前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示
  • 栃木県

    栃木県から見た宇都宮市

    栃木県(とちぎけん)は、日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た下野国

    歴史的には古墳時代、毛野川(けぬのかわ)(現在の鬼怒川)流域一帯には「毛野国」が成立し、これを上下に分かって「下毛野国(しもつけぬのくに)」「下野国(しもつけのくに)」が成立し、唐名では「野州(やしゅう)」と称する。現在でも「下野(しもつけ)」の呼称が広く使われている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た鬼怒川

    地勢は北西部から北部、東部にかけて足尾山地、下野山地、奥羽山脈、八溝山地などの山岳地帯が連なり、これらの山岳地帯から流れ出る渡良瀬川、鬼怒川、那珂川等が形成する沖積平野や洪積台地である関東平野、那須野が原などが広がる。人口は県央の宇都宮市に県全体の4分の1に当たる50万人が集中し、小山市、足利市、栃木市、佐野市、那須塩原市、鹿沼市が10万人以上の都市となっている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た松尾芭蕉

    奥州街道の宿場町、城下町として栄えた県北地域の中心都市である。広大な那須野が原の水田により米の生産高は県内1位を誇る。近年は那須野が原の広大な荒地に工業団地を造成して大手企業を誘致し、栃木県内第二位の製造品出荷額を誇る工業都市の側面を持つ。戦国時代から江戸時代を通して続いた大田原氏の城下町に城址跡や寺院、那珂川沿いの旧湯津上村周辺の古墳群、国造関連遺跡、松尾芭蕉の長逗留場所など、歴史的な香りも色濃く残る。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た鬼怒川温泉

    産業は農業、工業、商業、観光業が盛んである。農業は平野部が米や麦の産地、高原部が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も栽培されている。工業は東北自動車道と国道50号を軸とする地域に北関東工業地域が広がっており、太平洋戦争で軍需産業が集積した宇都宮では機械工業や金属工業、食品・飲料工業が発達している。ほか、真岡市、上三川町、芳賀町などでは自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、また県南では繊維工業が盛んとなっている。商業は県都宇都宮市における小売業が発達し、ほか工業地域では卸売業も盛んである。観光業は北西部の日光・鬼怒川や北部の那須・塩原で盛んで、鬼怒川温泉や日光湯元温泉、那須温泉郷、塩原温泉郷などの温泉、東照宮・輪王寺などの世界遺産、中禅寺湖や戦場ヶ原、那須岳や那須高原など豊かな自然を観光資源とし、浅草・新宿などからの直通特急や新幹線、高速道路でのアクセスが容易な首都圏を代表するリゾート地となっている。これらの地域は日本初の国立公園である日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た日光東照宮

    2006年(平成18年)3月20日には旧日光市、今市市、足尾町(以上、旧上都賀郡)、藤原町、栗山村(以上、旧塩谷郡)が新設合併し、現在の日光市が発足した。市役所本庁は旧今市市役所(今市本町)である。全国の市では高山市と浜松市に次いで全国第三位、栃木県全体の約22%を占める広大な面積を有している。秘境・奥日光、奥鬼怒、日光東照宮、輪王寺、日光二荒山神社などの社寺仏閣、鬼怒川温泉、日光湯元温泉、湯西川温泉などの豊富な温泉群、東武鬼怒川線沿線の東武ワールドスクウェア、日光江戸村などの各種観光施設、エーデルワイス スキーリゾート、日光湯元などのスキー場などの豊富な観光資源が有り、東武鉄道の日光線、鬼怒川線を経由して浅草、新宿から直行できる。また、豊富な水力発電による電力を利用した銅の精錬、電線生産、東京までの遠距離送電などで日本の近代化に大きく貢献してきた地域でもある。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た関東地方

    栃木県(とちぎけん)は、日本の都道府県の一つで、関東地方北部に位置する。県庁所在地は宇都宮市。県内には日光国立公園が立地し、日光・那須などの観光地・リゾート地を有する。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た那須高原

    産業は農業、工業、商業、観光業が盛んである。農業は平野部が米や麦の産地、高原部が酪農地、畜産地となっているほか、いちごやかんぴょうなどの特産物も栽培されている。工業は東北自動車道と国道50号を軸とする地域に北関東工業地域が広がっており、太平洋戦争で軍需産業が集積した宇都宮では機械工業や金属工業、食品・飲料工業が発達している。ほか、真岡市、上三川町、芳賀町などでは自動車関連産業(日産自動車系、本田技研工業系)が、また県南では繊維工業が盛んとなっている。商業は県都宇都宮市における小売業が発達し、ほか工業地域では卸売業も盛んである。観光業は北西部の日光・鬼怒川や北部の那須・塩原で盛んで、鬼怒川温泉や日光湯元温泉、那須温泉郷、塩原温泉郷などの温泉、東照宮・輪王寺などの世界遺産、中禅寺湖や戦場ヶ原、那須岳や那須高原など豊かな自然を観光資源とし、浅草・新宿などからの直通特急や新幹線、高速道路でのアクセスが容易な首都圏を代表するリゾート地となっている。これらの地域は日本初の国立公園である日光国立公園の指定地域内にあり、自然保護などの施策も執られている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た足利学校

    栃木県の南西部に位置し渡良瀬川が市街地の中心を流れ、隣接する群馬県桐生市とともに織物業が盛んである。隣接する群馬県桐生市や太田市との結びつきが強く、東武伊勢崎線を利用すると東京へのアクセス利便性も県都宇都宮市へのアクセスと遜色ない。使われる方言も栃木弁とは異なり、むしろ西関東方言の群馬弁に近い。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校があり、鎌倉時代に足利尊氏は後醍醐天皇の討幕運動に参加し、室町時代には足利将軍家となった。足利学校遺蹟図書館には多数の国宝や重要文化財などの古書が保管されている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県

    栃木県から見た源義家

    栃木県の南西部に位置し渡良瀬川が市街地の中心を流れ、隣接する群馬県桐生市とともに織物業が盛んである。隣接する群馬県桐生市や太田市との結びつきが強く、東武伊勢崎線を利用すると東京へのアクセス利便性も県都宇都宮市へのアクセスと遜色ない。使われる方言も栃木弁とは異なり、むしろ西関東方言の群馬弁に近い。古くは足利庄が栄えて清和源氏義家流・足利氏発祥の地としても知られ、フランシスコ・ザビエルが「坂東の大学」と呼んだ有名な足利学校があり、鎌倉時代に足利尊氏は後醍醐天皇の討幕運動に参加し、室町時代には足利将軍家となった。足利学校遺蹟図書館には多数の国宝や重要文化財などの古書が保管されている。栃木県 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
637件中 1 - 10件表示

「栃木のできごと」のニューストピックワード