1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示
  • 出島武春

    出島武春から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    同じ石川県出身の栃乃洋(七尾市出身)は同期生で、幼少時代からの良きライバルである。また、学生時代は柳川もライバルとされていた。出島武春 フレッシュアイペディアより)

  • 小手捻り

    小手捻りから見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2001年の決まり手制定以降、幕内でこの決まり手が6度記録されており、2004年5月場所13日目で栃乃洋が朝赤龍に、2012年1月場所2日目と2015年3月場所9日目で旭天鵬が嘉風に、2013年1月場所4日目で北太樹が旭日松に、2014年1月場所2日目で隠岐の海が大関琴奨菊に、2017年3月場所中日で横綱稀勢の里が松鳳山に、それぞれ決めている。また、十両でも2度記録されており、2004年11月場所6日目で安美錦が大翔大に、2007年1月場所中日で光法が皇牙にそれぞれ決めている。小手捻り フレッシュアイペディアより)

  • 金星 (相撲)

    金星 (相撲)から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    山錦(1931年(昭和6年)1月)、楯甲(1941年(昭和16年)5月)、若ノ花(1953年(昭和28年)5月)、琴錦(1954年(昭和29年)1月)、琴ヶ濱(1955年5月)、鳴門海(1957年(昭和32年)1月)、清國(1965年(昭和40年)1月)、大豪(1965年3月)、麒麟児(1966年(昭和41年)9月)、福の花(1970年(昭和45年)9月)、黒姫山(1979年3月)、栃赤城(1982年(昭和57年)1月)、栃乃洋(1998年9月)、玉春日(1999年1月)、琴錦(1999年7月) ( )内は3場所目の年月金星 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 七尾市

    七尾市から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一(大相撲力士)七尾市 フレッシュアイペディアより)

  • 碧山亘右

    碧山亘右から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2012年2月13日に師匠である14代田子ノ浦が急逝して田子ノ浦部屋が閉鎖されたため、本人は同年3月場所前に春日野部屋へと移籍した。転籍後の初稽古では引退したばかりの竹縄が教育係を務めた。春日野部屋へ移籍して初めての場所となった同年3月場所では8勝7敗と勝ち越し、続く5月場所でも自己最高位となる西前頭6枚目の位置で11勝4敗と大きく勝ち越した。東前頭2枚目まで番付を上げた翌7月場所では、横綱・大関陣との対戦が続いた7日目までは1勝6敗という成績だったものの、8日目以降は白星を重ねて、最終的には8勝7敗と勝ち越しを決めた。翌9月場所では新三役となる東小結へと昇進し、ブルガリア出身力士としては2005年3月場所における琴欧州(現・琴欧洲)に続く2人目の新三役となり、初土俵から所要18場所での新三役昇進は曙と並ぶ史上7位のスピード記録(幕下付け出しを除く)となった。新三役昇進が決定した際の会見では、前師匠の田子ノ浦親方の遺影を持って会見に臨んだ。その9月場所では初日から7連敗と不振で、4勝11敗という成績に終わった。翌11月場所では8日目まで6勝2敗と好調だったものの、8日目に勢を破った際に左膝の関節を捻挫してしまい、翌9日目から途中休場した。碧山亘右 フレッシュアイペディアより)

  • 朝青龍明徳

    朝青龍明徳から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    2008年7月場所では、場所前の稽古不足や右足首痛などで不安視されたが、それが的中してしまった。初日に豊ノ島に上手投げで敗れた後2日目から3連勝したが、5日目に栃乃洋に押し倒しで敗れた際に左肘を痛め6日目から途中休場。朝青龍の休場は2007年11月場所以来、途中休場は2006年5月場所以来のこととなった。朝青龍明徳 フレッシュアイペディアより)

  • 希善龍貴司

    希善龍貴司から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    足首の怪我が慢性化しているのも弱点であり、前述の取り口の短所と合わせて希善龍を苦しめている。2014年7月場所中日の解説では竹縄が「足首を痛めているならそれに対応する攻めの相撲をしないといけないのにわざわざ足首に負担をかけるような消極的な受けの相撲をやっている」とその弊害を厳しく指摘していた。希善龍貴司 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た栃乃洋泰一栃乃洋泰一

    1999年(平成11年)3月場所11日目、結び前の前頭3枚目寺尾?大関千代大海戦と、結びの前頭5枚目栃乃洋?横綱貴乃花戦では、千代大海と貴乃花がそれぞれ途中休場を表明したため、寺尾と栃乃洋が不戦勝となった。このうち栃乃洋は、前日の10日目より途中休場した横綱3代若乃花にも不戦勝を記録しており、史上初めて2日連続で横綱からの不戦勝によって勝ち越しを決めるという珍記録を作った。また同年9月場所でも前頭筆頭の玉春日が3日目貴乃花、4日目曙と2日連続横綱からの不戦勝を記録している。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
48件中 41 - 48件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード