137件中 41 - 50件表示
  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た川崎競馬場

    1997年生まれのアフリート産駒。川崎の関東オークス(統一GIII)を初め、札幌のエルムステークス、浦和の浦和記念(統一GII)など各地の交流重賞8勝すべてを、柴田とのコンビで挙げた。牝馬ながら2002年のJBCクラシックではアドマイヤドンの2着になるなど、男勝りな面も見せ、国内で3年間タフに活躍した。現在はアメリカで繁殖牝馬として過ごしている。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たワイン

    柴田自身もワインについて造詣が深く、ワインの同好会に参加するほか、自身のブログの中でワインを選ぶ際のポイントや、愛用のワイングラス「ロブマイヤー・バレリーナ」について述べている。さらに趣味は多岐に渡り、2008年秋には当時日本に1台も輸入されていなかったイタリア製の三輪スクーター、ジレラFUOCO500ieを購入したことをブログで取り上げていた。ブログはその後「騎手会長の仕事がかなり忙しくなってきたため」休止していたが、2011年7月12日にアメーバブログにて再度開設されている。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たナカヤマフェスタ

    一方で、中央GIを8勝していながら、クラシックのGIは未勝利である。また、8勝のうち6勝が東京と中京の左回りの競馬場で、右回りの競馬場では長らく中央GI勝利がなかったが、2010年の宝塚記念をナカヤマフェスタで制し、右回りの競馬場での中央GI初勝利となった。JRA主要競馬場の1つの京都競馬場の重賞は長く未勝利であったが、2007年にマイネルスケルツィで京都金杯を勝ったことにより、重賞を勝っていない競馬場は函館と小倉となった。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た安田記念

    1993年、安田記念でヤマニンゼファーに騎乗し、GI初勝利を挙げた。この時期の前後から安定して勝利を重ね、関東の有力騎手として台頭。2001年1月21日には中山第5競走の新馬戦においてティエッチコマンドに騎乗して1着となり、JRA通算1,000勝を達成し、ワールドスーパージョッキーズシリーズも2度制覇(1999年、2003年)している。そして、掲示板(5着以内)へ頻繁に入着する堅実な騎乗で3年連続JRAの関東リーディングジョッキー(2002年-2004年)に輝いている。また、夏の新潟・福島開催で好成績を残しており、なかでも2002年から2004年にかけて3年連続で新潟リーディングジョッキーに輝いているほか、2001年7月14日の新潟競馬第10競走「NiLS21ステークス」ではツジノワンダーに騎乗して当時の芝2000メートル日本レコードとなる1分56秒4を記録している。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たジャパンカップ

    父は名種牡馬ノーザンテースト。母系も数々の名馬を輩出したスターロツチ系のため大変期待されていたが、血統に似合わぬズブさのため、大レースに出走するものの掲示板に載るのがやっとの有様であった。そして『一流半』の烙印を押された所で柴田に手綱が巡り、このコンビでアメリカジョッキークラブカップなど重賞を2勝した。なお、旧6歳(現5歳)秋にはジャパンカップを鼻出血で、有馬記念を蕁麻疹により連続で出走を取り消すという珍事件(いずれも柴田が騎乗する予定であった)を起こした。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たグランプリボス

    2014年第64回安田記念にて、当初の同馬騎乗予定の福永祐一が騎乗停止処分中であったことによる騎乗。グランプリボスを鼻差で退け自身2度目となる安田記念制覇となった。2012年と13年の毎日王冠にも同馬に騎乗しており、いずれも2着。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たエリザベス女王杯

    また2010年は、前述のように宝塚記念で4年ぶりのGI勝利の後、ラジオNIKKEI賞をアロマカフェで、七夕賞を11番人気のドモナラズで勝ち、3週連続重賞勝ちを記録した。その後、2011年12月17日には、中山第11競走のディセンバーステークスにおいてナカヤマナイトに騎乗して1着となり、JRA通算2,000勝を達成した。2012年11月11日にはエリザベス女王杯をレインボーダリアで制覇し、自身初となる牝馬GI及び京都競馬場でのGI競走優勝を果たした。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た東京優駿

    2001年から2005年の間は中央GIを勝つことができず、また見せ場も少なかった。しかし2006年の高松宮記念で6年振りの中央GI制覇を果たしたのを皮切りに、桜花賞、ヴィクトリアマイル、優駿牝馬といった牝馬GIの舞台で、人気薄の馬を好走させている。そして、続く東京優駿でも、初騎乗のアドマイヤメインで2着に入った。惜しくもダービージョッキーとなることは出来なかったが、例年のイメージと異なるその姿は、周囲を驚かせるに十分であった。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た日本中央競馬会

    柴田 善臣(しばた よしとみ、1966年7月30日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 美浦トレーニングセンター所属の騎手。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た動物

    動物好きの柴田は猛禽類も愛し、以前はハヤブサの「ピー」を飼っていたが、野生に帰った(逃げられた)為、現在はノスリの「クー」ほか、計2羽の鷹を飼っている(しかし騎手会長職等の多忙さから今は手元にいない)。2010年に月刊誌UMAJINが企画した騎手からの年賀状では、鷹匠としての柴田の姿のみが印刷され、馬はどこにも写っていない。また、夫人が中心ではあるが犬のブリーディングも手掛け、休日(平日)にはドッグショーにも参加し、自らハンドリングもする。代表格の「ジェリタ」を初め、犬達の名前はバリ島に傾倒する夫人により名付けられ、それぞれインドネシア語に由来する。2006年FCIアジアインターナショナルドッグショーにて愛犬のサルーキー(チタチタ)がBOB(ベストオブブリード)を獲得した。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

137件中 41 - 50件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード