39件中 21 - 30件表示
  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2008年7月場所では、場所前の稽古不足や右足首痛などで不安視されたが、それが的中してしまった。初日に豊ノ島に上手投げで敗れた後2日目から3連勝したが、5日目に栃乃洋に押し倒しで敗れた際に左肘を痛め6日目から途中休場。朝青龍の休場は2007年11月場所以来、途中休場は2006年5月場所以来のこととなった。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    現在、学生相撲出身力士で幕内在位場所数、幕内通算出場回数ともに歴代10位以内に名を連ねているのは、土佐ノ海と栃乃洋の2人のみである。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

  • 海鵬涼至

    海鵬涼至から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    漁師の長男に生まれる。小学校3年の時に全校生徒が出る祭りの相撲大会に出場したことをきっかけに相撲を始め、日本大学でも活躍した。1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏む。初土俵の同期には後の関脇・栃乃洋(現・竹縄)、前頭・燁司、十両・柳川らがいる。以来、順調に出世し、1997年5月場所で新十両昇進。その1年後の1998年5月場所で新入幕を果たした。東前頭4枚目の地位で迎えた2001年9月場所では横綱武蔵丸(現・武蔵川)を破って初金星を獲得し、10勝5敗と幕内で自身初の2桁勝利を記録して初の三賞である技能賞を受賞。この好成績により、翌11月場所では新三役となる小結に昇進した。しかし5勝10敗と大敗し、三役経験はこの1場所のみに終わっている。海鵬涼至 フレッシュアイペディアより)

  • 小手捻り

    小手捻りから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2001年の決まり手制定以降、幕内でこの決まり手が3度記録されており、2004年5月場所13日目で栃乃洋が朝赤龍に、2012年1月場所2日目で旭天鵬が嘉風に、2013年1月場所4日目で北太樹が旭日松に、それぞれ決めている。また、十両でも2度記録されており、2004年11月場所6日目で安美錦が大翔大に、2007年1月場所中日で光法が皇牙にそれぞれ決めている。小手捻り フレッシュアイペディアより)

  • 琴錦功宗

    琴錦功宗から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2002年(平成14年)年9月場所後の準年寄としての2年間の資格期間の満了が差し迫っていたため、一門外ではあったが年寄・若松を一宮章(元小結・富士錦)から借り受け、13代若松を襲名した。その後、2003年(平成15年)9月に空き名跡の年寄・竹縄を花田茂廣(元横綱・栃ノ海)から借り受け、若松から竹縄に名跡変更をしている。年寄・竹縄の所有者は栃乃洋に変わったが、引き続き栃乃洋から借り受けた。なお、引退の原因となった肘の故障は栃乃洋との対戦で負ったものである。琴錦功宗 フレッシュアイペディアより)

  • 金星 (相撲)

    金星 (相撲)から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    山錦(1931年(昭和6年)1月)、楯甲(1941年(昭和16年)5月)、若ノ花(1953年(昭和28年)5月)、琴錦(1954年(昭和29年)1月)、琴ヶ濱(1955年5月)、鳴門海(1957年(昭和32年)1月)、清國(1965年(昭和40年)1月)、大豪(1965年3月)、麒麟児(1966年(昭和41年)9月)、福の花(1970年(昭和45年)9月)、黒姫山(1979年3月)、栃赤城(1982年(昭和57年)1月)、栃乃洋(1998年9月)、玉春日(1999年1月)、琴錦(1999年7月) ( )内は3場所目の年月金星 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐の海歩

    隠岐の海歩から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    新十両で迎えた3月場所初日で清瀬海の変化で敗れた時に右肩を負傷、これが大きく響き、10日目で土佐豊に寄り切りで破れ、負け越しとなった。また、千秋楽も勝つことが出来ず、4勝11敗という十両デビューとなった。十両に昇格して2場所目、東13枚目で迎えた5月場所も、11日目の磋牙司戦に押し出しで破れた時点で8敗となり、2場所連続の負け越しが決まった。最終的に5勝10敗に終わり、十両2場所で一度も勝ち越すことなく幕下へ陥落となった。幕下陥落にあたり、再び四股名を本名の「福岡」に戻した。その7月場所は4勝3敗と勝ち越し、場所後の番付編成会議で1場所での十両復帰が決まった。その際、四股名を再び「隠岐の海」に戻した。十両復帰の9月場所は、12日目に十文字を寄り切りで破り、十両初の勝ち越しを決め、最終的に優勝次点となる10勝5敗の好成績を収めた。自身最高位で迎えた11月場所は、初日から4連敗と調子が出なかったものの、中日以降は調子を取り戻し、千秋楽で勝ち越しとなる8勝目を挙げ、2場所連続の勝ち越しを決めた。2010年1月場所は、初日から6連勝と好調な滑り出しだったが、7日目に安壮富士に敗れ、そこから3連敗。しかし、徐々に持ち直し、12日目で清瀬海に寄り切りで勝ち、3場所連続で勝ち越しを決めた。また、中日に初めて幕内の土俵に上がり、岩木山と対戦した。その際は、押し出しで敗れた。13日目にも幕内の土俵に上がり、栃乃洋と対戦した。その際は、上手投げで勝利した。隠岐の海歩 フレッシュアイペディアより)

  • 栃の山博士

    栃の山博士から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    関東第一高等学校相撲部(現在は廃部)出身だが、高校時代の実績はほとんどない。拓殖大学進学後は相撲部へ入部してレギュラーメンバーとして大活躍。大学相撲部の1年後輩に栃乃洋がいる。栃の山博士 フレッシュアイペディアより)

  • 千賀ノ浦部屋

    千賀ノ浦部屋から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    1989年(平成元年)7月場所限りで引退して春日野部屋の部屋付き親方となっていた千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)が、2004年(平成16年)9月27日に春日野部屋より分家独立して千賀ノ浦部屋を創設した。独立に際しては、拓殖大学の後輩である関脇・栃乃洋を内弟子として引き連れる予定であったが、年寄株譲渡の問題で話がまとまらず栃乃洋は春日野部屋に留まることになった。同じ拓殖大学の後輩である幕下・栃の山はこの時に春日野部屋から千賀ノ浦部屋へ移籍している。千賀ノ浦部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年

    1974年から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2月26日 - 栃乃洋泰一、大相撲力士1974年 フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード