前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
814件中 1 - 10件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た宇都宮市

    栃木県(とちぎけん)は日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た下野国

    歴史的には古墳時代、毛野川(けぬのかわ)(現在の鬼怒川)流域一帯には「毛野国」が成立し、これを上下に分かって「下毛野国(しもつけぬのくに)」「下野国(しもつけのくに)」が成立し、唐名では「野州(やしゅう)」と称する。現在でも「下野(しもつけ)」の呼称が広く使われている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た鬼怒川

    地勢は、北部から北西部にかけて奥羽山脈、日光連山、足尾山地が連なり、標高1500m - 2500m程の急峻な山岳が連なっている。これらの山々から流れ出る鬼怒川、那珂川、渡良瀬川等諸河川が関東平野の北端を形成し、更に北に進むと那須野が原に至り、県北の町並みが広がる。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た松尾芭蕉

    奥州街道の宿場町、城下町として栄えた県北地域の中心都市である。旧那須郡。広大な那須野が原の水田により米の生産高は県内1位を誇る。近年は那須野が原の広大な荒地に工業団地を造成して大手企業を誘致し、栃木県内有数の製造品出荷額を誇る工業都市の側面を持つ。戦国時代から江戸時代を通して続いた大田原氏の城下町に城址跡や寺院、那珂川沿いの旧湯津上村周辺の古墳群、国造関連遺跡、松尾芭蕉の長逗留場所など、歴史的な香りも色濃く残る。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た那須高原

    農業は、平野部が米や麦の産地、那須野が原などの高原部(那須高原)が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も生産されている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た鬼怒川温泉

    観光業は、日光・鬼怒川エリアや、那須・塩原エリアで盛んで、日光市の鬼怒川温泉、川治温泉、湯西川温泉、日光湯元温泉、那須町、那須塩原市の那須温泉郷、塩原温泉郷のような、飛鳥時代や奈良時代からの古い歴史を持つ名湯。東照宮・日光二荒山神社・輪王寺の二社一寺で構成される世界遺産、日光の社寺。いろは坂に華厳の滝、中禅寺湖や戦場ヶ原など、風光明媚な奥日光の景勝地。皇室の御用邸や那須岳、殺生石に代表される別荘地や牧場、温泉が広がる那須高原と豊かな自然や文化に育まれた名所を有している。これらの地域は日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。日光市の一部には尾瀬国立公園に指定された地域も存在する。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た日光東照宮

    2006年(平成18年)3月20日に今市市、旧日光市、足尾町、藤原町、栗山村が新設合併し、現在の日光市が発足した。市役所本庁は旧今市市役所(今市本町)である。市域は上都賀郡(今市市の大部分、旧日光市、足尾町)を基本に、河内郡(今市市の一部)、塩谷郡(藤原町、栗山村)域で構成される。全国の市では高山市と浜松市に次いで全国第三位、栃木県全体の約22%を占める広大な面積を有している。秘境・奥日光、奥鬼怒、日光東照宮、輪王寺、日光二荒山神社などの神社仏閣、鬼怒川温泉、日光湯元温泉、湯西川温泉などの豊富な温泉群、東武鬼怒川線沿線の東武ワールドスクウェア、日光江戸村などの各種観光施設、エーデルワイス スキーリゾート、日光湯元などのスキー場などの豊富な観光資源が有り、東武鉄道の日光線、鬼怒川線を経由して浅草、新宿から直行できる。また、豊富な水力発電による電力を利用した銅の精錬、電線生産、東京までの遠距離送電などで日本の近代化に大きく貢献してきた地域でもある。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た関東地方

    栃木県(とちぎけん)は日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た国道4号

    工業は、東北自動車道・国道4号と北関東自動車道・国道50号を軸とする地域に、北関東工業地域、及び、関東内陸工業地域(本県の場合は両者の定義に当てはまる)が広がり、第二次世界大戦中に軍需産業が集積した宇都宮市では、機械工業や金属工業、食品・飲料工業が、真岡市、上三川町、芳賀町では自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、那須塩原市、大田原市ではタイヤ製造や精密機械工業(医療機器、写真用レンズ製造)がそれぞれ発達している。また、県南では、食品・飲料工業や機械工業、機械・自動車部品等の中小規模の工場が広く立地するほか、伝統的に繊維産業が盛んである(結城紬、足利銘仙)。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た東日本旅客鉄道

    人口は、約198万人で全国第18位、(本県に近い人口規模の県としては、岐阜県の約204万人、群馬県の約197万人、福島県の約193万人、岡山県の約192万人等が挙げることができる)。面積は6,408.28 km2で全国第20位(関東地方最大の面積)、東西約84 km・南北約98 km。県庁所在地の宇都宮市は、東京から約100 km、JR東北新幹線で約50分強の位置にあり、中核市の指定を受けている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
814件中 1 - 10件表示

「栃木のできごと」のニューストピックワード