96件中 61 - 70件表示
  • ヤマニンリスペクト

    ヤマニンリスペクトから見た柴田善臣柴田善臣

    2000年、4歳時にはスプリングステークスから始動し、皐月賞に出走。柴田善臣を背にエアシャカールの5着に好走。その後京都新聞杯では1番人気に推されたが、8着に敗れ東京優駿(日本ダービー)には出走できなかった。その後も菊花賞などに出走するも勝てなかったが、古都ステークス(1600万下)で1年ぶりの勝利をあげてオープン入りすると、続く鳴尾記念ではダイタクリーヴァの2着となった。ヤマニンリスペクト フレッシュアイペディアより)

  • モルフェデスペクタ

    モルフェデスペクタから見た柴田善臣柴田善臣

    2000年5月、北海道で行われたプレミア3歳(旧齢)トレーニングセールにて1ハロン10秒54の1番時計を記録し、「モルフェ」の冠名を使用する馬主の並河賢一郎に7140万円(消費税込み)という高額で落札された。そのまま並河の所有馬として美浦の大江原哲厩舎に預託され、同年7月9日函館競馬場での新馬戦(芝1200メートル)でデビュー。デビュー戦には江田照男が騎乗し、単勝1番人気馬シャワーパーティーから1馬身と4分の1離された2着に敗れた。初勝利は柴田善臣が騎乗した2戦目、中山競馬場での未勝利戦(ダート1200メートル)であった。1番人気に支持されたこのレースでは、2着トーセンエキコに8馬身差をつけて逃げ切った。モルフェデスペクタ フレッシュアイペディアより)

  • 第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズ

    第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズから見た柴田善臣柴田善臣

    アンドレアス・スボリッチは岡部幸雄、オリビエ・ペリエ、柴田善臣と並ぶこのシリーズ最多タイとなる2度目の優勝となった。第20回ワールドスーパージョッキーズシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のスポーツ

    1966年のスポーツから見た柴田善臣柴田善臣

    7月30日 - 柴田善臣(青森県、競馬)1966年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アサヒライジング

    アサヒライジングから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年、3歳になり、初戦の菜の花賞(オープン特別)は1番人気ながら9着、クイーンカップはコイウタの2着。年明け3戦目の桜花賞トライアルアネモネステークス(オープン特別)では鞍上が小林淳一から柴田善臣に乗り替わり、1番人気に推され2馬身差で勝利し、桜花賞の出走権を獲得した。またこのレースより管理調教師の加藤修甫が定年引退のため古賀慎明厩舎に転厩となっている。初クラシック出走となった桜花賞では逃げ切りを図りキストゥヘヴンの4着に、続く優駿牝馬(オークス)では先行し好位置につけてカワカミプリンセスの3着と好走した。アサヒライジング フレッシュアイペディアより)

  • アドマイヤフジ

    アドマイヤフジから見た柴田善臣柴田善臣

    秋は賞金の確保を目指し、ディープインパクトらの出走する神戸新聞杯を避け、柴田善臣に乗り替わってセントライト記念に出走。しかしレースは最後方からの厳しいものとなり、出走馬中最速の上がり3F34.4で追い込んだが、4着と賞金のみならず、またも優先出走権を逃してしまう。再び福永を背に迎えた菊花賞も出走は叶ったが、相手も悪く距離も長かったため、6着と初めて掲示板を外す結果に終わった。堅実に走るものの、どうにも勝ち運に見放された形になっていたが、その後11月20日の古都ステークス(1600万下)に出走し、今までに無い積極的な先行策でスウィフトカレントらを相手に勝利。オープン馬となって年を越すこととなった。アドマイヤフジ フレッシュアイペディアより)

  • シンコウシングラー事件

    シンコウシングラー事件から見た柴田善臣柴田善臣

    シンコウシングラーに騎乗した騎手の柴田善臣が負担重量を調節するために用意していた、2キログラムのゴム製パッドが鞍に装着されていなかったことが重量不足の原因であった。柴田がレース前の検量後に鞍を検量室内に置いた際、パッドのほかゼッケンや腹帯といった装具の順番を正しく並べておかず、それをシンコウシングラーの管理調教師である栗田博憲が装鞍するために検量室外へ運び出すにあたり、並べなおした際に、パッドを置き忘れたのではないかと推定された。シンコウシングラー事件 フレッシュアイペディアより)

  • ローゼンカバリー

    ローゼンカバリーから見た柴田善臣柴田善臣

    一時期主戦ジョッキーだった柴田善臣によると、ブリンカー未着用時の本馬はレース中1頭になると寂しがって鳴き、後から本馬を抜く馬がいると嬉しがって耳をパタパタさせて追いかけてしまったという。そのため駒草賞で5着に敗れた直後に、調教師の鈴木康弘に「ブリンカー付けよう」と提言している。また、同じ要因でレース中に集中力を欠くことが多かったとも述べている。ローゼンカバリー フレッシュアイペディアより)

  • サダムパテック

    サダムパテックから見た柴田善臣柴田善臣

    2010年10月17日、京都の2歳新馬戦で柴田善臣を鞍上に迎えてデビュー、5番人気に支持され2着となる。続く10月30日の未勝利戦で鞍上はC.スミヨンを迎えて初勝利を飾った。サダムパテック フレッシュアイペディアより)

  • キングヘイロー

    キングヘイローから見た柴田善臣柴田善臣

    1999年は年明け早々から柴田善臣騎乗でGIII東京新聞杯、GII中山記念を連勝した。タイキシャトルの抜けたマイル路線の中心的存在と期待されたが、3ヶ月ぶりの安田記念は11着に沈み、宝塚記念もふるわなかった。秋緒戦の毎日王冠を横山典弘騎乗で5着、天皇賞(秋)を柴田善臣で7着とふるわず、秋の短距離GI競走参戦時は福永祐一に戻る。この時騎乗にあたって、福永は頭を丸めて臨むという気合の入れようだった。マイルチャンピオンシップでは、武豊騎乗のブラックホークをかわすも、春秋マイルGI制覇を達成したエアジハードの横綱相撲の前に2着に敗れた。続くスプリンターズステークスでもブラックホーク、アグネスワールドを捕まえきれず3着と、いずれも勝ちきれなかった。キングヘイロー フレッシュアイペディアより)

96件中 61 - 70件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード