48件中 21 - 30件表示
  • 布施美樹

    布施美樹から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    高校時代は北海道大会2年連続個人優勝、3年次にインターハイにてベスト8入りを果たす。全国大会では対馬竜太(元幕内岩木山竜太、現関ノ戸親方)や坂本正博(時津海正博、現時津風親方)、熊谷涼至(元関取海鵬涼至、元谷川親方)などと対戦経験があり、対馬選手には勝利している。同じくこの年に『NHKのど自慢』に出場し合格している。大学時代は岡部光国(元十両 玉ノ国)・新(元幕内、玉乃島)兄弟や斉藤直飛人(元幕内、追風海)らと対戦している。個人での実績はないが、3年次からレギュラーとして全国大会へ出場。4年次に主将を務めた。一学年上の先輩には平成24年1月場所を持って引退し竹縄親方となった元関脇の栃乃洋泰一(後藤泰一)がいた。布施美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    学生相撲出身力士で幕内在位場所数、幕内通算出場回数ともに歴代10位以内に土佐ノ海と栃乃洋の2人が名を連ねていたことがあったが、その内幕内在位記録は両者とも破られた。土佐ノ海の記録は2012年7月場所に旭天鵬が幕内在位81場所目を迎えたことで歴代10位以内から外れ(現在は安美錦と並んで13位タイ)、栃乃洋の記録も2013年1月場所に若の里と雅山が同時に幕内82場所目を記録したことで12位に陥落する。現在学生相撲出身者で幕内在位10位以内に記録を残しているのは雅山ただ1人である。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 拓殖大学相撲部

    拓殖大学相撲部から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一 - 全国学生相撲選手権大会優勝、大相撲入り後は関脇まで昇進した。拓殖大学相撲部 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のスポーツ

    2003年のスポーツから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    殊勲賞 - 栃乃洋泰一(春日野部屋・8勝7敗)/土佐ノ海敏生(伊勢ノ海部屋・10勝5敗)2003年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2002年(平成14年)9月場所後の準年寄としての2年間の資格期間の満了が差し迫っていたため、一門外ではあったが年寄・若松を一宮章(元小結・富士錦)から借り受け、13代若松を襲名した。その後、2003年(平成15年)9月に空き名跡の年寄・竹縄を花田茂廣(元横綱・栃ノ海)から借り受け、若松から竹縄に名跡変更をしている。年寄・竹縄の所有者は栃乃洋に変わったが、引き続き栃乃洋から借り受けた。なお、引退の原因となった肘の故障は栃乃洋との対戦で負ったものである。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 年寄株問題

    年寄株問題から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    ところが今度は期限が1年になったことで、逆に期間満了が目前に迫った準年寄が年寄名跡を滑り込みで借りて年寄を襲名する事例が目立つようになった。このため協会は準年寄制度の意義はもはや消失したとして、2006年12月21日に準年寄制度の廃止を決定した。ただし移行措置として、この時点で準年寄だった4名(闘牙・隆の鶴・金開山・春ノ山)については、それぞれの在籍期間が満了するまで準年寄としての地位を引き続き認めた。最後の準年寄となった春ノ山は、期間満了が5日後に迫った2007年11月25日、栃乃洋が所有する年寄名跡を借りて年寄・竹縄を襲名した。年寄株問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大砂嵐金崇郎

    大砂嵐金崇郎から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    横綱初挑戦となった平成26年7月場所5日目の鶴竜との対戦で見事に勝利し、初土俵から15場所と言う小錦に次ぐ史上2位の速さで金星を獲得した(幕下付出を除く)。6日目に日馬富士も破り、栃乃洋以来11年ぶりに2日連続での金星を獲得した。大砂嵐金崇郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日馬富士公平

    日馬富士公平から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    初めての大関獲りの場所となった2008年1月場所、10日目に横綱白鵬を上手投げで破り対白鵬3連勝を果たすも、初日にベテラン栃乃洋の突き落としに屈するなど、この時点で既に6勝4敗であった。翌11日目、時天空に敗れて5敗目を喫してからは、12日目の稀勢の里戦、13日目の雅山戦と2日続けて立合いの変化で勝ち、2桁勝利に望みをつないだものの、14日目の朝赤龍戦では逆に立合い変化からの足取りで敗れ6敗目を喫した。9勝6敗に終わり大関獲りは振り出しに戻ってしまったが、この場所で唯一白鵬を破ったことが評価され「千秋楽の結果に関係なく白鵬が優勝すれば受賞」という他力条件を満たす形で3場所連続で殊勲賞を獲得した。日馬富士公平 フレッシュアイペディアより)

  • 若二瀬唯之

    若二瀬唯之から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    1997年5月20日、急性心筋梗塞のため55歳の若さで急逝。同年5月場所の開催期間中(10日目)の出来事であった。なお、部屋所属の唯一の現役関取であった大飛翔は、朝日山が死去した翌日(11日目)の栃乃洋との相撲で敗れた際に全治2ヶ月の重傷を負い、途中休場に追い込まれたため朝日山の葬儀に参列することができなかった。若二瀬唯之 フレッシュアイペディアより)

  • 聡ノ富士久志

    聡ノ富士久志から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    前橋商業高校時代は柔道部の所属で、柔道の有段者である。安治川部屋の群馬後援会関係者から大相撲へスカウトが来たため、自分の力を試そうと安治川部屋に入門、1996年1月場所で初土俵を踏んだ。四股名は部屋の名前から1字とった安聡富士。同期入門者の中には栃乃洋(現竹縄)、海鵬、燁司、芳東、増健らがいる。聡ノ富士久志 フレッシュアイペディアより)

48件中 21 - 30件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード