前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示
  • よう司大

    よう司大から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    小学校4年生から相撲を始め、日本大学では全国大会に出場するなど活躍した。入間川部屋に入門し、1996年1月場所に幕下付出で初土俵を踏んだ。同期には栃乃洋、海鵬、柳川らがいる。時間は掛かったものの着実に番付を上げて行き、1998年5月場所に十両に昇進するとともに、四股名を本名の鈴木から司に改めた。この司という四股名は、「火の出る様な相撲で華となれ」との願いを込めて入間川親方(元関脇・栃司)が名付けた。よう司大 フレッシュアイペディアより)

  • 春日野部屋

    春日野部屋から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    約30年にわたり師匠を務めた9代は1990年(平成2年)1月に逝去し、それに伴い、部屋付き親方である9代中立(元横綱・栃ノ海)が10代春日野を襲名して部屋を継承した。10代は関脇・栃乃洋や小結・栃乃花などといった関取を育て上げた。春日野部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋

    栃乃洋から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    場所後、大関日馬富士は第70代横綱へ推挙され、9月26日に昇進伝達式、9月28日に明治神宮奉納土俵入りを行い、翌9月29日の栃乃洋引退竹縄襲名披露大相撲で国技館初めての土俵入りを行った。土俵入りは不知火型を選択した。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    初日に大関把瑠都が前場所優勝同点の平幕豊ノ島に敗れ、角番の日馬富士のみが4日目まで勝ちっ放したが5日目から2連敗した。大関・三役陣に代わって場所序盤を盛り上げたのはこの場所番付を幕内下位に下げていた若の里と栃乃洋の両ベテランで、若の里は初日から5連勝、栃乃洋は初日から7連勝と活躍し、全勝の横綱白鵬と並走した。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大日ノ出崇揚

    大日ノ出崇揚から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    高校・大学時代の活躍から幕下付出資格を得たことで出世は早いものと思われていたが、右膝の故障によって幕下中位で相撲を取ることが続いていた。1996年7月場所では6戦全勝と好調を維持していたが、もう1人の6戦全勝が同部屋の広瀬山昌司だったため、同場所13日目に行われた7番相撲は星違いの後藤泰一との対戦が組まれた。この取組に敗れ、広瀬山も敗れたことで全勝がいなくなり、1敗力士9人による優勝決定戦となった。西田山は優勝決定戦でも敗れて優勝を逃すなど、ここ一番での取組に弱かった(この場所の幕下優勝は、7番相撲で広瀬山を破った金作善治)。大日ノ出崇揚 フレッシュアイペディアより)

  • 木村山守

    木村山守から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    明るい人物で知られており、断髪式でも涙を見せなかった。竹縄がはさみを入れた際には、竹縄に耳元でゴルフに行く予定をささやかれて思わず吹き出す一幕もあった。木村山守 フレッシュアイペディアより)

  • 竹縄泰一

    竹縄泰一から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    竹縄泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 海鵬涼至

    海鵬涼至から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    漁師の長男に生まれる。小学校3年の時に全校生徒が出る祭りの相撲大会に出場したことをきっかけに相撲を始め、日本大学でも活躍した。卒業後は、日大時代兄の様に慕っていた堤内(後の十両・北勝光)が在籍する八角部屋に入門。1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏む。初土俵の同期には後の関脇・栃乃洋、前頭・燁司、十両・柳川らがいる。以来、順調に出世し、1997年5月場所で新十両昇進。その1年後の1998年5月場所で新入幕を果たした。東前頭4枚目の地位で迎えた2001年9月場所では横綱武蔵丸を破って初金星を獲得し、10勝5敗と幕内で自身初の2桁勝利を記録して初の三賞である技能賞を受賞。この好成績により、翌11月場所では新三役となる小結に昇進した。しかし5勝10敗と大敗し、三役経験はこの1場所のみに終わっている。海鵬涼至 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のスポーツ

    1996年のスポーツから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    十両優勝 : 栃乃洋泰一(13勝2敗)1996年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
48件中 1 - 10件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード