96件中 71 - 80件表示
  • ワシントンカラー

    ワシントンカラーから見た柴田善臣柴田善臣

    デビューより一貫して1600メートル以下の短距離路線に出走、1999年までの4年間は柴田善臣が主戦を務め重賞4勝を含む7勝すべてを柴田とのコンビで記録している。ワシントンカラー フレッシュアイペディアより)

  • 根岸ステークス

    根岸ステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    柴田善臣が騎手として史上2人目の連覇。根岸ステークス フレッシュアイペディアより)

  • カネヒキリ

    カネヒキリから見た柴田善臣柴田善臣

    2004年7月31日新潟第5競走で、柴田善臣を背に3番人気でデビューしたが、4着に敗れた。同競走の勝ち馬は、のちにフェアリーステークスを勝利するフェリシアだった。次の小倉の未勝利戦でも11着と惨敗した。カネヒキリ フレッシュアイペディアより)

  • 京成杯オータムハンデキャップ

    京成杯オータムハンデキャップから見た柴田善臣柴田善臣

    1996年 - 柴田善臣が騎手として3人目の連覇。京成杯オータムハンデキャップ フレッシュアイペディアより)

  • ナリタセンチュリー

    ナリタセンチュリーから見た柴田善臣柴田善臣

    続く天皇賞(秋)では内が伸びる馬場状態の中、外を突いて伸びてくるがゼンノロブロイの6着に敗れた。ジャパンカップでは再び乗り替わりとなり、柴田善臣を背に単勝4番人気に支持され、最後の直線では外目を突いて伸びるも5着に終わる。ナリタセンチュリー フレッシュアイペディアより)

  • ドモナラズ

    ドモナラズから見た柴田善臣柴田善臣

    オープンへ昇級後はなかなか結果がついて来ずに、「オープンのカベを感じている」(東田助手)状態だったが、柴田善臣が騎乗した2010年7月11日の七夕賞(GIII)では、これまでの先行策から一転して後方につけ、4角最後方から大外に進路を取り、残り数十メートルの地点で差し切って重賞初勝利を飾った。柴田は以前に騎乗した際に引っ掛かりながら意図しない場面で先頭に出てしまったことが印象に残っており、それを踏まえた上で後方からのレースを考えていたという。なお、アフリート産駒のJRA芝重賞制覇は2001年のCBC賞(GII)でリキアイタイカンが勝利して以来、9年振りのことであった。ドモナラズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡佑介

    藤岡佑介から見た柴田善臣柴田善臣

    2010年のサマージョッキーズシリーズでは、2位の柴田善臣とは2ポイントの僅差ながら優勝した。これにより同年11月27日に実施した第24回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場した。藤岡佑介 フレッシュアイペディアより)

  • ナカヤマナイト

    ナカヤマナイトから見た柴田善臣柴田善臣

    2010年8月8日、新潟競馬第5競走の芝1800m新馬戦に柴田善臣騎乗で初出走で2番人気に支持されたが、後方からの競馬となってしまい3着だった。次走の同じ新潟の未勝利戦は先行から直線抜け出しをはかるも2着、3戦目となった中山の未勝利戦は1番人気に推され、初勝利となった。その後11月の東京の500万下の百日草特別は直線追い上げるも2着に敗れる。次のベゴニア賞は逃げ切って2勝目を飾り、オープン入りをした。しかし年末のホープフルステークスは先に行くペルシャザールを捕らえることが出来ず、またも2着惜敗となった。ナカヤマナイト フレッシュアイペディアより)

  • 柴田政人

    柴田政人から見た柴田善臣柴田善臣

    栗東所属の調教師・柴田政見は実兄、元騎手の柴田利秋は実弟。叔父に元調教師の柴田不二男、甥に騎手の柴田善臣(一般人である長兄の実子)。プロ野球・西武ライオンズに所属した柴田博之も甥(利秋の実子)に当たる。柴田政人 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋守

    石橋守から見た柴田善臣柴田善臣

    その後競馬学校に進学した石橋は1985年3月3日、競馬学校第1期生(柴田善臣らと同期)として騎手デビューとなる。初騎乗を初勝利で飾った石橋はデビュー年は25勝を挙げ、新人賞を獲得するなど好成績を残す。翌年以降もコンスタントに2桁勝利を挙げ(デビュー以来、毎年2桁勝利を挙げている)、中堅騎手としての位置を確立していった。石橋守 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード