前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示
  • よう司大

    よう司大から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    小学校4年生から相撲を始め、日本大学では全国大会に出場するなど活躍した。入間川部屋に入門し、1996年1月場所に幕下付出で初土俵を踏んだ。同期には栃乃洋、海鵬、柳川らがいる。時間は掛かったものの着実に番付を上げて行き、1998年5月場所に十両に昇進するとともに、四股名を本名の鈴木から燁司に改めた。この燁司という四股名は、「火の出る様な相撲で華となれ」との願いを込めて入間川親方(元関脇・栃司)が名付けた。よう司大 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋

    栃乃洋から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋 フレッシュアイペディアより)

  • 双筑波勇人

    双筑波勇人から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    土浦日本大学高校時代は柔道部に所属し、全国大会に出場するなど活躍した。知人の紹介で立浪部屋に入門し、1993年3月場所に初土俵を踏んだ。入門から2年半で幕下に昇進。投げ技が得意で、左四つになると特に力を発揮した。1996年7月場所、広瀬山は幕下で6戦全勝とするが、もう1人の6戦全勝が同部屋の大日ノ出だった為、13日目、7番相撲で星違いの金作と対戦が組まれたが敗れ、大日ノ出も星違いの後藤に敗れた為、全勝力士が消えて1敗力士9人による優勝決定戦とされてしまった(優勝は金作)。幕下中位でやや苦労したが、1999年1月場所に十両に昇進した。しかし立ち合いが遅く、強引な投げ技が多く糖尿病もあったため2勝13敗と大敗し1場所で幕下に陥落した。同年9月場所、西幕下9枚目で幕下唯一の6戦全勝として幕下優勝と同時に十両復帰のチャンスを得たが、13日目、7番相撲で星違いの十文字に敗れて幕下優勝及び十両復帰を共に逃した。全勝の双筑波が敗れた為幕下は6勝1敗で7人が並んだが、双筑波本人は怪我の為千秋楽に行われた幕下優勝決定戦を棄権する羽目になってしまった(決定戦は双筑波を除く6人で行われ、彩豪が優勝した)。その後は精彩を欠く相撲が多くなり、ヘルニアの持病もあって幕下に低迷。2002年1月場所を最後に現役を引退した。引退後は実家の建材会社を手伝っている。双筑波勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 拓殖大学相撲部

    拓殖大学相撲部から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一 - 全国学生相撲選手権大会優勝、大相撲入り後は関脇まで昇進した。拓殖大学相撲部 フレッシュアイペディアより)

  • 栃天晃正嵩

    栃天晃正嵩から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    以降、順調に番付を上げて行き、初土俵から3年半たった1985年9月場所で幕下に昇進。1990年5月場所では幕下唯一の6戦全勝としたが、幕下優勝のかかった7番相撲で星違いの琴の若に敗れ、1敗力士8人による決定戦の末、優勝を逃す(優勝は林)。幕下上位で苦労したものの1991年1月場所で新十両に昇進。以後十両と幕下との往復はあったが、1993年9月場所では自己最高位となる東十両4枚目まで番付を上げた。新入幕の期待もあったが序盤から星が伸びず、後半やや持ち直したものの結局6勝9敗と負け越してしまい入幕はならなかった。1996年7月場所、西幕下3枚目で6勝1敗の星を残し再十両を確実とする。この場所、幕下で6戦全勝の広瀬山と大日ノ出が13日目、7番相撲で共に敗れた(2人は同部屋のため、6戦全勝同士の直接対決が組まれず双方星違いの力士に敗れた)ため、2度目の幕下優勝決定戦出場を果たしている(準決勝で同部屋の後藤に敗れる。優勝は金作)。翌1996年9月場所、十両に復帰したものの1勝14敗と大敗を喫し、一場所で幕下に逆戻りし、陥落した場所は一気に幕下の二ケタ台まで番付を落とし、後述のように幕下上位まで番付を戻した場所もあったが以後十両復帰は果たせなかった。2000年11月場所後には若者頭転身を打診されたが、現役にこだわりたいとの理由から辞退した(若者頭には弟弟子の元前頭11・栃乃藤が就任した)。2002年7月場所では西幕下4枚目で6番相撲を終えて3勝3敗とし千秋楽の7番相撲に勝てば十両復帰が濃厚であったが、十両琴冠佑とのベテラン対決に敗れ復帰はならなかった。体力の衰えにより、立ってすぐ叩く相撲が多くなり、2007年には三段目に陥落したが、41歳となった翌年に幕下に復帰している。栃天晃正嵩 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川信行

    柳川信行から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    相撲は小学校4年から始め、それまでは野球をやっていた。高知市立南海中学校3年の時に中学生横綱となり、地元高知工業高校から相撲の名門日本大学へ進学。1995年、4年時に学生横綱のタイトルを獲得し、1996年1月場所幕下付出(60枚目格)で初土俵。同期に同じく幕下付出の海鵬、栃乃洋、燁司(現・年寄竹縄)ら。柳川信行 フレッシュアイペディアより)

  • 大日ノ出崇揚

    大日ノ出崇揚から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    親戚に阪神タイガースの選手がいたため幼いころからリトルリーグで活躍し、中学時代は野球部に所属していた。それまで相撲の経験は皆無だったが、中学3年の時に宍粟郡の相撲大会に駆り出され、兵庫県大会まで勝ち進んだ。私立市川高等学校に進学してから本格的に相撲を始め、日本大学時代には全日本相撲選手権大会で活躍した。大学卒業後には和歌山県庁に就職することが決まっていたが、相撲への思いは断ちがたく、大学時代の2年先輩であった大翔鳳の紹介で立浪部屋に入門し、1992年1月場所に幕下付出で初土俵を踏んだ。右膝の故障に悩まされ幕下中位でかなり苦労した。1996年7月場所には幕下で6番相撲の時点で6戦全勝とするが、もう1人の6戦全勝が同じ立浪部屋の広瀬山だったため、13日目の7番相撲で星違いの後藤と対戦が組まれた。広瀬山が星違いの金作に敗れ、本人も敗れたため、全勝力士が消えて1敗力士9人による優勝決定戦となり、結果として幕下優勝を逃した(優勝は金作)。その後、右膝の調子も徐々に良くなり、幕下上位でも得意の左上手を取ってからの相撲が通じるようになり、1997年1月場所に新十両へ昇進を果たした。十両には定着したものの、惜しいところで負け越すことが多く、十両上位と下位を往復する生活が2年近く続いた。1999年1月場所に自己最高位となる東十両筆頭まで番付を上げ、その場所を8勝7敗と勝ち越し、翌3月場所に幕下付出からでは史上1位のスロー記録となる所要43場所での新入幕を果たした。一時は幕内に定着していたが、内臓疾患を患い2000年1月場所を最後に十両へと陥落し、内臓疾患の病状が悪化した同年7月場所では休場し、幕下へ陥落した翌9月場所でも全休した。日常生活には支障ない程度まで病状は回復したものの、相撲を続けるには無理があるという理由により、その9月場所を最後に現役を引退した。引退後は、実業家に転身した。大日ノ出崇揚 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    初日に大関把瑠都が前場所優勝同点の平幕豊ノ島に敗れるなど、大関陣はこの場所でも序盤から星を落とし、角番の日馬富士のみが4日目まで勝ちっ放したが5日目から2連敗。大関・三役陣に代わって場所序盤を盛り上げたのはこの場所番付を幕内下位に下げていた若の里と栃乃洋の両ベテランで、若の里は5日目まで5連勝、栃乃洋は7日目まで7連勝と活躍し、全勝の横綱白鵬と並走した。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成20年7月場所

    大相撲平成20年7月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    横綱朝青龍も初日に小結豊ノ島に敗れたが、以降は3連勝とし、持ち直したかに見えたが5日目に平幕栃乃洋に敗れた際に負傷、6日目から休場となってしまった。大相撲平成20年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飛翔誠志

    大飛翔誠志から見た栃乃洋栃乃洋泰一

    1997年3月場所を最後に十両に陥落し徐々に番付を降下させ腰痛のため1998年5月場所には幕下に陥落。糖尿病もあり体重も全盛期から比べるとかなり減少し、本来の相撲が取れなくなり幕下に低迷した。この間、1997年5月場所10日目には師匠の朝日山親方(小結・若二瀬唯之)が心筋梗塞で急死したが、同場所11日目の栃乃洋戦で全治2か月の重傷を負い親方の通夜にも告別式にも出席することができなかった。大飛翔誠志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
39件中 1 - 10件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード