96件中 81 - 90件表示
  • ダイワメジャー

    ダイワメジャーから見た柴田善臣柴田善臣

    同年秋は柴田善臣とのコンビでオールカマーから始動したが、9頭立ての9着に終わる。続く天皇賞(秋)も17頭立ての17着と、2戦続けての最下位に終わる。敗因は春先から兆候が出ており、二冠馬タニノムーティエやゴールドアリュール、ハーツクライなどが引退に追い込まれた「ノド鳴り」とも呼ばれる喘鳴症であった。天皇賞後、手術を受けるために長期休養に入る。ダイワメジャー フレッシュアイペディアより)

  • ヤマニンゼファー

    ヤマニンゼファーから見た柴田善臣柴田善臣

    次走、京王杯スプリングカップでは田中勝春が騎乗停止中であったため、柴田善臣が騎乗、シンコウラブリイを1馬身半退けて勝利した。柴田の騎乗は本競走のみの予定であったが、同時期に田中が所属する藤原敏文厩舎からセキテイリュウオーが台頭し、田中は同馬への騎乗を余儀なくされたため、次走の安田記念も引き続き柴田が騎手を務めた。ヤマニンゼファー フレッシュアイペディアより)

  • ダイワカーリアン

    ダイワカーリアンから見た柴田善臣柴田善臣

    主に柴田善臣、田面木博公、北村宏司が騎乗。戦法は主に逃げ。マイルから2000メートルの中距離戦に出走する事が多かったが、1200メートルの短距離GI高松宮記念で4着となったり、最後のレースとなった2500メートルの重賞アルゼンチン共和国杯でも4着となるなど、幅広い距離適性を見せた。高齢になってから活躍する晩成タイプだった。二ノ宮厩舎の敷地内には当該馬の石碑が建てられている。ダイワカーリアン フレッシュアイペディアより)

  • アネモネステークス

    アネモネステークスから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年 - 柴田善臣が騎手として3人目の連覇。アネモネステークス フレッシュアイペディアより)

  • 福島競馬場

    福島競馬場から見た柴田善臣柴田善臣

    2004年から2007年まで夏季開催最終日に「福島超短距離ステークス」と題する交流イベントが行われた。中央競馬の騎手とファンがそれぞれ4人1組のチームで芝コース200メートル(4×50メートル)をリレーで競走するもので、若槻千夏や柴田善臣らがスターターを務め、福島大学吹奏楽団によるGIファンファーレの生演奏やラジオNIKKEIのアナウンサーによる場内実況のほか、ゲート式発馬機、ターフビジョン、着順掲示板も使い、実際の競馬の競走になぞらえた趣向がとられた。競走後には芝コースの馬場が一定時間ファンに開放された。最終年には出場チーム募集のCMが制作され、後藤浩輝、小林淳一、村田一誠、西田雄一郎の4騎手が出演し、グリーンチャンネルの中央競馬中継や競馬場のターフビジョンで放映された。福島競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉競馬場

    小倉競馬場から見た柴田善臣柴田善臣

    ローカル競馬中心に騎乗すると決めている中舘英二や、若手騎手限定競走に参加可能な見習騎手・騎乗数に恵まれない若手騎手は多く参戦しているが、リーディング上位の横山典弘等に小倉でお目にかかれることは滅多になく、特に柴田善臣は2010年8月1日(小倉記念でドモナラズに騎乗)が現在のところ唯一の小倉参戦である。ただし、夏の小倉開催には中舘らの参戦はほとんどない。また関東馬の参戦も少ない。夏競馬においてはその傾向が特に高い。小倉競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 武豊

    武豊から見た柴田善臣柴田善臣

    1987年 (昭和62年) の騎手デビュー以降、JRAにおいて数々の記録を更新し、「天才」と呼ばれることも多い。2010年 (平成22年) 4月12日に日本騎手クラブの東西役員総会で柴田善臣の後任として会長に選出され、同年9月16日に就任した。武豊 フレッシュアイペディアより)

  • 音無秀孝

    音無秀孝から見た柴田善臣柴田善臣

    2003年より2010年まで厩舎所属騎手として生野賢一がいたが、重賞を含む上級条件競走においては、関西では武豊、関東では柴田善臣が騎乗することが多い。熱心な競馬ファンの間では「関東で柴田を乗せてきたら買い」とも言われるほどの複勝率を誇る。音無秀孝 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田康誠

    岩田康誠から見た柴田善臣柴田善臣

    また、12月24日にはJRAでの年間騎乗回数を952回を記録し、それまでのJRAでの年間最多騎乗回数は2004年に記録した柴田善臣騎手の940回を超えて年間最多騎乗回数の記録保持者となった。岩田康誠 フレッシュアイペディアより)

  • 競馬学校

    競馬学校から見た柴田善臣柴田善臣

    入学内定者と卒業生の氏名はJRAから発表されるが、騎手課程の生徒の中途退学や入学内定者の辞退について報じられることは少ない。1992年には第11期生として3人の女性が入学したが1994年までに全員退学し、そのうち1人からは競馬学校側から退学を強要されたと主張され、民事訴訟を提起される事態となった。1999年には石崎駿の病気による退学、2009年には入学前にボクシングで実績を挙げていた原隆二の退学(およびプロボクシングジムへの入門)が報じられた。それら以外でも、騎手・元騎手の関係を見渡しても津留千彰・張田京・鷹野宏史・柴田善臣の子息、北村浩平の弟などが中途退学あるいは入学辞退をしている。なお、石崎駿の退学の際には、地方競馬のトップジョッキーであった父の隆之が退学が決まった駿を迎えに行ったが、その際「騎手の道は中央だけじゃないですから」と言ったといい、これも1つのきっかけとなって駿の退学の真相については、競馬マスコミ・競馬ライターなどの間で競馬学校の内部事情や体質なども含めて様々な憶測や噂を呼ぶことになった。競馬学校 フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード