92件中 81 - 90件表示
  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た柴田善臣柴田善臣

    2006年の東京新聞杯で、京王杯スプリングカップなどで騎乗した柴田善臣とのコンビが復活する。しかし東京新聞杯は2着、次の阪急杯は3着と勝ち切れない結果が続いた。そこで「距離が短い方がいい」と考えた柴田は、1200mの高松宮記念への出走を進言、これが馬主の意図とも一致したため出走が決定し、そして見事に勝利を収めた。同馬のGI勝ちは、調教師の音無秀孝にとって初、馬主の小田切有一にとっては21年ぶり、騎手の柴田にとっては6年ぶりのGI勝ちであり、陣営にとっては格別の勝利となった。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本競馬

    2017年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    中山競馬第5競走で蛯名正義、また同競馬第9競走で柴田善臣(いずれも美浦)がそれぞれ武豊に次いてJRA史上2人目・3人目となる通算2万回騎乗を達成。2017年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本競馬

    2015年の日本競馬から見た柴田善臣柴田善臣

    25日 - 福島競馬第2競走で、柴田善臣(美浦)が武豊に次いで史上2人目となるJRA通算1万9000回騎乗を達成。→3月29日の出来事も参照2015年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • カネヒキリ

    カネヒキリから見た柴田善臣柴田善臣

    2004年7月31日新潟第5競走で、柴田善臣を背に3番人気でデビューしたが、4着に敗れた。同競走の勝ち馬は、のちにフェアリーステークスを勝利するフェリシアだった。次の小倉の未勝利戦でも11着と惨敗した。カネヒキリ フレッシュアイペディアより)

  • ジャスタウェイ

    ジャスタウェイから見た柴田善臣柴田善臣

    安田記念では、騎乗予定であった福永の騎乗停止により鞍上に4歳時の毎日王冠以来の騎乗となる柴田善臣を迎えた。不良馬場で行われたレースでは、直線先に抜けだしたグランプリボスとのたたき合いをゴール前でしぶとく差し切って3度目のGIを制した。安田記念の後、陣営は改めて宝塚記念をステップに凱旋門賞挑戦の意欲を示した。しかし、レース後の疲労が激しかったことから、ファン投票で4位に支持されていた宝塚記念への出走は回避することとなった。宝塚記念出走回避後の7月23日、同厩ゴールドシップとともに凱旋門賞への遠征が正式に発表され、鞍上は福永、前哨戦を使わず凱旋門賞へ直行することとなった。レースは後方4番手で進んだが最後伸びず、連覇したトレヴの8着に敗れた。帰国緒戦となったジャパンカップでは、最後の100メートルで脚を鈍らせ2着に敗れた。そして、続く有馬記念を最後に現役を引退すると発表された。有馬記念は4コーナー12番手から鋭く伸びたが4着に終わった。2015年1月4日、京都競馬場で引退式が行われた。1月7日付けで競走馬登録を抹消され、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となった。ジャスタウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ホクトヘリオス

    ホクトヘリオスから見た柴田善臣柴田善臣

    1988年、5歳の初戦となる中山競馬場開設60周年記念(オープン特別)で、初めて柴田善臣とコンビを組み、アタマ差の2着となる。以降はその年のスワンステークスで西浦勝一が騎乗したほかは、すべて柴田が騎乗した。ホクトヘリオス フレッシュアイペディアより)

  • ホクトビーナス

    ホクトビーナスから見た柴田善臣柴田善臣

    1989年1月にデビュー戦の新馬戦を優勝。翌2月にはうぐいす賞を連勝で制し、4月に桜花賞に出走した。同レースには収得賞金の関係から抽選による出走であり人気も6番人気であったが、厩務員の中野馨が「最高の状態。勝つつもりでいる」とコメントするなど体調は良かった。レースでは直線で一時先頭に立ったがゴール寸前でシャダイカグラに交わされ、タイム差なしの2着に敗れた。ホクトビーナスに騎乗した柴田善臣はシャダイカグラをマークし同馬が後方から進出するのを見てスパートのタイミングを遅らせる工夫を見せたが及ばず、柴田はレース後に鞭を叩きつけるほど悔しがった。ホクトビーナス フレッシュアイペディアより)

  • 音無秀孝

    音無秀孝から見た柴田善臣柴田善臣

    2003年より2010年まで厩舎所属騎手として生野賢一がいたが、重賞を含む上級条件競走においては、関西では武豊、関東では柴田善臣が騎乗することが多い。熱心な競馬ファンの間では「関東で柴田を乗せてきたら買い」とも言われるほどの複勝率を誇る。音無秀孝 フレッシュアイペディアより)

  • 林満明

    林満明から見た柴田善臣柴田善臣

    1986年、競馬学校騎手課程の第1期生として栗東・吉田三郎厩舎より騎手デビュー。同期には石橋守、柴田善臣らがいる。デビュー初年度より勝ち鞍を重ね1987年、障害重賞を初制覇、1988年、デビュー3年目で優秀障害騎手賞を受賞するなど障害競走において早くから頭角を現す。林満明 フレッシュアイペディアより)

  • サウスヴィグラス

    サウスヴィグラスから見た柴田善臣柴田善臣

    エンドスウィープ初期の代表産駒で2002年 - 2003年にかけてのダート短距離路線で活躍し、GIを含む8つのダート短距離重賞を制覇した。おもな戦績に2003年のJBCスプリント(統一GI)がある。主戦騎手は柴田善臣サウスヴィグラス フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード