111件中 11 - 20件表示
  • 平野ノラ

    平野ノラから見た柴田英嗣柴田英嗣

    ネタを作るに当たっては、バブル時代当時平野本人はまだ小学生だったという世代的な事情から、バブル時代関連の本と自身のわずかな記憶を頼りに、『あぶない刑事』や柴門ふみの作品、ホイチョイ・プロダクションズの作品、1980年代の曲の歌詞などを参考にしている。「OK、バブリー!」「ぶっとびー!」「おったまげ!」(ショルダーホンの受話器を取って)「しもしも〜?」などの決め台詞、「ワンレン・ボディコン・舘ひろし」などの定番の台詞がある。また、五十音の一文字を言われたらバブル時代らしい言葉で返すという「OK50音バブリー!」と称したネタもあり、このネタは自分のブログの中でも頻繁に披露している。他に、五十音の一文字を言われたら、デヴィ夫人が言いそうな言葉で返すというネタ、「バブリーしりとり」(DVD『アンタッチャブル柴田の「ワロタwwww」?超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち?』収録)などのネタがある。風の谷のナウシカの音楽「ナウシカ・レクイエム」と掛け合わせた「ランランララ、ランディ・バース」というネタは、今の夫との会話の中から出来た。「バブル時代を再現するというわけではなく、あの時代をいじりたいので、それからちょっとずれてても、自分が面白いと思ったことを優先してネタを作っている。バブルを直に体験していたらこのネタは出来なかった」という。平野ノラ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た柴田英嗣柴田英嗣

    第21回には柴田英嗣のモノマネを披露し、第22回では倉田保昭のモノマネも披露していた。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 中村涼子

    中村涼子から見た柴田英嗣柴田英嗣

    女子中高生など色々なキャラクターに扮しての一人コントが主。ドジでお転婆な女子中高生の一人コントの他、少女漫画好きなところを生かして、「少女漫画あるある」のネタ、少女漫画のある一シーンの再現などを一人コントで演じるものもある。この他これまでには、ミンキーモモ、セーラームーン、ルパン三世の峰不二子、『エースをねらえ!』のお蝶夫人、『ガラスの仮面』などアニメヒロインから、敵キャラの魔女などのキャラクターコントを演じて来た。DVD『アンタッチャブル柴田の「ワロタwwww」?超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち?』では「跳ねる少女マンガ芸人」のキャッチフレーズが付き、「現実では見たことないが少女漫画にはよく見るシーン」のネタを披露している。このネタの時「タナカコウヘイ」と言う名前が良く出て来て、ネタ中にも頻繁にこの名前を発していたことがあったが、これが作曲家の田中公平にも伝わり、その田中自身がブログで話題にしていたことがあった。なお、キャラクターコント、少女漫画ネタ以外のネタも有り、自ら録音したナレーションに合わせて演技をするというネタもある。2016年からは漫談のネタも行っている。中村涼子 フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た柴田英嗣柴田英嗣

    有名人にもファンが多く、石川亜沙美(Ryojiの元妻)、ベッキー、島谷ひとみ、上戸彩、安田美沙子、安田大サーカス、ダイノジ、サッカー選手の堀之内聖、大黒将志、田中達也、平川忠亮、アンタッチャブルの柴田英嗣などが有名である。柴田英嗣がプライベートで後輩の芸人達と組んでいるシバメイシとは番組の中でも共演をするなど交流も深い。プロ野球選手の中でもオリックス・バファローズのT-岡田や横浜DeNAベイスターズの荒波翔、千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大らが打席での登場曲に「カーニバル」を使用するなど、多くの選手が曲を登場曲に使用するなど人気が高い。広島東洋カープの梵英心はプロ野球雑誌プロ野球aiの中で「気分転換にケツメイシを聴く」、「ケツメ歌いますよ。ラップの部分は歌いません。」などと発言。福岡ソフトバンクホークスの吉村裕基はケツメイシの曲を打席での登場曲に使用しており、2014年からは交流のある大蔵とDJ KOHNOが作曲したオリジナル曲を使用。元阪神タイガースの吉見祐治も大蔵と交流があり、登板時にはケツメイシの曲を登場曲として使用していた。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • クイズプレゼンバラエティー Qさま!!

    クイズプレゼンバラエティー Qさま!!から見た柴田英嗣柴田英嗣

    9月29日に放送された「裏チキンNo.1決定戦」の続編。結果はアンタッチャブルの柴田英嗣が「Qさま愛している王」に選ばれた。南海キャンディーズの山ちゃんが相方のしずちゃんによる「山ちゃんは収録の合間に風俗に行っている」等のとんでもない暴露発言の数々によって「Qさま愛していない王」(裏の顔ワースト芸人)に選ばれた。山ちゃんはこの後しずちゃんから痛いビンタを受けた。その後、しずちゃんに対する批判が相次いだ。ちなみにアンタッチャブル柴田は相方の山崎が持込んだこの企画について「3度目の正直を狙いたい気持ちは分かるけれど、そのために欠席裁判企画を使い回すなんてありえない」と揶揄している。クイズプレゼンバラエティー Qさま!! フレッシュアイペディアより)

  • ナマ先生

    ナマ先生から見た柴田英嗣柴田英嗣

    アンタッチャブルの柴田英嗣とは、知識においてライバル関係にある。気まぐれでぶっきらぼうな受け答え方をするが、受け売りの知識ではなく、相当な経験からの回答が多い。ナマ先生の詳細は謎が多いが、番組内のやり取りで次のようなことがわかっている。ナマ先生 フレッシュアイペディアより)

  • 生態科学研究機構

    生態科学研究機構から見た柴田英嗣柴田英嗣

    動物行動学が専門で、上智大学大学院、京都大学霊長類研究所時代には、霊長類の社会構造、知能などの研究をしていた。その後、多摩動物公園、上野動物園の学芸員に相当する動物解説員では、約400種類の野生動物の生態と飼育方法を修得したとされている。その後、大学、動物系の専門学校の講師として教鞭をとっている。2011年現在、学校法人滋慶学園 東京コミュニケーションアート専門学校の教育顧問を畑正憲らとともに務めている。動物園のデザインプロデュース、イベント企画なども手がけ、これまでの専門学校での教え子数百人が、動物園、水族館、自然保護関係、ペット業界の第一線で活躍している。さらに一時期、東京大学でヒトゲノムの研究スタッフとしても従事していたこともあった。国内外のフィールドワークも精力的に行っていることから、2010年には生物多様性条約第10回締約国会議COP10のパートナーシップ事業において講演などもしている。一方、動物系の科学番組やバラエティを数多く監修・出演している。中でもフジテレビ系列(CX)のさまぁ〜ず冠番組の特番『地上最大のTV動物園』は、総監修の他、ナマ先生というキャラクターでレギュラー出演している。動物好きの芸能人との親交も深く、アンタッチャブルの柴田英嗣、THE GEESEの尾関らとはライブハウスなどでトークショー、対談なども行っている。生態科学研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • お台場湾岸テレビ (テレビドラマ)

    お台場湾岸テレビ (テレビドラマ)から見た柴田英嗣柴田英嗣

    柴田プロデューサー - 柴田英嗣(アンタッチャブル)お台場湾岸テレビ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • JUNK 交流戦スペシャル

    JUNK 交流戦スペシャルから見た柴田英嗣柴田英嗣

    2006年9月29日 蛍原徹(雨上がり決死隊) / 柴田英嗣 (アンタッチャブル)JUNK 交流戦スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • エレファントJoyToy

    エレファントJoyToyから見た柴田英嗣柴田英嗣

    アンジャッシュ(渡部建、児嶋一哉)、鈴木拓、東京03(飯塚悟志、角田晃広、豊本明長)、北陽(虻川美穂子、伊藤さおり)、キングオブコメディ、アンタッチャブル(柴田英嗣、山崎弘也)、ラバーガール、鬼ヶ島、とーどーゆーた、おぎやはぎ(小木博明、矢作兼) 他エレファントJoyToy フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「柴田英嗣」のニューストピックワード