39件中 11 - 20件表示
  • 大相撲平成24年1月場所

    大相撲平成24年1月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    千秋楽に元関脇の栃乃洋が現役を引退した。引退後は年寄竹縄を襲名し、春日野部屋付き年寄として後進の指導に当たることとなった。大相撲平成24年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成24年9月場所

    大相撲平成24年9月場所から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    場所後、大関日馬富士は第70代横綱へ推挙され、9月26日に昇進伝達式、9月28日に明治神宮奉納土俵入りを行い、翌9月29日の栃乃洋引退竹縄襲名披露大相撲で国技館初めての土俵入りを行った。土俵入りは不知火型を選択した。大相撲平成24年9月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一(春日野部屋 石川県七尾市出身) - 13勝2敗 平成8年九州場所以来2回目2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 布施美樹

    布施美樹から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    高校時代は北海道大会二年連続個人優勝、三年次にインターハイにてベスト8入りを果たす。全国大会では対馬竜太(元幕内岩木山竜太、現関ノ戸親方)や坂本正博(時津海正博、現時津風親方)、熊谷涼至(元関取海鵬涼至、元谷川親方)などと対戦経験があり、対馬選手には勝利している。同じくこの年に『NHKのど自慢』に出場し合格している。大学時代は岡部光国(元十両 玉ノ国)・新(元幕内、玉乃島)兄弟や斉藤直飛人(元幕内、追風海)らと対戦している。個人での実績はないが、3年次からレギュラーとして全国大会へ出場。4年次に主将を務めた。一学年上の先輩には平成24年1月場所を持って引退し竹縄親方となった元関脇の栃乃洋泰一(後藤泰一)がいた。布施美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1996年のスポーツ

    1996年のスポーツから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    十両優勝 : 栃乃洋泰一(13勝2敗)1996年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア相撲

    アマチュア相撲から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    後藤泰一(関脇・栃乃洋泰一・春日野部屋・石川県)アマチュア相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    1999年(平成11年)3月場所11日目、結び前の前頭3枚目寺尾(現錣山)?大関千代大海(現佐ノ山)戦と、結びの前頭5枚目栃乃洋(現竹縄)?横綱貴乃花(現一代年寄)戦では、千代大海と貴乃花がそれぞれ途中休場を表明したため、寺尾と栃乃洋が不戦勝となった。このうち栃乃洋は、前日の10日目より途中休場した横綱3代若乃花にも不戦勝を記録しており、史上初めて2日連続で横綱からの不戦勝によって勝ち越しを決めるという珍記録を作った。また同年9月場所でも前頭筆頭の玉春日(現片男波)が3日目貴乃花、4日目曙と2日連続横綱からの不戦勝を記録している。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 優勝決定戦 (相撲)

    優勝決定戦 (相撲)から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    1996年7月場所、幕下で9人(栃天晃、後藤(のち栃乃洋)、金作(のち須佐の湖)、富風、清の海、戦闘竜、大日ノ出、広瀬山(のち双筑波)、隆尾崎(のち隆乃若)の9人でいずれも6勝1敗、優勝は金作)による優勝決定戦が行われた。同様な前例として、海乃山が三段目時代の1958年1月場所、7勝1敗(当時、幕下以下は8番相撲)9人による決定戦で優勝している。優勝決定戦 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 年寄名跡

    年寄名跡から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    ところが今度は期限が1年になったことで、逆に期間満了が目前に迫った準年寄が年寄名跡を滑り込みで借りて年寄を襲名する事例が目立つようになった。このため協会は準年寄制度の意義はもはや消失したとして、2006年12月21日にその廃止を決定した。ただしこの時点で準年寄だった4名(闘牙・隆の鶴・金開山・春ノ山)にはそれぞれの在籍期間が満了するまで準年寄としての地位を引き続き認めた。最後の準年寄となった春ノ山は期間満了が5日後に迫った2007年11月25日、栃乃洋が所有する年寄名跡を借りて年寄・竹縄を襲名。準年寄の短い歴史に終止符が打たれた。年寄名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 舛田山靖仁

    舛田山靖仁から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    引退後は年寄・千賀ノ浦を襲名し、春日野部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たったが、2004年9月場所後に分家独立して千賀ノ浦部屋を開設した。当初は同郷で拓殖大学の後輩でもある栃乃洋を連れて独立するはずだったが、年寄名跡を手当てすることができず移籍を断念した。その代わりに同じく拓殖大学の後輩の栃の山ら4名の内弟子を引き連れた。現在は舛光理(中央大学出身)、拓錦(拓殖大学出身)、舛名大(名古屋大学出身)など将来性豊かな学生力士を次々と入門させるなど部屋経営に尽力している。2007年の能登半島地震にあたって、弟子らとともに故郷を慰労のため訪問、被災者にちゃんこ鍋を振る舞う姿がテレビで報道された。前述のように現役末期は叩きを持ち味としていたが、テレビ解説では「若ノ鵬は叩く相撲が多いから人気が出ない」などと発言していた。舛田山靖仁 フレッシュアイペディアより)

39件中 11 - 20件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード