131件中 71 - 80件表示
  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たドッグショー

    動物好きの柴田は猛禽類も愛し、以前はハヤブサの「ピー」を飼っていたが、野生に帰った(逃げられた)為、現在はノスリの「クー」ほか、計2羽の鷹を飼っている(しかし騎手会長職等の多忙さから今は手元にいない)。2010年に月刊誌UMAJINが企画した騎手からの年賀状では、鷹匠としての柴田の姿のみが印刷され、馬はどこにも写っていない。また、夫人が中心ではあるが犬のブリーディングも手掛け、休日(平日)にはドッグショーにも参加し、自らハンドリングもする。代表格の「ジェリタ」を初め、犬達の名前はバリ島に傾倒する夫人により名付けられ、それぞれインドネシア語に由来する。2006年FCIアジアインターナショナルドッグショーにて愛犬のサルーキーがBOB(ベストオブブリード)を獲得した。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た騎乗停止

    2006年のアネモネステークスより、当時騎乗停止中であった小林淳一から乗り替わりコンビを組む。優駿牝馬やヴィクトリアマイルでもコンビを組んで好走。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たJBCクラシック

    1997年生まれのアフリート産駒。川崎の関東オークス(統一GIII)を初め、札幌のエルムステークス、浦和の浦和記念(統一GII)など各地の交流重賞8勝すべてを、柴田とのコンビで挙げた。牝馬ながら2002年のJBCクラシックではアドマイヤドンの2着になるなど、男勝りな面も見せ、国内で3年間タフに活躍した。現在はアメリカで繁殖牝馬として過ごしている。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たダートグレード競走

    1997年生まれのアフリート産駒。川崎の関東オークス(統一GIII)を初め、札幌のエルムステークス、浦和の浦和記念(統一GII)など各地の交流重賞8勝すべてを、柴田とのコンビで挙げた。牝馬ながら2002年のJBCクラシックではアドマイヤドンの2着になるなど、男勝りな面も見せ、国内で3年間タフに活躍した。現在はアメリカで繁殖牝馬として過ごしている。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たアネモネステークス

    2006年のアネモネステークスより、当時騎乗停止中であった小林淳一から乗り替わりコンビを組む。優駿牝馬やヴィクトリアマイルでもコンビを組んで好走。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たアドマイヤメイン

    2001年から2005年の間は中央GIを勝つことができず、また見せ場も少なかった。しかし2006年の高松宮記念で6年振りの中央GI制覇を果たしたのを皮切りに、桜花賞、ヴィクトリアマイル、優駿牝馬といった牝馬GIの舞台で、人気薄の馬を好走させている。そして、続く東京優駿でも、初騎乗のアドマイヤメインで2着に入った。惜しくもダービージョッキーとなることは出来なかったが、例年のイメージと異なるその姿は、周囲を驚かせるに十分であった。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た斤量

    1982年に競馬学校の第一期生として入学。1985年に騎手免許を取得し、美浦の中野隆良厩舎所属でデビュー。初騎乗は同年3月9日の中山競馬第6競走のイズミサンエイで5着、初勝利は同年4月7日の中山競馬第3競走のイズミサンエイであった。同年は12勝を挙げ、民放競馬記者クラブ賞(新人騎手賞)を受賞している。1988年の中山牝馬ステークスで、主戦の柏崎正次騎手が斤量50kgでの騎乗ができない為、代打でソウシンホウジュに騎乗し、重賞初勝利を挙げた。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たジョッキーベイビーズ

    2009年には、次男が翌年度の競馬学校騎手課程(29期生)に合格したことが発表された。また同年、三男がジョッキーベイビーズの関東地区予選に出場したが最下位に敗れた。翌年の競馬学校入学式では次男が力強く生徒宣誓の大役を務め上げ、騎手会長で来賓として出席した柴田も報道陣からコメントを求められた際には「3年間を耐えられないようじゃダメだし、騎手にもなれない。しっかり頑張って欲しい。」と辛口のエールを送っていたが、その後に向けられた息子との記念写真のカメラの前では相好を崩した。しかし次男は2012年に競馬学校を退学した。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見たノスリ

    動物好きの柴田は猛禽類も愛し、以前はハヤブサの「ピー」を飼っていたが、野生に帰った(逃げられた)為、現在はノスリの「クー」ほか、計2羽の鷹を飼っている(しかし騎手会長職等の多忙さから今は手元にいない)。2010年に月刊誌UMAJINが企画した騎手からの年賀状では、鷹匠としての柴田の姿のみが印刷され、馬はどこにも写っていない。また、夫人が中心ではあるが犬のブリーディングも手掛け、休日(平日)にはドッグショーにも参加し、自らハンドリングもする。代表格の「ジェリタ」を初め、犬達の名前はバリ島に傾倒する夫人により名付けられ、それぞれインドネシア語に由来する。2006年FCIアジアインターナショナルドッグショーにて愛犬のサルーキーがBOB(ベストオブブリード)を獲得した。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田善臣

    柴田善臣から見た東京新聞杯

    1999年の東京新聞杯より手綱を取り、2000年高松宮記念を優勝。柴田善臣 フレッシュアイペディアより)

131件中 71 - 80件表示

「柴田善臣」のニューストピックワード