92件中 71 - 80件表示
  • ウイニングチケット

    ウイニングチケットから見た柴田善臣柴田善臣

    ところが、予定していた宝塚記念には間に合わず、復帰戦は高松宮杯(当時GII、中京芝2000m)までずれ込んだ。レースでは主戦の柴田政人が落馬事故で負傷していたため、(甥の)柴田善臣が騎乗したが、1番人気ながらナイスネイチャの5着と敗れた。ウイニングチケット フレッシュアイペディアより)

  • 降着制度

    降着制度から見た柴田善臣柴田善臣

    中央競馬における新ルール施行以降初の降着は、2013年11月3日の東京競馬第10競走ユートピアステークスで発生した。8位入線のアイムヒアー(熊沢重文騎乗)は、最後の直線コースで急に内側に斜行し、ダンスファンタジア(柴田善臣騎乗)の走行を妨害したとして9着に降着となった。熊沢重文は9日間(中央競馬開催日にして4日間)の騎乗停止となった。降着制度 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た柴田善臣柴田善臣

    入学内定者と卒業生の氏名はJRAから発表されるが、騎手課程の生徒の中途退学や入学内定者の辞退について報じられることは少ない。1992年には第11期生として3人の女性が入学したが1994年までに全員退学し、そのうち1人からは競馬学校側から退学を強要されたと主張され、民事訴訟を提起される事態となった。1999年には石崎駿の病気による退学、2009年には入学前にボクシングで実績を挙げていた原隆二の退学(およびプロボクシングジムへの入門)が報じられた。同じく2009年には12年ぶりの女性騎手を目指して入学した女性がいたが、脳腫瘍を患い翌年に退学している(2013年に20歳で死去)。それら以外でも、騎手・元騎手の関係を見渡しても津留千彰の息子の津留和希、鷹野宏史の子息、北村浩平の弟、張田京の息子の張田昂、柴田善臣の息子の柴田健登などが中途退学あるいは入学辞退をしている。なお、石崎駿の退学の際には、地方競馬のトップジョッキーであった父の隆之が退学が決まった駿を迎えに行ったが、その際「騎手の道は中央だけじゃないですから」と言ったといい、これも1つのきっかけとなって駿の退学の真相については、競馬マスコミ・競馬ライターなどの間で競馬学校の内部事情や体質なども含めて様々な憶測や噂を呼ぶことになった。競馬学校 フレッシュアイペディアより)

  • マイネルアワグラス

    マイネルアワグラスから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年9月24日、中山競馬の2歳新馬戦(芝1800m)でデビュー。騎手は柴田善臣で、2番人気であったが9着と敗れた。続く2戦は3着、2着と敗れたが、12月24日の2歳未勝利戦でようやく初勝利を挙げた。しかし、その後も伸び悩み、2勝目は翌2007年5月19日の500万下条件戦まで待たねばならなかった。マイネルアワグラス フレッシュアイペディアより)

  • ナカヤマフェスタ

    ナカヤマフェスタから見た柴田善臣柴田善臣

    柴田善臣との新コンビで4月24日のメトロポリタンステークスから始動。道中先団に位置し直線残り400m手前で抜け出し、そのまま押し切って快勝した。その後はステップレースを使わず6月27日の宝塚記念に直行することになった。陣営は菊花賞・中日新聞杯での大敗から長距離輸送に難があると考え、1週前追い切りの直後に栗東に入厩となった。迎えた宝塚記念は8番人気にとどまったが、道中は中団でレースを進め、4コーナーから進出。直線残り100mでコース中央外寄りから一気に伸び、前で粘る1番人気のブエナビスタとアーネストリーの競り合いを外からかわして、セントライト記念以来の重賞勝利を挙げると共に初のGI競走制覇を果たした。美浦調教馬(関東馬)が宝塚記念を勝利したのはグラスワンダー以来11年ぶりであった。ナカヤマフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • ルイジアナピット

    ルイジアナピットから見た柴田善臣柴田善臣

    続く柴田善臣がテン乗りで臨んだ牝馬東京タイムズ杯。これまではまりきっていなかった後方待機策がうまくはまり出走馬中最速の上がりで快勝し、重賞初勝利。ルイジアナピット フレッシュアイペディアより)

  • マリーンカップ

    マリーンカップから見た柴田善臣柴田善臣

    JRAの柴田善臣が騎手として史上初の連覇。マリーンカップ フレッシュアイペディアより)

  • ダイワメジャー

    ダイワメジャーから見た柴田善臣柴田善臣

    ダービーのあとは故郷・社台ファームで夏を過ごし、秋は三冠最終戦の菊花賞ではなく、古馬相手となる天皇賞(秋)を目標とすることが決まる。9月26日、柴田善臣を鞍上にオールカマー(GII)で復帰し、同じくここから始動したダービー3着のハイアーゲームに次ぐ2番人気の支持を受ける。しかしレースでは2番手追走から最後の直線で失速し、最下位9着と敗れる。10月31日に迎えた天皇賞では12番人気と評価を落とし、結果も勝ったゼンノロブロイから4秒離された、2戦連続の最下位17着に終わった。ダイワメジャー フレッシュアイペディアより)

  • アネモネステークス

    アネモネステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年 - 柴田善臣が騎手として3人目の連覇。アネモネステークス フレッシュアイペディアより)

  • サダムパテック

    サダムパテックから見た柴田善臣柴田善臣

    2010年10月17日、京都の2歳新馬戦で柴田善臣を鞍上に迎えてデビュー、5番人気に支持され2着となる。続く10月30日の未勝利戦で鞍上はC.スミヨンを迎えて初勝利を飾った。サダムパテック フレッシュアイペディアより)

92件中 71 - 80件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード