47件中 31 - 40件表示
  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た幕下付出

    漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏んだ。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た体重

    栃乃洋泰一(とちのなだ たいいち、1974年2月26日 - )は、石川県七尾市出身で春日野部屋に所属した元大相撲力士。本名は後藤 泰一(ごとう たいいち)、愛称はタイチ。現役時代は身長187cm、体重161kg、血液型はO型。趣味は「読書」。得意手は左四つ、寄り、下手投げ、掬い投げ、突き落とし。最高位は東関脇(2001年5月場所)。現在は年寄・竹縄。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た拓殖大学

    漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏んだ。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た小結

    1996年11月場所に新十両へ昇進し、その場所で13勝2敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たした。1997年5月場所に新入幕を果たすと、翌7月場所・続く9月場所と2場所連続して敢闘賞を受賞する活躍を見せた。そして初土俵から11場所連続となる勝ち越しで同年11月場所には東小結へ昇進した。その後も長らく幕内上位に定着して活躍し、2001年3月場所には東関脇へと昇進、その場所で8勝7敗と勝ち越して初の殊勲賞を獲得した。2005年7月場所に右大腿屈筋腱損傷という重傷を負って途中休場し、東前頭17枚目の位置まで降下した翌9月場所では7勝8敗と負け越し、翌11月場所では西前頭17枚目の位置に留まったもののその場所でも7勝8敗と負け越してしまい、翌2006年1月場所では十両へと陥落した。これにより自身の連続幕内在位記録が52場所で途切れたが、翌3月場所では東十両筆頭の位置で13勝2敗の成績を挙げて2回目の十両優勝を果たし、翌3月場所において幕内へ復帰した。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見たアナウンサー

    この「とちのなだ」という四股名の読みは実は非常に発声しにくいらしく、アナウンサーにとっても「とちのなだぜき」と澱みなく読むのはニュース原稿よりも難しいとされている。2004年2月18日に放送されたフジテレビ『トリビアの泉』のコーナー「トリビアの種」において、「ニュースアナウンサーが一番いいづらい言葉は○○」という種が投稿されたとき、「とちのなだぜき」が第7位に入った。この番組の放送時、本人は巡業のため海外に滞在しており、帰国するまで自身の四股名が話題になっていることは知らなかった。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た十両

    1996年11月場所に新十両へ昇進し、その場所で13勝2敗の成績を挙げて初の十両優勝を果たした。1997年5月場所に新入幕を果たすと、翌7月場所・続く9月場所と2場所連続して敢闘賞を受賞する活躍を見せた。そして初土俵から11場所連続となる勝ち越しで同年11月場所には東小結へ昇進した。その後も長らく幕内上位に定着して活躍し、2001年3月場所には東関脇へと昇進、その場所で8勝7敗と勝ち越して初の殊勲賞を獲得した。2005年7月場所に右大腿屈筋腱損傷という重傷を負って途中休場し、東前頭17枚目の位置まで降下した翌9月場所では7勝8敗と負け越し、翌11月場所では西前頭17枚目の位置に留まったもののその場所でも7勝8敗と負け越してしまい、翌2006年1月場所では十両へと陥落した。これにより自身の連続幕内在位記録が52場所で途切れたが、翌3月場所では東十両筆頭の位置で13勝2敗の成績を挙げて2回目の十両優勝を果たし、翌3月場所において幕内へ復帰した。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た千賀ノ浦

    漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏んだ。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た初土俵

    漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏んだ。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た石川県立七尾東雲高等学校

    漁師の長男で、小学生の頃から相撲を始める。七尾商業高校(現・七尾東雲高校)を経て、拓殖大学3年生の時には全国学生相撲選手権大会で優勝して学生横綱に輝いた。拓殖大学相撲部監督の兄であり、中学校・高校・大学を通しての先輩である千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)を頼る形で春日野部屋へ入門し、1996年1月場所にて幕下付出で初土俵を踏んだ。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 栃乃洋泰一

    栃乃洋泰一から見た血液型

    栃乃洋泰一(とちのなだ たいいち、1974年2月26日 - )は、石川県七尾市出身で春日野部屋に所属した元大相撲力士。本名は後藤 泰一(ごとう たいいち)、愛称はタイチ。現役時代は身長187cm、体重161kg、血液型はO型。趣味は「読書」。得意手は左四つ、寄り、下手投げ、掬い投げ、突き落とし。最高位は東関脇(2001年5月場所)。現在は年寄・竹縄。栃乃洋泰一 フレッシュアイペディアより)

47件中 31 - 40件表示

「栃乃洋泰一」のニューストピックワード