディアより)

  • 第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズ

    第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズから見た柴田善臣柴田善臣

    アンドレアス・スボリッチは岡部幸雄、オリビエ・ペリエ、柴田善臣と並ぶこのシリーズ最多タイとなる2度目の優勝となった。第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズ フレッシュアイペディアより)

92件中 61 - 70件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード